« 折れた魔剣 | Main | チョコレート工場の秘密 »

聖の青春

ヒカルの碁は面白かったけれど、こういうのも面白い、というか感動しました。

講談社文庫 大崎 善生・著

ヒカルの碁は、囲碁を知らなくても楽しめたけれど、将棋漫画はどうなんでしょうか。
月下の棋士とか、割と将棋の漫画は数多いみたいですよね。どれもルールなんて知らなくても楽しめるのかな?
まあ、一応私も小学生の頃に将棋に親しんだ方ですが、やっぱりやらないと勝てなくなりますよね。
でも、碁よりもわかりやすい。碁は陣取りだけれども、白と黒だけで単純なために逆に複雑になる。
将棋は、駒ごとに役割があって見えやすい。

村山聖の伝記、とでも言うのでしょうか。29歳で夢半ばにして倒れた棋士。
著者は、将棋雑誌の編集者だった方のようですから、本当に村山聖の感じていたことが描かれているかはわかりません。元になったのも、家族や知人・友人のインタビューが元になっていますけれど。
だから、彼が感じたり思ったりしたことはすべてを知ることは出来ないのですが、それでも家族たちが感じた彼の姿や歩んだ道に間違いはないはず。

ネフローゼという病気に冒された幼い彼は、その元気をもてあまし、病院生活のなかで将棋に出逢い、それにのめり込んでいく。
病魔と闘いながらも懸命に生きていく。けれどそれをあざ笑うかの様に、大人たちの理屈が立ちはだかる。
その理不尽さに怒りを募らせ、大人というものに不信感を募らせていく少年時代。
将棋の師匠である、森との出逢いがある。
森は強い棋士ではないようですが、我が儘で引っ込み思案な聖を長い間見守り支えていきます。
それ故に、他の大人たちと違って、彼の心を開いていくんですよね。
森自身、奔放な流浪の生活を送っていたりして、割といろんなことに無頓着。けれど、村山にだけは愛情を注いでいるのでした。病床の村山のために買い出しにでたり、風呂嫌いの村山の頭を洗ってあげたりするんですよね。
正直甘いとしか思えないのですが、それはそれ。師匠としてきちんと村山をさとすこともするのでした。

それにしても、羽生善治は知っていたけれど、同じ時代にこういう人がいたなんて全然知りませんでした。
聖は、羽生棋士のことはライバルであっても尊敬していたようです。
彼自身は、健康であって努力の見えない若い棋士たちが許せない部分があったようです。その反面、羽生棋士は努力の絶えない聖の前をずっと走っている、立派な人物だったんでしょうね。
聖は自分が病気であるというハンデを原動力に、努力を続けています。どこかで、その病が自分の原動力になっていることをわかっていて、それを自分の一部なのだと受け入れつつも、自分のこの境遇を呪ったりしている。
弱きを助けながらも、弱者を淘汰する将棋の世界に身を投じていることに悩んだりする。

その生き方は苛烈で凄烈で、観ているこちらが辛いくらいに痛々しい。

息子の病気は自分たちのせいだと、両親は彼の我が儘をひとつひとつ叶えてやります。
振り回されることに疲れることもありますが、息子の意志の強さ、そんな息子を助けてくれる周囲の姿に励まされます。
我が儘が許されることもあるのですね。

自分の死期が近いことを感じた頃から、彼は故郷に戻り、遺言書をしたためます。その内容はわかりませんが、基金や寄付に積極的だった彼のこと、そうしたものもあったに違いないし、その反面我が儘しか言えず、素直に感謝を示せなかった家族に何かを残したかも知れない。
聖は自分の弱った姿を誰にも見せ無くなくて、師匠の森すらも近づけようとはしなかった。本当は一番に会いたい人だったはずなのに。

聖が亡くなったという、そのページに、私はこみ上げてくるものをおさえることが出来ませんでした。

|

« 折れた魔剣 | Main | チョコレート工場の秘密 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/5565218

Listed below are links to weblogs that reference 聖の青春:

» ★★★★☆「聖(さとし)の青春」大崎善生、講談社(2002/5)¥680 [本のソムリエ提供「一日一冊:読書日記」]
----------------------------カザフスタン:ウラルスク:12時-10℃:晴れ----------------------------昨晩、かなり雪が降って、40cmくらい積もりました。(写真)日本のように、こんこんとは降らないんですね。イメージとしては、「さわさわ」という感じです。あまり...... [Read More]

Tracked on February 01, 2006 at 07:06 PM

« 折れた魔剣 | Main | チョコレート工場の秘密 »