« エルデスト ドラゴンライダー2 | Main | 遺失物管理所 »

もうひとつの愛の奇跡

あの感動をもう一度。しかし、やっぱりアメリカーンだよねえ。

きみに読む物語 もうひとつの愛の奇跡
The Wedding
アーティストハウス ニコラス・スパークス・著

待ちに待った感動の続編。
デモ私の引き出しはもうからっぽで、書きつづることはさほど多くない。
ロマンティックな物語です。
家庭を顧みず、仕事一筋に生きてきたウィルソン、56歳。29回目の大切な結婚記念日を忘れ、妻との生活に危機が訪れる。困り果てた彼は、妻の父であるノアに相談を持ちかける。ノアはアリーとの愛にあふれた思い出をふりかえりながら、真の愛について語り始める。
ウィルソンは、ノアから大切なことをひとつひとつ学んでいく。そして、迎えた30回目の結婚記念。二人は、もう一度恋に落ちることになる。
一人の男が、妻を取り戻すまでの奇跡を描いた、感動を呼ぶ愛の物語。

ノアが健在で良かった。お爺ちゃんだったのがちょっと残念ですが。
格好良いお父さんとして登場しているのかと思ったら、お爺ちゃんだったー。ちょっと残念。それからアリーがもういなくなっていたのも残念。ちょっと想像していたのとは違ってましたね……。
主人公は、ノアの長女ジェーンの旦那さんで、しかもすでに50歳過ぎ。
残念ですが、そんなノアのファンな感じのウィルソンがそれを引き継ごうと頑張るのでした。

まあ、ぶっちゃけノアとアリーの素晴らしい恋愛を目の当たりにして育ったジェーンを相手では、ちょっと凡人なウィルソンには荷が重い。
なんとなく、若い頃にロマンティックなことをしてみても、ことごとく失敗してしまっている思い出話がほほえましいのですが、それがトラウマになって先に踏み出せなかったりするんですよね。
だけど、そんなウィルソンも結婚記念日を忘れてしまったことで、自分が妻を愛していることに気付き、その妻の愛が離れていってしまうのではないかと懸念し、一年がかりの大作戦を思いつくのでした。

「その日のまえに」はどうしたって、死がつきまとう話しでしたが、今回の話は盛大なハッピーエンドで終わって涙しました。
良かった……。話によってはウィルソンのやったことが無駄になり、その前日に離婚を切り出されるとかになってたかもしれないし……。
そうなったら、いくら準備していてもどうしようもないしね……。

良かった、幸せで。そこに愛がある物語で。

|

« エルデスト ドラゴンライダー2 | Main | 遺失物管理所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/7347299

Listed below are links to weblogs that reference もうひとつの愛の奇跡:

» 「きみに読む物語」(アメリカ/ニック・カサヴェテス監督) [サーカスな日々]
本当に、分かっていたんです。 「THE NOTEBOOK」のタイトルのこの本は、7年がかりで映画化されたこと。 「マディソン郡の橋」のヒット記録を軽くオーバーし、全米1200万人が愛に震えたということ。 事前に映画会社のキャンペーン企画で「最愛の人に贈る愛の手紙キャンペーン」なるものを仕掛けていたことを。 癒し風の優しい表紙で「きみに読む物語」そして続編も日本で刊行されたことを。 本当に、分かってい�... [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 06:00 PM

« エルデスト ドラゴンライダー2 | Main | 遺失物管理所 »