« December 2005 | Main | February 2006 »

死がふたりを分かつまで

近頃何も書く気がしないです。
本も読んでるし、映画も観ているんですけどね。
しばらくお休みかなあ。

コミック
「死がふたりを分かつまで」
SQUARE ENIX たかしげ宙・作 DOUBLE-S・画
未来を斬り開け!! ロマンティックハードアクション!!
なんて、格好いいタイトル……。
内容も素晴らし~い。
あらゆる物質を切り裂く日本刀を駆使する盲目の男。
そんな彼に救いを求めてきたのは、的中率90%超の予知能力を持つ少女。
盲目の男は凄腕のグラサン。少女は将来美人になる(?)。
そんな少女の予知能力をめぐっての戦いが始まる。けれども、少女の能力はごく個人的な物に留まる様子。しかしてそのためにいろいろな事件に巻き込まれていきそうですね。
原作者は、「スプリガン」の方らしいし、なにやら大きな事になる予感。今後の注目㈱。
最近の漫画は、この絵で漫画家になれるんだ~、っていうのがあるんですけど、そういう心配もなさそうです。

映画
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
なにやら、小説では気になった部分がコンパクトにまとめられていました。
しかして、あれだけはぶいちゃったら、次回作の映画で破綻しそうな気がします。

Mr.&Mrs.スミス
ブラッド・ピッドとアンジェリーナ・ジョリーの、こゆ~い、カップルの壮絶な夫婦げんか。
普通の夫婦にしちゃあ、やっぱし濃すぎるでしょ(苦笑)。
上中下に分けると、上が二人が正体を隠して結婚して、中が正体がばれて喧嘩が始まり、下がタッグを組んで組織に挑むという……。
下がちょっとおちたかな。なんてったって、二人の殴り合いが凄すぎる。その後の戦いは、撃ち合いばっかだし。カーチェイスも凄かったけど。

恩田陸
ネクロポリス、ライオンハート
うーん、どうなんですかね、ファンタジーなんですけど。
どうなんでしょうかねえ……。
やっぱ、夜のピクニックが一番だわ……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

G.I.B 聖なる死神の伝説

G.I.B 聖なる死神の伝説
GUY IN BRACK
沢井鯨・著 徳間書店

話のテンポもよくて面白い。とりあえず、話の筋などはどうでもよくなります(笑)。短い話が続くので、なんだかシナリオのト書きのような……。
タブーを破る極限のバイオレンス&エロス。
ショウ・クオン 34歳。超イケメンとは言っても三十台の主人公とは近頃では珍しい。身長も175cmと普通ですしね。非道で残酷なフェニミスト。女性が彼を放っておかず、彼自身も女性を放っておかない、希代の好色漢。恐れ多い。
翔・クオン 19歳。ショウの義理の弟で、195cmの巨漢。根は優しくて力持ちって感じでしょうかね。自分を引き取ってくれたショウを慕ってはいるようですが、性格は正反対のようです。
隕石の落下により、人類の中にバイオノイドなる超人が生まれ、世界は混乱に陥った。
そんななか、クオン兄弟はなにやら仙術をマスターしておる模様。
まあ、卑怯な展開(笑)。誰も彼には勝てませぬ。女も誰もがメロメロです。
ショウ・クオンは本当に悪い男で、ダークヒーローです。次巻がすぐにでも発刊されるとか。楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »