« シン・シティ | Main | ララピポ »

百器徒然袋 雨

「そうだ! 僕だ。お待ちかねの榎木津礼二郎だ!」待ってました!!

講談社 京極夏彦・著

京極夏彦の小説は、京極シリーズの他には、「ルー・ガルー」くらいしか読んでないんですよね。
他にもたくさん作品があるんだけど、まだ読んでいません。
京極シリーズは、どれも面白いのですが、私が特に好きなのは「魍魎の匣」と「塗り仏の宴」です。
キャラクターで好きなのは、榎木津と木場なんですが、「魍魎」では木場が活躍するんですよね。でも、案外榎木津はその場その場しか出てこなくって、ちょっと残念だったのですが、今回は榎木津探偵が主人公の短編集?
ぶっちゃけ、普通に小説三本入ってるくらいのボリュームだと思うんですが。あ、そうかスピンオフ作品ってやつか。
物語の視点は、関口先生の一人称ではなく、全く別人の完全な一人称。新キャラにもかかわらずまったく名前が出てこない。榎木津は毎回別の名前を言うし、三編毎回別の偽名がつくしで、本当はどの登場人物も彼の名前を忘れているんじゃないでしょーか?
そういう私も、最初のページに戻って彼の名前を探したのですが……。してやられた(笑)。

榎木津礼二郎は、来歴探査(サイコメトラー?)の能力があるらしい。来歴探査とは、ものや何かの過去の記憶が見える能力ですが、榎木津のは人間の心を覗く能力に他なりませんよね。囲って言うか、やぱり相手の精神が読めるんじゃないかと思うんですが……。
まあ、どっちでもいいんですけど、彼だけやはり浮いていますよね。そういう能力があると、平静ではいられないんだろうか。
物語は三編。
薔薇十字探偵の憂鬱
薔薇十字探偵の鬱憤
薔薇十字探偵の憤慨
とくには殺人事件というわけではなく、結果を見ればなかなかどうして探偵には似合いの事件の様に思えましたが、本書の誰もがそんなことは思っていない様子。もっとも、誰もが避けて通る榎木津のところに集まっていくのだから。
最後の最後まで出てこない京極堂が、今回は腰が軽く、口調もどこか軽妙に思える。調子も良い感じだしね。
シリーズの重々しい殺人事件ではないからなのか。
まあ、ただ事件の内容にはやはり痛いものも含まれてはいるのですが。
榎木津は性格が破綻していて、周囲の人間に辟易されていますが、カリスマがあるのでしょうか。次々と人が集まってきて、そして心酔する者もいる。
確かに見ている分には面白いし興味もあるけれど、やはり直接関わり合うには、かなり厳しい者がありますよね~。
しかし、ああチームワークはチームじゃないけれど、格好いいよな。
来年は、多々良先生の登場ですね。楽しみです。

|

« シン・シティ | Main | ララピポ »

Comments

はじめまして。小鉄といいます。
先日は当ブログへTBありがとうございました。多々良先生といえば、「今昔続百鬼」でしょうか。まだ読んでいないので楽しみですね。

Posted by: 小鉄 | November 01, 2005 at 11:01 AM

小鉄さん、こんにちは。
私は京極シリーズを文庫版で買いそろえています。
多々良先生は、絡新婦の理で初登場でしたよね。
妖怪博士がどんな話を紡ぐのか楽しみです。

Posted by: 北風 | November 02, 2005 at 07:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/6532601

Listed below are links to weblogs that reference 百器徒然袋 雨:

» 「百器徒然袋 - 雨 」(京極夏彦) [「いろいろ感想文」]
タイトルだけ見たら「また京極ったら、わけわからん」とお思いでしょうが、中身は「『榎木津礼二郎』祭り」と思っていただければ間違いないっす。帯に思いっきり「そうだ!僕だ。お待ちかねの榎木津礼二郎だ!」とある通り(ちうか、そんな登場が許されるのはお前だけじゃ)、「榎木津礼二郎」とヤツの主催する「薔薇十字探偵社」のお話であります。京極堂シリーズを読んでない方に説明しますと、「榎木津礼二郎」ちうのは「京極堂(古本屋さん)」のお友達で、超ハイテンションでええとこのボンで、すんごく男前の探偵さんであります。「姑獲... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 11:11 PM

« シン・シティ | Main | ララピポ »