Main | January 2005 »

フェアリーテール

絵巻物語 として 原書房より発行。
カーネギー受賞作家の愛蔵版とか。文バーリー・ドハティ、絵ジェーン・レイ。
私はまったく知らない人たち。
児童文学云々いいながら、絵本は一冊も残っていない。
もちろん、実家には何冊もあるけれど、やはり親が買ったもので、自分で買ったものじゃないんですよね。
この間買ったのは、サー・オルフェオ。エロール・ル・カイン著で結構気に入っています。
オルフェウスの神話が元になっているようです。私はギリシア神話も大好きです。小学校の頃は星座を見に夜出かけていったものです。

まあ、今回のは買う予定もなかったのですが、本屋で見たらイラストが綺麗で思わず買ってしまいました。
シンデレラからアラジンと魔法のランプまで
が、キャッチフレーズ。
著者が選んだ十二話の童話が詰まっています。
もう、イラストがとっても綺麗。絵本というほどにイラストが満載というわけではないので、高学年向きなんでしょうかねえ? 色遣いも鮮やかで、目に優しい。
話ごとにイメージカラーがあって、綺麗な壁紙に物語が綴られています。

著者が言うとおり、物語はいくつものバリエーションが存在していますが、大筋は同じなんですよね。
それが物語の魔法だという。
本当に魔法のように綺麗な本です。
ディズニーの童話とはまた違った展開があるんですよね。

まあ、ちょっと違和感があるのは、登場する王子様が髭面だったりすることかな?(笑)
優男っていうよりも、ワイルドな感じでちょっと、年がいってそう~。
あと、アラジンが中国人のところとか?
割とアラブ系の人種で書かれていることが多く、眠り姫も肌の色が黒くてエキゾチックに仕上がっております。
この辺り、海外の文化と日本に入ってきて変化した部分とかあるんでしょう。
古い話ですべて幼い頃に読んでいながら、新しい発見をしたものです。

この十二話の中で好きなお話は、「美女と野獣」「火の鳥」「白鳥の王子」です。
「美女と野獣」は有名ですね。ディズニーの映画が面白いですし。こうした男女関係を題材にしたドラマや小説は数多いと思います。
「火の鳥」は、子供の頃に読んでいたのにすっかり忘れてしまって、この本のおかげですっかり思い出すことが出来た話です。子供心に、このイワン王子を助けて、火の鳥や金の馬、お姫様を手に入れてくれる狼の友達が欲しくなったものです。
そして、「白鳥の王子」。末の最後の王子のいばらのチョッキが片袖できあがっていなかったから、腕が翼のままだった、というエピソードはさすがに知らなかったです。ですがとても神秘的。

そして、あの頃気付かなかった、人間の愚かさと、利己的なところが浮き彫りになります。
人間のなんてわがままで強欲なことでしょうか。
妖精たちは人間の願いを叶えてくれるのに、人間はどうにかしてその約束をほごにしようとします。
そして、親切な狼にわがままばかり言って、どうしようもありません。

もちろん、物語の中には人間を信じることが描かれてもいます。
私が、人間嫌いなだけだろうか?
かの、指輪物語のJRRトールキンも人間嫌いだったとか。動物を愛し、ホビットやエルフたちを生み出した。
この数々の美しい物語の中には、数々の教訓が秘められていたのに、あの頃私はなにも気付かなかった。
あの頃美しかったものを掘り起こしても、それは色褪せてしまっている。

昔、金の林檎がでてくる絵本がありました。
そして、ずっとその絵本を探し続けてきていて、ついに巡り会いました。
けれど、再び開いたその物語は、長年の間にすっかり変わっていました。
心の中の物語はあまりに美しくなりすぎていて、現実はすっかり意味を失っていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイ・ボディガード

ネタばれ注意報発令です。

ダコタ・ファニングちゃんを観たかったので行ってきました。
ダコタちゃんって、いずこのお名前なんでしょうね。それとも、ファニングちゃん?
今まで何本か公開してきたのに、何故かずっと見送ってきたんですよね。
天才子役だから、他の子供とは明らかに経験値が違うおしゃまさん。
それにしても可愛いですね。
このままずっと役者を続けていくんでしょうか?
老い先は、……どーなるんだろう? いろいろとジンクスがあるからな~。

