« 宇宙戦争 | Main | OZ 02 »

ソードワールド100巻記念

グループSNEが誇る、ソードワールドRPG。その関連書籍もついに、100巻になりました。

わあ、おめでとう~。
今月の新刊は、五作。私はコミックを買わなかったので、四冊ですね。

「へっぽこ冒険者と緑の蔭」
まあ、いつもの短編集ですね。今回はとくに特筆すべき作品はなかったかと。
まあ、エルフの女性が主人公のやつは、面白かったかな。でも、あのネタは最近よくあるパターンなので、ちょっと出足が遅れた感じですかね。

「ファンドリア・ファンクション」
ぺらぺらーずが活躍する、リプレイ集。
五代目? 六代目? いや、七代目? 次回は、リプレイのアンソロまで出るらしい。そっちも期待しています。
TRPGのリプレイ、もうこの年にもなるとTRPGもすることがなくなるので、こういう書籍を読めるのは楽しいです。
とはいえ、歴代の山本弘や清松みゆきに比べれば、まだまだですよね。
こちらは元女子大生のGMだとか。若いな~。
うっかりしていたりするのは、性格でしょうかねえ(笑)。アダルトな展開に、かなりイロモノになっちゃいます。失礼ながら半人前のGMのマスタリングは、素人さんたちはこんな感じなんだろうと思わされます。
SWは完全な一つの世界があって、世界の中の街ごとのサプリメントなんかも出てきていて、かなり世界観が固まってきています。実際、SWはGMやプレイヤーによって自由に変化させられるわけですが、かなり固定観念が邪魔する様になってきている気もします。そんななか、こういうリプレイがSNEから出るのは、いい傾向じゃないかとおもいます。
GMはSWの常識が足りなかったりと、詰めが甘かったりしますが、その辺はまだルールを完全に把握していないからですよね。
でもその臨機応変(?)さが、面白いんですよね。

「名乗れ!今こそ大英雄」
大長編のリプレイ集完結編。今回のシリーズは十巻。なんて長いんでしょう。一回、途中でキャラクターの入れ替えがありましたが、たぶん今までの中でも割と、オーソドックスだったのがうけたんじゃないでしょうか。
いや、かなり語弊があるかな(汗)。
第一シリーズは、すちゃらか冒険隊。この第一シリーズがウケたからこそ、SWはここまで大きくなったと思うんですよね。女性キャラが多くて華やかだったし~。
第二シリーズは、ちょっと地味だったかな。第一シリーズがおちゃらけてたから、逆に今回は渋い感じでしたよね。大人なキャラが多かった。初のキャンペーンシナリオだったと思います。そう、ゲートデーモン。
第三シリーズは、かなり異色で強烈だったバブリーズ。貧乏生活から一変して大金持ちになったパーティは、金にものを言わせて好き放題するという、大人気シリーズになりましたよね。GM泣かせだったし(笑)。
思えば、これがあったからプレイヤーの暴走を食い止める必要があり、ルールが改定されて新SWが生まれたんでしょうねえ。
第四シリーズも、やはり地味だったか。偶数だと地味なんですね(笑)。ただ、ドワーフの女の子ファイターの活躍が大きかったかな。でも、この辺りから男性シーフが女装するのが定着してきた様な(笑)。

この第五シリーズは、怪力少女や横柄な魔術師など、キャラクターたちの個性が強烈でしたね。
ドワーフが二人もパーティにいたっていうのも珍しい。エルフやハーフエルフが多いのは普通だけど。
最後は、大団円もなれずつまずいてしまいましたからねえ。
SWの重要人物として名高い、ラヴェルナとローンダミスをプレイヤーが演じるという、恐ろしい展開が……。
どう取り繕おうと、やっちまったのは仕方がない。
最終的には気持ちのいい大団円。でも、シリーズ中に、二回もキャラが亡くなるなんて……。

「サーラの冒険4 幸せをつかみたい!」
待ってましたの最新刊。あれからもう十年ちかく、新刊が出ていなかったとか。
だけど、その間にも割と外伝みたいな短編が出てたんですよね。
おまけに、乙一がコメントを寄せているし……。すげえっ!! 羨ましい!!
私もこのシリーズが好きでした。ただ、テーマというか、題材というか……。
二巻から登場している、サーラの彼女のデルが存在がちょっと重たすぎるというか……。
この二人が中学生(?)にも関わらず、いや、あの時代ならば別にそれほど早熟でもないのかな?
まあ、らぶらぶなわけで。
「少年よ、あなたは愛に生かされ、愛に裏切られるだろう」
というようなことを、乙一がコメントしていますが、本当にその通りでしたね……。
次巻で最終巻だそうですが、どうなんだろうか、この展開は!? どんな最終巻になるんでしょうかねえ。
今から楽しみだ!!

|

« 宇宙戦争 | Main | OZ 02 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/5132562

Listed below are links to weblogs that reference ソードワールド100巻記念:

« 宇宙戦争 | Main | OZ 02 »