« February 2009 | Main | December 2009 »

冷たい校舎の時は止まる

久々に「ペルソナー!!」と叫びたくなりました(?)

※ ※ ネタバレです!! ※ ※

冷たい校舎の時は止まる 上・中・下 講談社

てっきりミステリーなのかと思いきや、そうではありませんでしたね。
かといって、ホラーでもないし? ファンタジーというわけでもない。
青春小説ですね。
懐かしいなあ、高校時代……。

でも、話の内容がただ感動させる舞台を作るためにファンタジー要素を持ち込むのは好みではないのですが、そうなったらいやだなと思いながら、上巻を読み終え、続けて中、下と。

それしても、深月が「ペルソナー!!」と叫ばないのが、腑に落ちない!?
おもいっきり、雪の女王編を思い浮かべていました。
梨香と綾瀬が被ってしょうがないんですけどー。

作中にも「ランゴリアーズ事件」という言葉が出てきますが、スティーブン・キングの作品のオマージュなんでしょうかね。密室の殺人ゲームを題材にしたミステリは多いものの、犯人捜しに各登場人物たちの回想がどんな風に関わっていくのか、割とハラハラしながら読み進めていきました。
事件とは関係ないエピソードが多いようです。てっきり、事件の学祭のそれぞれの行動が重なり合って真相が見えてくるのかなと思ったので。
青春小説としては、高校生の、思春期の悩みや、それぞれが抱えている過去が証されていき、今の自分がどうして構成されているかが語られていきます。
なんとなく自分の映った鏡に大きなひびが入ったかのような、痛みを伴います。もう高校生じゃないのに、彼らと同じ痛みを抱えている自分は、成長しているんだろうか? なんて思いながら、感情移入しまくり。

しかし、それぞれの回想にどんな意味があったのか……?
それぞれの抱えているものはわかったけれど、深月はどうして自分を支えてくれた友人たちを恐い目に遭わせなければならなかったのか?
深月と春子の確執が軸なのですが、自殺の原因を作ってしまった罪から逃れるために、八つ当たりしたってことなのかな?
自分は春子のことを好きなままでいたかったのに、鷹野たちが関わらないように仕向けたから、こうなった、と。

男性キャラたちはみんな良くできたお方ばかりですが、そうして支えていた自分たちをあんな目に遭わせた深月に対して良くああして受け入れられたなあ(苦笑)。
人間できすぎだよ。そりゃ優等生が揃っていたけれど。

実際、現実に生身の自分からしてみれば、そこまで度量のでかさを見せつけられると、読者の私が狭量な部分を突きつけられてしまった気がして、悩んじゃいますね……。
それは理想なのかも知れないけれど、あそこまでリアルに高校生たちの内面や悩みに共感していたのに、そこで大きく外れてしまったのが痛いです。

菅原榊って名前もどーなのよ? 確かに彼だけ、下の名前が出てこなかったんだよね。迂闊だったー、あれは確かにしてやられましたネ!
彼とヒロくんのエピソードは、驚いたし、あとに効いてきましたからね。

結局、私は深月のように弱くて、それでもあんなにいい友人たちに囲まれている彼女が羨ましいのかな、っと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月第三週

読書メーターのユーザーさんって、猫画像率高くないですか?
読書好きは猫好きが多いんでしょうかね?

2009年11月16日 - 2009年11月22日の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3061ページ

パートナー 9 (9) (C・NovelsFantasia か 4-9)パートナー 9 (9) (C・NovelsFantasia か 4-9)
事件よりも主役二人のプライベートに重きを置くこのシリーズも、今回は事件が大半でしたな。
読了日:11月22日 著者:柏枝 真郷
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
評判のご本を拝読。最初は竹田千愛のキャラにまたこれかと思い、さらに彼女の行動も理解不能に感じていましたが、最後は感動いたしました。太宰治も本当に「人間失格」や「メロス」くらいしか読んでいなかったので、他の作品も読みたくなりました。
読了日:11月22日 著者:野村 美月
蘭陵王蘭陵王
オイシイ設定で武装した蘭陵王ですが、私には早足すぎてちょっと、着いていけませんでした。三国志とかと違って前情報がないから、漢字ばかり、主人公以外のエピソードの多さに混乱してしまいました。しかし、享年27歳?この手の主人公にしては若すぎる、美人薄命。
読了日:11月21日 著者:田中 芳樹
Xの悲劇 (創元推理文庫)Xの悲劇 (創元推理文庫)
初クイーン。しかして、「エラリーが主人公じゃないの!?」。名探偵が変装得意っていうか、クェーシーは二十一世紀の特殊メイクも顔負け? ドルリー・レーンがシルバーグレイでめろめろ。
読了日:11月20日 著者:エラリー・クイーン
GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫 さ)GOSICK ―ゴシック― (角川文庫 さ)
ラノベミステリ~。ジャンル別に対象読者別に書き分けているのでしょうーねー、それはそれでその能力が凄いよな~。砂糖菓子や読書クラブなんか、独特雰囲気だったもの。これはまた雰囲気が違う印象でした。
読了日:11月19日 著者:桜庭 一樹
パワー (西のはての年代記 3)パワー (西のはての年代記 3)
「で、続きは!?」続編望む。だが、そういう話ではないのでしょうね。世界がぎゅっと詰まった物語ですね。現実とはかけ離れた世界の物語ではあっても、そこに語られるのは、現実に自分が見つめて学ばなければならないことだと思う。
読了日:11月19日 著者:アーシュラ・K・ル=グウィン
ボトルネックボトルネック
救いがないなあ。なんのためにもう一つの世界を見る必要があったのだろう?「流星ワゴン」はちょっと内容が濃すぎて惹いてしまう部分もあったけれど、あちらはまだ最後希望が持てたから。
読了日:11月17日 著者:米澤 穂信
皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)
最近のように分厚い濃厚ミステリではなく、軽く読めたのがとにかくいい。いろいろと犯人を疑うのは簡単ですが、トリックに関してそれではすまないところに驚かされました。
読了日:11月16日 著者:ディクスン・カー
見習い物語 (Best choice)見習い物語 (Best choice)
短編集なのですが、それぞれの登場人物が他のエピソードに登場したり、繋がったりして面白いです。他の物語が互いに影響しあっているのですが、それ以前に見習いたちの交流に心温まります。十八世紀の徒弟制度はこの物語と違い過酷であったようですが、風俗や当時の生活を感じることが出来ました。特に気に入ったのは、「ロージー・スターリング」。
読了日:11月16日 著者:レオン ガーフィールド

読書メーター

noblesse oblige
今後も読書家たらんことを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月第二週

2009年11月9日 - 2009年11月15日の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2429ページ

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園
読了日:11月15日 著者:クリス・ヴァン オールズバーグ
星を帯びし者 (ハヤカワ文庫 FT 9 イルスの堅琴 1)星を帯びし者 (ハヤカワ文庫 FT 9 イルスの堅琴 1)
図書館の閉架から発掘いたしました。字が小さいせいか、ちょっと取っつきにくい感じで退屈でした。イラストは美しい、この手のハヤカワ文庫で挿絵があるなんて、それもなにか新鮮でした。いやあ、それにしてもこのラスト。退屈感も吹っ飛びました。
読了日:11月14日 著者:パトリシア A.マキリップ
AKABOSHI-異聞水滸伝 1 (ジャンプコミックス)AKABOSHI-異聞水滸伝 1 (ジャンプコミックス)
うっそ、打ち切りなんてちょーショック。世間から置いて行かれているのか?
読了日:11月14日 著者:天野 洋一
インストールインストール
読了日:11月13日 著者:綿矢 りさ
ヴォイス (西のはての年代記) (西のはての年代記 2)ヴォイス (西のはての年代記) (西のはての年代記 2)
文字を持ち本を伝える文明の国と、言葉しか使わない戦う国の戦い。本を燃やすというのはどの時代でも、恐ろしい文明の傷跡ですね。前回のギフトは確かに天から与えられた賜り物で能動的に使うものだった。今回のヴォイスはそこかしこに神々と先祖の霊がおり、その力もなにかから受け取る受動的なものに思えました。最終巻でその力がどのように示されるのか、期待が膨らみます。
読了日:11月12日 著者:アーシュラ・K. ル=グウィン
ゲイルズバーグの春を愛す  ハヤカワ文庫 FT 26ゲイルズバーグの春を愛す ハヤカワ文庫 FT 26
図書館で借りました。すでに閉架になっており、紙の色も茶色に変色していましたが、それが逆にノスタルジックな雰囲気を醸しだし、本の内容とマッチしているように感じました。
読了日:11月12日 著者:ジャック・フィニイ
犬身犬身
しょーじき、理解できませんでした。行き過ぎのフェティシズム? コワイもの見たさ、あるいは見聞を広めることは出来ましたけれど。
読了日:11月11日 著者:松浦 理英子
RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (銀のさじ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (銀のさじ)
泉水子の引っ込み思案よりも、彼女の正体の出し惜しみに苛々しました(笑)。銀のさじがどれだけ息が長く続くか気になるのですが。
読了日:11月10日 著者:荻原 規子
ラジオ・キラーラジオ・キラー
行方不明の女性の設定に驚いた。予想外だったので。
読了日:11月09日 著者:セバスチャン・フィツェック