デンゼル・ワシントン、渋い。
軍人さんだったようですが、やっぱしそうしたことで精神に後遺症が残ってたりするらしく、お酒に溺れて仕事にあぶれている様子。
知人の紹介でボディガードを引き受けることになり、その対象がダコタ・ファニングちゃんなんですね。
明るい少女とのふれあいで、心を開いていく元軍人。
まあ、この辺りはこうした大人と子供の関係を描いた映画では、珍しくない展開ですよね。

中南米では、誘拐が多発しているとか。あれって実話なんですかねえ。
その辺の情報は持ってなかったんですよね。実話っぽいです。
……でも、実話、なの?
現実にそういう事件が多発しているというのは、いたたまれないし、怖い。
自分は平気だと思っていても、自然災害みたいに突然身に降りかかってくるかも知れない。
そうなったら、もう為す術がない。
怖くてしょうがなくなってしまうけれど、そう思いながらなんてとてもじゃないけど生きていけない。
映画でデンゼル・ワシントンが言っていましたが、鍛えるしかないですよね。
もう、耳にいたい言葉です。
鍛えるしかないんですよね。
鍛えるのを怠っている自分がいるー。

ボディガードを題材とした映画で一番有名なのは、やっぱりケビン・コスナーですよねえ。
まあ、あれはラブストーリーなわけですが。まあ、さすがにこの映画では恋愛までは発展しなかったか。
アクション映画ってわけでもないし、サスペンスなんでしょうか?
大人なので、もう展開が読めてくるんですよね。結局、誘拐されて助けて、ハッピーエンドなんでしょう?
なあんて、うがったことを考えながら見ているんです。
だからもう、二人の気持ちが徐々に近づいていって、見えない絆が結ばれていく平和な過程も、見ているこっちはいつくるか、いつくるかとドキドキものなのですよ。
なにせ映画の冒頭では、犯人に誘拐された犠牲者とその家族のエピソードが流れるんですよー。
不安をあおられてしまって、どうしょうもない。

そして、悲劇が起こる。
命がけで守ろうとするも、結局さらわれてしまい、銃弾にさらされ病院送りのボディガード。
そして、少女は救われることなく、身代金も返ってこなかった。
救うことも出来ずに、復讐に燃えるデンゼル。
え? え? え?
な、展開。
残虐行為に走るデンゼルのやってることは、正直正義の味方ではありえなーい!
(でも、いろいろ勉強させて貰いました)
警察の汚職、誘拐組織、そこで発覚する、事件の事実!!
そして、生きていた少女!!

あそこまでやっておいて、なんで生きてるの? と思わないでもなかったけれど、ちょっと救われた。
なんでちょっとかと言うと、だってデンゼルは復讐に燃えるあまりに、すでにいくつもの命を奪っていたから……。
それでも、彼にとっては少女が生きている事実は大きい事だったに違いない。
少女と自分の命を引き替えに、犯人のもとへと向かうデンゼル。
手を汚しすぎた彼は、少女を救うことが出来て、自身も救われたかもしれない。
だけど、彼には少女とその後を生きていくことは出来なかった……。
最後の彼のあの静かな表情。それは救われた証なんだろうか?

| | Comments (1) | TrackBack (3)

トーマの心臓

作者は萩尾望都。本名らしいですね。
ずっと以前から興味があった漫画家さんです。
現在は「バルバラ異界」を連載中とか。SF要素の高い少女漫画家さんでは、水樹和佳子さんのファンです。私は「イティ・ハーサ」の大ファンなのです。

それはともかく。
「アルスラーン戦記」の田中芳樹氏もこの方のファンだとか。初期の「TheSneaker」誌では、この二人の対談が掲載されており、その頃からずっと気になっていたんですよねえ。
ただ、絵柄がちょっととっつきにくくって。細いでしょ? あと、少女漫画ってことに当時(十年以上前)はかなり抵抗があったんですよねえ。今はなんの抵抗もなく、いろいろ読んでたりするのですが。
本当は「千億の昼と百億の夜」(?)をゲットしたかったのですが見つからなくて……。
仕方がないので、現在文庫版で復刊した「残酷な神が支配する」の1,2巻を購入したのですが……。
ちょっと刺激が強すぎです。
少年ジェルミ。
美しい母の異常なまでの愛情は息子に依存するあまり、ジェルミを苦しめるばかり。
その母と再婚した義父は、ジェルミに母の幸せを盾に性交渉を強要します。

もう痛くて痛くて、たまんない内容で、ちょっと読んでいられませんでした。

というわけで、もっと初期の作品である「トーマの心臓」を読むことにしました。
ぶっちゃけ、男子寮のこもごもが入り交じっているのですが……。「マリアさまが見てる」の男バージョンなんだろーか? なんて思ったりして。
(「マリみて」は最近のライトノベルでは、とんでもない人気を誇る。私はアニメを見たことがありますが、ヒロインとお姉様の関係が、まるっきり男と女のやりとりにしか見えなかった)
しかしまあ、この「トーマの心臓」。「残酷な神が支配する」の前身とも言える作品でした。残酷な神は、1,2巻しか読んでいませんが、登場人物たちの設定などは共通するものが多く、「トーマの心臓」の頃から本当は「残酷な神が支配する」をやりたかったのではないかと思いました。

正直難しい話です。
罪の意識に悩み、心を閉ざしているユリスモールが、救いを見いだすまでの話だそうですが、その罪の意識がいまいちよくわからない。ユリスモールはマゾのよーで、そのことで自分は人に愛される資格がないと思い悩み苦しむのです。
その相手が、年下の美しい少年のトーマだった。そのトーマがなんと、ユリスモールにふられて自殺してしまうのでした。

よーするに、自慰に罪悪を感じるか? ってことなのか?
……。
………。
…………。
大人になるって、汚れることなのね。なんだか、たいしたことがないことのようにも思えるけど、ユリスモールはあまりに純真すぎた。だからこそ、あれだけ苦しんだ。焦燥にも似た嫉妬を感じる、かも。なんですかねえ、この虚しさ。
時の移ろいに失ったものをまざまざと見せつけられたような気がします。
過去の少年時代に、あれだけ美しかった事なんてないな。
これは漫画だろ、と言ってしまえばそれでおしまいなんでしょうけれど、もう取り戻せない。そしてこれからは手に入らないものなんですよ。
あの少年時代に憧れていたのは、いつか自分が何かを手に入れられるのではないかと言うこと。
いつか大人になれば、今の自分とは変わったものになれるのだと思っていました。
でも、何も変わっていない。
それなのに、失ったものはあまりにも多い。
失っているのに、なにも変わっていないなんて……。

なにを感傷に浸っているのやら~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハウルの動く城

そーいえば、DQ8よりも、インクレディブル氏よりも、先にこちらを観たのでした。
宮崎駿監督の「ハウルの動く城」。

私はこれを聞いたときからずっと、図書館で原作本を探していましたが、備え付けのPCで検索しても見つからず。
近所に小さいながら二軒の図書館があったのに……。児童書も結構そろっていたのですが、何故かこれだけはありませんでした。
もっとも、近頃いれたようですが、最近買ったダイアナ氏著の作品が結構入荷してて苦笑してしまいました。
買わなくてもよかった……。
最近、図書館に通っていなかったので本の購入量が増えて困ったものです(苦笑)。
図書館で見つけた本は買わないですむわけなので。もっとも、図書館にあっても欲しい本は買っちゃうんですけどね。
それはともかく、

結局購入してしまいましたが。

原作を読んで予習もばっちし。
満を持して映画を鑑賞。
声優オタッキーな私としましては、俳優女優さんの声の出演は正直不満だったのですが、それを差し引いても導入部は感動しちゃいました。
ソフィーも今までにない感じの宮崎ヒロインって雰囲気で、ちょっと顔立ちもきつめかな?
自分に自信がもてないソフィーが、祭りで賑わう街の裏道で兵隊に絡まれ、そこを美青年に助けられる。その青年は実は魔法使いで、魔法を使ってその場を切り抜ける……。

やっぱ、映像は違うわ。と、感心もしきり。
その時は、DVD絶対に買う! ともういきなり心に決めたりもしました。
ハウルの登場に、一目惚れのソフィーも上の空。そこを荒地の魔女に襲われて、おばあちゃんになっちゃったんですね。

原作では、四六時中老婆のソフィーですが、映画ではちょくちょく若返るという設定。総合的に、若い時のほうが長いようなので、別段あの女優さんが声を当てなくても……などと思ったり。だって、おばあさんのときの演技がやたら上手だったんですもの。

どうやら、ソフィーが自分に自信を持ったり、自分が老婆であることを忘れると、若返る様子。
それの証拠に、ソフィーが眠っている間は若返るようで、その寝顔をハウルが見つめるシーンがありました。
その演出も、さすがと思いましたね~。
原作でも、ハウルはソフィーが老婆に変えられていることを知っているのですが、読者には知らされないわけです。
その時はじめて、観ている側はハウルの思いをまざまざと思い知らされる訳なのです。
映画のその沈黙のシーンでは、ハウルのソフィーへの思いがひしひしと伝わってくるようでした……。
だって、原作では、ハウルとソフィーのそんな雰囲気って全然伝わってこないんだもの。やっぱ、児童向けだからなのか? 原作では、最後でいきなりハウルがソフィーに結婚を申し込んで、ハッピーエンドになっちゃったのが不満だった私は、そのシーンが偉く気に入っちゃいましたよ。
二人の距離が徐々に近づいてくるのがわかるのです。
ハウルがソフィーに甘えるのも、ソフィーにしてみれば年の功のお婆ちゃんだから甘えてくるのだろうと思っているのだろうけれど、ハウルにしてみればソフィーの本当の姿を知っているからこそ甘えてしまうんですよ。

原作と映画では、対象年齢の設定が違うのでしょうが、文章と、映像の表現方法の違い、そしてその善し悪しを見せつけられた感じです。

忘れてはならない脇役の火の悪魔カルシファーは、声の感じもばっちりで、良いキャラしてました~。まさしく原作通りって感じです。
ハウルの弟子のマルクス(原作ではマイケル)も、年齢が低くなり、幼い少年に。宮崎アニメならではの役所と言えるでしょう。魔術師に変装するところは、ほほえましい限りです。

だ・け・ど。
映像化に感動していたのもそこまでですかねー。
映画という限られた時間内に納めるのだから、致し方ないのかも知れませんが……。あれだけエピソードがあって、伏線も謎解きもあるこの原作ならば、シリーズものとしてやれただろうなー。

正直、荒地の魔女が中盤から普通のお婆ちゃんになって、ハウルの家に一緒に住むようになるなんて、がっかりです。三輪明宏すっごくはまってたのにー。
敵だった人が味方になっちゃって、ぽかーん。
ついでに、流れ星の謎の解明の仕方も、ぽっかーん。あそこは失敗してると思います。ソフィーが気付くんじゃなくて、ソフィーが知る形に変わってしまいました。

ソフィーとハウルの恋模様に焦点を合わせたんでしょうけど、戦争映画の色が濃くなるにつれ、なんだか立て付けの悪い家みたいになってきてしまい……。
原作の面白いパーツを持ってきて組み立てていたけれど、終盤の「動く城」のようにがたがたになってしまった印象がぬぐえません。詰め込み過ぎという印象はないのですが、使うパーツを間違えたのかなあ?
ハウルはソフィーのために戦いに赴くわけですが、ソフィーと出会う前はなんで戦ってたの??
原作と違ってソフィーには魔法の能力がないのだから、かかしは別にいらないじゃない?
今までの宮崎アニメって、こんな風にいろいろ考えずに観ていられたんだけどー。
やっぱり、年をとったからなのか?(苦笑)
正直「千と千尋の神隠し」と比べたら、神隠しのほうが面白かったかな~。

前半の感動が大きかっためか、最後にソフィーがナウシカになっててがっくりしたのは否めない。
もしかして、原作を知らない方が楽しめたのか??

