« 影のオンブリア | Main | バッドマン ビギンズ »

精霊の木

新装改訂版、でもって山梨県児童推薦図書だった。おどろき。

偕成社 上橋菜穂子・著

映画のサハラを見にいこうと思っていたのに、こちらではどこもやってなかった。
ふて寝する私。
本も読まずと思ったけれど、散歩がてらに図書館に行って「蒼路の旅人」を借りようとしたけれど、まだ貸し出し中だった。それで、同著のこの本を積んであったことを思いだしてさっそく読む。
児童書だから、半日以上かかることもないだろうし。

そういえば、最近夢を見ないな。なんでだろう?
昔は良く夢を見ていたと思う。覚えていないって言う意味では、良く覚えていたんだろうなあ。
なんかロボットものだったこともあったし、空から落ちる夢もよく見たもんだ。
とにかくストーリーのある夢が多かったと思う。まあ、たいていはアニメチックで、しかも主人公は自分じゃないし。何故かいつも傍観者なんですよね……。
でも、最近は何にも見ないなあ。

今更五巻もある「守り人」シリーズを購入できない。あんなに大きなハードカバーを五巻も部屋に置いておけない。
文庫版で出たらなー、と思うんだけど、それはあり得ないか……。
新装改訂版のこの本も、ハードカバーだし……。
旅人シリーズとしてはじまった、チャグム皇子が主人公である「蒼路の旅人」は続きものであるらしい。
「ダレン・シャン」も同様の理由で買えない。場所がないよー。書斎が欲しいなあ。寝る場所が無くなる前に。
あらためて図書館においてある本をチェックする。
宮部みゆきはやはり、貸し出し中の本が多い。けれど、最近興味のある山本一力は本が揃ってた。
しかし、改めて読んでない本を見渡してみると、まだ「モンテ・クリスト伯」が残っているではないか!
この間に本が増えない様に自制せねば。

精霊の木。
なんとなくSFチック。少女漫画なのりで読めるかも。萩尾望都や水樹和佳子を思いだしました。
地球を潰してしまい外の宇宙へ、別の星に辿り着き、そこに根ざしました。
そうして二百年が経ち、少年シンと従妹のリシアが主人公。
リシアが、滅びたと伝えられる先住民ロシュナールの<時の夢見師>の力に目覚め始めたところから、物語がはじまります。
児童文学といえども、扱っているテーマはかなり重たいもの。
なんで、推薦図書なのかなあ、と思っていたのですが、読んでみてそれが何故なのかわかりました。
著者自身もアボリジニやインディアンなどの研究をなさっておられる様で、そうした原住民たちの文化や血筋が消えていくことを本作で描いています。
地球を滅ぼしてしまったにもかかわらず、次の星でも同じ事をしている人間たち。
自然に根ざした暮らしをしていたロシュナールたちとは共存することが出来ず、ロシュナールたちは滅びてしまいます。
こういうテーマって、すごく多いと思うんです。
今年の大作である「宇宙戦争」。あれって、逆に宇宙人が地球を侵略してくるお話なわけだけれど、つまりはこの物語と同じテーマなわけでしょう。
「インディペンデンス・デイ」とか、侵略されても人類にはそれを退ける力があると言うことを描いている。
そうした本だって多いでしょう?
にもかかわらず、そうした民族紛争などはどうしても無くならない。互いに退けない。
もうどうすりゃいいんでしょうか……。
お互い様なんて言葉じゃどうにもできないほどに互いに傷つけてあったしまった今では。

物語はさらに凄い。
先住民を駆逐するために政府が打ち出した政策のえげつなさ。それを隠すために暗躍する組織。
登場する大人たちは、野心のために命を軽んじ、その軽さに思わずぞっとする。
今の社会が描かれている様に思えてしょうがない。
それでも、リシアは過去のロシュナールの民の記憶を辿り、シンはそんなリシアを守って行くのです。

確か、石油がなくなると危機感を募らせていたのは、もう十年以上前から言われていた様に思えます。
人類はこのまま地球から飛び立てるのでしょうか。
そして、そこに人が住める星があるのでしょうか。もしあったとして、そこに先住民族がいて、人類はどう対処するんだろう。
これだけの記録と歴史が残っていても、同じことをするんでしょうかねえ。

|

« 影のオンブリア | Main | バッドマン ビギンズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/4622148

Listed below are links to weblogs that reference 精霊の木:

« 影のオンブリア | Main | バッドマン ビギンズ »