« FFTA | Main | 闇の城、風の魔法 »

空中ブランコ

トンデモ精神科医のお話。ドラマが放送するってんで、慌てて読みました。

文藝春秋 奥田英郎・著

ドラマはたいしたことなかったな~。
三つの話が入り交じっていたドラマだったけど。まー、エピソード一本じゃあ二時間はひっぱれないもんなー。
私が好きなエピソードは、女流作家かな。ラストが好き。
他のエピソードも面白かったし。先端恐怖症のヤクザとか~。
もっとも案外、患者の精神状態に自分がだぶっちゃったりすると、笑えないくらい痛いんですけどね。
やっぱし、客観的に他人の痛みだから笑える部分があって、それが自分の現実に重なっちゃうとちょっと洒落になんなかったりして(苦笑)。
続編はさらに出ないのかな~。

あ、短い。
まあ、いいや。普段から長くだらだら書きすぎだよな。
感想書いてる本の内容とはいっつも別のこと書いてるし~。

|

« FFTA | Main | 闇の城、風の魔法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/4348258

Listed below are links to weblogs that reference 空中ブランコ:

» テレビドラマ 『空中ブランコ』 [日々の記録と、コラムみたいなもの]
5月27日にフジテレビ系列で放送された、金曜エンターテイメント『空中ブランコ』の録画をようやく観た。 以前にも触れたことがあるが、私は直木賞も受賞した、奥田英朗が書いたこの原作本のファンだ。 直木賞を受賞したのは『空中ブランコ』だが、実はこれは『イン・ザ・プ... [Read More]

Tracked on June 11, 2005 at 09:36 AM

» 空中ブランコ [spoon::blog]
人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 09:26 AM

« FFTA | Main | 闇の城、風の魔法 »