話の内容は、そりゃ児童文学として描かれた原作のほうが面白いのだけど。
とはいえ原作と比べても、映画の方がソフィーとハウルの関係の描き方は好き。
ソフィーが自分に自信を持てずに、老婆に戻っていく様を見つめる寂しそうなハウル。
ソフィーを守るために戦場に飛び立ってしまうハウルを、追うことも出来ず悔しい思いをするソフィー。
こうした恋の姿は、宮崎アニメではなかったんじゃないかと思います。
シータとパズー、千尋とハクは子供だったし、アシタカとサンはもっとプラトニックな感じだし。
ソフィーを密かに見つめるハウル。そして、ハウルを密かに思うソフィー。
そんなところがとにかくすてきな映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mr.インクレディブル

インクレディブルを観てきました。
面白かったデス。

スーパーヒーローが林立する世界って、ある意味確かに恐ろしいですね。
「妖魔夜行」や「X-MEN」を想起させます。
前者は完全に裏社会を形成して、社会から隠れていますね。
後者は社会に認知されている、という違いがあり、能力者は主に恐怖の対象として迫害されることもしばしばという設定です。
ところが、インクレディブルの世界では、好意的に受け止められているという、こういった世界観には珍しい例だと思いました。
ところが、その特殊能力が危険視されて、能力を隠して生きていかねばならなくなってしまったのですね~。
そういう意味では、スーパー能力を悪事に使う人も少なかったのかな?
スーパー能力に、一般人が対抗できるはずがないし?

でも、これってそういう話じゃないんだけど。
家族の話ですよね。「スパイキッズ」に通じるものがありますね。あれの超能力バージョン。
もっとも、インクレディブル氏の能力がいまいち良くわからなかったんですけど。ようするに、怪力なのが能力なのかな? 空は飛べないみたい。
奥さんは、性能の良いルフィみたいな? ゴムの身体というよりも、伸縮自在でしかも思い通りに変形出来るみたいです。
娘は透明化とバリアという、なんかちぐはぐな感じの超能力。この手のものでは、珍しい組み合わせですよね。
息子は俊足。これはわかりやすいですね。
末っ子は、……あれは、なんだろう???

家族が協力して、一つのことを成し遂げるのは美しい。続編が出てもおかしくないなー。
ああいうのいいな~。よくテレビの特番でやってる、ドミノとか、文化祭とか。最近では、ウォーターボーイズとかも。
みんなでなにかをやり遂げるって、とってもいいなあ。
やっぱりあれもアメコミなのかな?

近頃はそうしたアメコミ系が多いですよね? あるいはモンスター系? 超人系?
X-MENはもちろん、キャットウーマンとか、ヘルボーイとか。
ヘルボーイの、悪魔男と発火能力者の恋はすてきでしたね。情熱に炎を生み出してしまう発火能力者を受け止められるのは、炎をものともしない悪魔だけだった……。

リーグ・オブ・レジェンド、ヴァン・ヘルシングなんかも、超人系でしょうね?
ヴァン・ヘルシングは……いまいちだったけど、ヒュー・ジャックマンがかっこよかったので、DVD買います。
って、インクレディブルと関係ねーじゃん。

次回は、「マイ・ボディガード」の予定です。来年早々は「カンフーハッスル」。
「スカイキャプテン」は、あんまり評判よろしくないようですね。
本当は、新暗行御史を観たかったんだけど、すでに公演時間がずれてまして、観に行くのは厳しいなあ。
新刊十巻が発売になってました。話が小難しくなってきている……。っていうか、ジャンプ化してる?
楊貴妃の花の頃が一番面白かったなあ。
これからどうなるんだろう?

| | Comments (1) | TrackBack (1)

DQ8クリア

ブログをはじめました。っていうか、普通に掲示板に書き込むのとやってることは同じなんですが……。日記化している掲示板をなんとかしたいと思います。掲示板でもネタばれしてるのもなんだしー。ネタばれ観たくないひとに公にしちゃうしね。
niftyで光のBフレッツをはじめると、HPの容量が100MBになるとか。掲示板も、そっちに変えたので、いずれ他の無料レンタルに置いてあるのもこっちにまとめられたらいいと思っています。
ただ、光にするにはいろいろ手続きが必要なそうで。できるとしても、二ヶ月かかるとか。
来年か……。遠いなー。

あ、私のブログはネタばれ必至なので、ご注意ください。っていうか、どっかに書いておかないと。

ドラクエ8をプレイしました。
一応はクリア~。けれど、真エンディングがあるようなので、隠しダンジョンに挑む予定です。
この後、テイルズ・オブ・リバースが控えているのですが、まあ、そっちは新年からはじめようと思っています。