読書メーター

noblesse oblige
今後も読書家たらんことを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11月の第一週

2009年11月2日 - 2009年11月8日の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3062ページ

ギフト (西のはての年代記 (1))ギフト (西のはての年代記 (1))
この「ギフト」が、この後の「ヴォイス」にどのような影響を与えるのか、実に楽しみです。オレックとグライが登場するらしいですし、ひょっとするとエモンも出てくるのではないかと勘ぐったりして。
読了日:11月08日 著者:アーシュラ・K. ル=グウィン,Ursula K. Le Guin
はてしない物語はてしない物語
これは別の物語、いつかまた、別のときにはなすことにしよう。子どもの頃読んで、大人になって読んで、また老人になってから読んでも、感動が違うだろう。
読了日:11月08日 著者:ミヒャエル・エンデ,上田 真而子,佐藤 真理子,Michael Ende
人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))
読了日:11月07日 著者:太宰 治
蛇衆蛇衆
意外な展開に驚いた。あれをやるのはやっぱ、書く方も勇気がいると思う。枚数が限られているから、登場人物たちを上手く掘り下げるには、全員の過去よりも誰か一人に絞った方が良かったんじゃないかと思います。いや、……主人公がいなかったのかな?
読了日:11月07日 著者:矢野 隆
名残り火 (てのひらの闇 (2))名残り火 (てのひらの闇 (2))
ナミちゃんと三上社長のやりとりが面白かったです。
読了日:11月06日 著者:藤原 伊織
白猫白猫
アンドルー・ラングの童話集によくありがちな物語。ル・カインの描く白猫のプリンセスは確かにキュート。
読了日:11月06日 著者:エロール・ル カイン
流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36) (偕成社ワンダーランド 36)流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36) (偕成社ワンダーランド 36)
個人的にはもっと燻し銀のジグロにスポットを当てて欲しかったな~。作中の描写はくどくないのに、人々の生活が目に浮かぶ。
読了日:11月05日 著者:上橋 菜穂子
バクマン。 5 (ジャンプコミックス)バクマン。 5 (ジャンプコミックス)
読了日:11月04日 著者:大場 つぐみ
鞄図書館<1>鞄図書館<1>
誰もが欲しがる鞄図書館。どこからお給料が支給されているのでしょーか?
読了日:11月04日 著者:芳崎 せいむ
タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
料理がおいしい小説がいい。フォアグラ食べたい。でも、まるで呪文のような料理の名前は、いちいち調べないとわからなかったーっ。インターネットがあって便利な世の中だ。
読了日:11月03日 著者:近藤 史恵
サクリファイスサクリファイス
スポーツにもロードレースにも興味はなかったのですが、StorySellerの外伝が面白かったので、拝読致しました。順序は逆だけれど、時代順に読めて逆に楽しめた部分もあると思います。スポーツ業界にもいろいろあるのはわかっていますが、こういう風にストイックに描かれたものを読むことが出来るのは、グッきます。こういうチームワークのカタチは、ロードレースの特徴なのでしょうか。カッコイイー!
読了日:11月02日 著者:近藤 史恵
花窗玻璃 シャガールの黙示 (講談社ノベルス フK-)花窗玻璃 シャガールの黙示 (講談社ノベルス フK-)
シャガールの絵が好きだったので思わず手に取ってしまったが、シャガールのことを勉強できて良かった。なにごともいろいろと勉強になるミステリは他にも、QEDがあるけれど、このシリーズも長く続いて欲しいと思います。
読了日:11月02日 著者:深水 黎一郎

