« 百器徒然袋 雨 | Main | アキハバラ@DEEP »

ララピポ

最新爆笑小説、ということでしたが、私には笑えませんでしたー。

幻冬舎 奥田英朗・著

いや~ん、お下劣。
ってことでした。
もうちょっと、違うものを想像していたんですけどねえ。
「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」ときて、「サウスバウンド」ですっかりファンになっていたので、そりゃあもう期待していたのですが。たぶん、みんな笑ったんだろうなあ~。

でも、作中にあるように日本の将来がはなはだ心配になる内容です……。
私には鬱小説だ~(嘆)。
こんなにも淫乱な世界が、ドミノのように倒れていく連作。
物語は六篇、それぞれに主人公がいて、その登場人物の脇役が、次の短編の主人公という物語で、最終的には一周してしまいます。
世間って、狭いなあ、な世界観。
いろいろな人間の人生を垣間見ることが出来るんですが、総じて出てくるのは最低な人間ばかり……。
なんで、こんなに鬱な人間ばかり出すんだろう~。
伊良部医師のやつとはノリが似ているんだろうけど……。
別の本に期待してみようっと。

|

« 百器徒然袋 雨 | Main | アキハバラ@DEEP »

Comments

はじめまして~
いっぱい読んでますね!すごい。

わたくしも奥田氏ファンですが、今回はあまり
笑えなかったに一票です。

Posted by: けろり~な | November 30, 2005 at 04:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/6533308

Listed below are links to weblogs that reference ララピポ:

» 「ララピポ」 奥田英朗 [わたしの見た(モノ)]
奥田 英朗 ララピポ 「ララピポ」 「イン・ザ・プール」、「空中ブランコ」とは趣が異なるユーモア。 毒気の強い笑い。 エログロで、読んだ後、何とも言えない虚しさ。 一話の脇キャラが、次ではメインキャラになって登場する短編集(?)。 救いようのない、一... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 at 10:20 PM

» 奥田英朗「ララポピ」 [イイオンナの為の「本ジャンキー」道]
先日ご紹介した 乱歩賞受賞作品「天使のナイフ」  に感銘を受けた私。 そこで文学賞受賞作家の作品などをご紹介してみようと思っています。 ※本当は今読んでいる本がちょっと長めでまだ読み終わらない関係もありますが(笑) 2004年に直木賞を受賞した「空中ブランコ」。... [Read More]

Tracked on November 30, 2005 at 01:55 AM

» ◎ララピポ / 奥田英朗 [◎新けろり〜な王国◎]
ララピポララピポってなんぞや?と思ったまま、図書館でのレンタルはいつになったら読めるのか解らないので、早速購入しました。わたくし、奥田氏にはまっております。今回は帯にもあるように「お下劣」です。奥田氏は本当に、人間の駄目になっていくさまがすごくうまい!...... [Read More]

Tracked on November 30, 2005 at 04:16 PM

» 奥田英朗『ララピポ』 [itchy1976の日記]
ララピポ幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『ララピポ』を紹介します。本書は、どちらかといえば負け組にカウントされる人の話が6話あります。話を読み進めるたびに、それぞれの人物が微妙に絡み合わせるところが『邪魔』や『最悪』と似ているところです。小説としては、『マドンナ』に似ているかなとおもいます。奥田さんは、やはり人物描写がうまいなとおもいます。 本書を読んでみると、元気が出てきます。なぜかというと、くだ�... [Read More]

Tracked on January 01, 2006 at 12:07 AM

« 百器徒然袋 雨 | Main | アキハバラ@DEEP »