« どきどきフェノメノン | Main | 精霊の木 »

影のオンブリア

人の名前? 都の名前。なんていうか、ゴーメンガースト?

早川書房 パトリシア・A・マキリップ・著

作品は、2003年度世界幻想文学大賞受賞作品。
この著者の作品は、「妖女サイベルの呼び声」が有名だそうで。
もっとも未読ですが。

タイトルがとても神秘的な響きを感じさせます。それに表紙の美しい女性のイラスト。おそらくは、ヒロインのリディアなんでしょう。こちらの美しさは言うまでもなく、アメリカ人と結婚した日本人女性であるということです。

オンブリア  それは世界でいちばん古く、豊かで、美しい都。
そこはまた、現実と影のふたつの世界が重なる街。

という世界観。
ゴーメンガーストも一つの閉鎖的な巨大都市が舞台なんですよね。私は本だけ積んで、あとはビデオで見ました。スペアパイクという青年が、厨房の片隅から都市の権力者に成り上がる物語だとか。
未完の作だそうですが、ビデオを見た限りでは、そんな世界観や雰囲気は似ている気がしました。

オンブリアの大公ロイス・グリーヴの愛妾リディアは、大公の死とともに、ロイスの大伯母で宮廷を我が物にしようとたくらむドミナ・パールにより宮殿から追いやられます。
宮廷では直系の幼いカイエルに、ドミナの暗い影が墜ちます。
美しい都を支配しようとする、ドミナ・パール。その都の影を支配する、魔女フェイ。
二人を対極に、都は動き出します。
恐るべき、ドミナ・パールを失脚させようと画策する若き貴族たち。
ドミナ・パールを落として、甥のデュコンを擁立しようとしますが、デュコンは大公の幼い息子であるカイエルを大事に思っています。

オンブリアは回り始めます。
光のオンブリア、影のオンブリア、その二つが混じり合い、そして互いの世界を行き来していた存在が入れ違いに入り乱れていく。

でもまあ、淡々に物語は綴られていくので、感動する様なドラマティックな展開は無かったですがね。

|

« どきどきフェノメノン | Main | 精霊の木 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/4554796

Listed below are links to weblogs that reference 影のオンブリア:

« どきどきフェノメノン | Main | 精霊の木 »