« ライオン・ボーイ Ⅲ | Main | 水晶とカフェ »

君の名残を

これはファンタジーなの? そーだよね?

平家物語といえば、現在NHKの大河ドラマで「義経」がやっているわけですがね。
やっぱし、そんな義経さまは、神童って感じだし、おそろしく出来たお方なわけですね。
田中芳樹著の「岳飛伝」の岳飛を思いだしました。
岳飛もいい男ですよね。忠義を尽くし、朝廷の危機には真っ先に駆けつけ、戦争が終わると朝廷から遠ざけられるという、不遇な状況にも異を唱えず、ただただ朝廷に忠義を尽くして、朝廷を信じてお亡くなりになった英雄。
割と、ドラマの義経も兄の頼朝に疎んじられてるのも知らずに、ただただ忠義を尽くし、ポジティブシンキングですよね。痛々しくなっちゃうんですけど……。

こっちの本の義経は、もっと人間くさいんですが、それほどキャラクターは掘り下げられていないからな……。

宝島社 浅倉 卓弥・著

この手の本でサー、ファンタジーやんなよ。
というような反感を持つ私。
しかし、「四日間の奇蹟」の著者なんだから、その手のファンタジーだと勘付くべきだった~。
この人苦手だ。
確か、「四日間の奇蹟」でも思ったはずだけど、何故かアンチファンなのか?買ってしまったんだなー(鬱)。

義経ブームで出たのだろうか?
いわゆる歴史物なのですが……。
そこにタイムスリップとか、世界の大いなる意志みたいなのが絡んできて、なんじゃこりゃなことになっております。
私はもう頭が硬くて、そんな自分にちょっと愕然としたりして。こういう設定がすんなり受け入れられない歳になってきているんだな……。
仮想世界やファンタジーではよくある設定を、史実に絡めただけじゃないか、と思うんですが。
「慟哭のロマンス」を謡っているんですが、ちょっと余計なところが多かったかな。

現代から平家物語の時代にタイムスリップした、三人の高校生の物語。
友恵は後に木曾義仲と出会い、武蔵は源義経、四郎は北条義時になって、それぞれの運命を生きていくわけですが、四郎はほとんど出てきません。一応、あとから何で彼がタイムスリップしたのか理由が出てきますが、理由が弱いですよね。
実際、運命に翻弄されて再び出会うことになる、友恵と武蔵の物語なんだからその辺を中心にすればいいと思うんですが、割と余計に清盛など平家陣がこれでもかというくらいに出てきます。
途中から私も、その辺はすっとばして読んでましたし。
(そのせいかもしれないけれど)時間の経過も感じられなかった。
友恵は、木曾義仲と出会い、巴御前となるわけですが、その後子供を産んで義仲の死にも立ち会います。その間、二十年近くが経過しているのに、私の中の友恵はいっかな年を取らず、いつまでも高校生のまま。
年輪を重ねて、歳をとったようには全然思えない。
限られた枚数の中で、登場人物の成長というのを現すのはすごく大変なことなのだけど、そういう意味では清盛のことを書くくらいなら、そっちに重きを置いた方が良かったのではないかと思います。
もっとあっちこっちいじくって、史実に基づかない結末でも良かったんじゃないかなー。

ぶっちゃけ、文覚だっていらないと思う。
文覚は、謎の僧侶として登場し、どこかから世界の意志を受け取って、歴史をそのように流れていく様に操作するわけですが……。
この現実世界に、歴史を操作する必然性があるのか、読んでいても意味が見いだせない。
そういう世界の意志みたいなものは、ない方がいいんじゃないかって思う。

いっそのこと、もっとファンタジーにしちゃって、ティーンズ向けで連載したほうが面白かったんじゃないかと思うんだけどな~。
かつては幼なじみだった友恵と武蔵の対決とか、互いに夫と主君がいて、それが敵同士でドラマティックだし、その辺の再会シーンは心にくるものがあっただけにどことなく残念。

現実の史実と、タイムスリップねたでは、温度差がありすぎて、融合は難しかったと思われます。

|

« ライオン・ボーイ Ⅲ | Main | 水晶とカフェ »

Comments

数日前にブログを始めたばかりで勉強中です。これからも参考にさせて頂きます!頑張って下さいね。

Posted by: sayaka | August 11, 2005 at 03:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/5349232

Listed below are links to weblogs that reference 君の名残を:

« ライオン・ボーイ Ⅲ | Main | 水晶とカフェ »