主人公が無口なので、どうしても影が薄い……(苦笑)。
能力が高いから、大人しくても仲間から一目おかれているのは、主人公の特権ですね。
プレイヤーの分身なんだけど、なんだか主体性がないキャラで、いっつも周囲に流されているよーに思えるよー。
テイルズ・オブ・シンフォニアのめちゃくちゃ喋るゲームのすぐあとなので、余計にそう思うのかも。逆に、そういうところが素朴で誠実な性格を印象づけるには適していたかも知れない。
キャラクターのグラフィックがあそこまで進化しちゃうと、プレイヤーの想像力に任せる部分がなくなってしまって、激しく違和感が。喋るゲームに慣れちゃうとなー。

仲間たちも、案外フツー。だけど、協調性がなさそう(笑)。主人公が話しかけないと、互いに会話しなそう。
ククールはもっと、ゼシカにちょっかいだすのかと思ったけど、気は遣っても、ちょっかいはだしてないらしい。
ゼシカも弾けないで、割とメンバーの手綱を握って、ふらふら寄り道しがちな主人公をせっついてるし~。もっと妖艶な女なのかと思ったら、意外とさわやかなお色気だった。
ゼシカとククールは結局くっつかなかったのか? まあ、いままでの歴史を振り返るに、ああいうのはカップル成立しないんだよなー。
馬姫様はちょっと狙い過ぎのような……。お姫様のわがままに付き合うには、やはりこの主人公のように中身がないほうが悩まなくてすむのかも(?)。
トロデ王はいいキャラです。案外、あれくらい強烈な個性があるので、場が引き締まるのかも。プレイキャラではないけれど、一緒に行動しているっていう実感があるので、おつかいさせられてる感があんまりなかった。
別におつかいは嫌いじゃないけど~。

一度はクリアし、隠しマップへ進むも、世界のどこかに落ちているはずの最後の一枚のちいさなメダルが見つからず、世界を彷徨いながら、練金釜の合成にいそしんでいます。
金欠に悩むドラクエに、このアイテム合成はとってもいいですね~。
余ったアイテムをとりあえず釜に突っ込んでおけば、強いアイテムが出来るかも?
攻略HPにもレシピがいろいろと載っていますからね。ただ、その材料を買うのにお金が必要なことも(苦笑)。
そういえば、今回の祈りの指輪って、壊れないのかな? 壊れないようですね。
祈りの指輪って、いろいろな装飾品の材料になるんですよね。でも、祈りの指輪を入手するには金の指輪が必要なんですよね~。
カジノで入手するにも、グリンガムの鞭が欲しいし~。
今回のカジノは確かに777が出やすいかと。本当みたいですよ。今までのシリーズで、私はじめて777出ましたから。でも、はぐれメタル鎧もらっちゃったから、あと二回は出さないとゲットできないんですよねえ~。
とりあえず、ちいさなメダルの最後の一枚を見つけたら、竜神様に会いに行く予定です。

あ、そう言えば最後にとってつけたように出てきたオーブなんですけど。
……私は、DQ小説シリーズ(久美沙織著)が好きなので、ルビス伝説で出てきた七つのオーブのエピソードが好きです。っていうか、あの話が大好き。
ルビス伝説の七つのオーブの最後の一つは黒なんですよねえ。8ではゴールドでしたから、なんだか寂しい。

で、オーブといえばDQアイテムギャラリーと題して、DQシリーズのアイテムがフィギュアになるんですよねえ~。ラーミアのオーブもついてくるとか。
全十八種類+シークレット1とか。ロトの剣が欲しい~。
けれど、私が本当に欲しいのは、奇跡の剣。あと、天空の剣のほうが好き(DQ4からプレイしてる私)。
DQのアイテムデザインってすごいですよねえ~。8はともかく、今までだってゲーム中にイラストが出ることがなかったし、攻略本でしかお目見えしないのに、あれだけ凝ったデザインしてあって。はっきりいって、感動です。
あ、いかずちの剣もないのかな? いなづまの杖や魔封じの杖はあるみたい。
こうやって、冷静に考えると、まあ、試しに1,2個買うくらいかな。あるいは、第二弾が出て天空シリーズがお目見えするなら買うかもしれないかも。

あ、なんかやたらと長くなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | January 2005 »