読書メーター

noblesse oblige
今後も読書家たらんことを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月の本

10月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:5324ページ

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (文芸シリーズ)嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (文芸シリーズ)
語呂のいいタイトルに、てっきりロシアの民謡的なフィクションかと思っていた。ノンフィクションだったとは。しかし、勘違いからこうした良作に出会うことが出来たのは、怪我の功名。出不精にとって、他人の旅の経験を多少なりとも共有し、時代を体験できるのは本の醍醐味ですね。こういうと叱られてしまうかも知れませんが、かなりリアルでギャグのない、ロシアの「ヘタリア」でした。
読了日:10月31日 著者:米原 万里
厭犬伝厭犬伝
表紙の絵は誰と誰なんでしょうか? 表紙から抱いたイメージと内容が全然違っていたんですけど。バトルものの描写をされても、案外想像力がついていかないのですよね。そういうシーンに感情移入するのは難しい。確かに漫画とかの方が迫力があるのかも。
読了日:10月31日 著者:弘也 英明
妖女サイベルの呼び声 (ハヤカワ文庫 FT 1)妖女サイベルの呼び声 (ハヤカワ文庫 FT 1)
隼のターがウチのベランダの欄干にとまっているといいのに。コミックのコーリングから入りました。読んだのは新装丁のトールサイズですが、書店泣かせですね。ブックカバーをかけようとして、サイズが合わずに困惑する書店員さんが気の毒でした。それに本棚におさめたとき、そこだけ突き出しているのがなんとも許せない。
読了日:10月30日 著者:パトリシア A.マキリップ
天のろくろ (fukkan.com)天のろくろ (fukkan.com)
バタフライ・エフェクト。自身では制御できないジレンマと、他者からの介入によるストレス。ヘイパー先生には確かに悪気はないのかも知れないし、もしかしたら、あれはオアの夢が紡ぎ出すその影響だったのかも知れない、という解釈も出来るのかも。ヘイパーだけがオアの影響を免れていたとは考えられない。もしかしたら、オアのヘイパーへの疑心暗鬼がヘイパー自身を変えてしまったのかも。だとすると、ヘイパーが一番の被害者かも知れない。
読了日:10月29日 著者:アーシュラ・K. ル=グウィン
金春屋ゴメス金春屋ゴメス
欧州かどっかに、こんな風に中世の生活を味わえる村があるとか、テレビで観たことがあるような? もっとSFかと思ったら、そうでもなく、そうなるとゴメスの正体がとっても気になります。医療とかの研究で、突然変異しちゃったとか? そんだけ目立つ姿形なら利吉だって一発で誰か気付くはずだし?
読了日:10月28日 著者:西條 奈加
喋る馬(柴田元幸翻訳叢書—バーナード・マラマッド) (SWITCH LIBRARY 柴田元幸翻訳叢書)喋る馬(柴田元幸翻訳叢書—バーナード・マラマッド) (SWITCH LIBRARY 柴田元幸翻訳叢書)
なんとなくブラックユーモアな印象。人生を皮肉っている。苦悩している作中の人々に、自分を重ねては苦い思いがよぎる。長く生きれば生きただけ、そうした悔恨の念が蓄積していく。反面、作中の人々のような不幸に見舞われていない自分に安堵する。自分はもっと高潔でありたいと思っても、人間弱いよな、、、
読了日:10月28日 著者:バーナード・マラマッド 訳:柴田元幸
ロリヰタ。ロリヰタ。
この辺のネタって、ERでもあったけど、こちらのほうがより叙情的。書き下ろしのハネの方が、切なかった。
読了日:10月27日 著者:嶽本 野ばら
アンダルシアの肩かけアンダルシアの肩かけ
女性の側面を垣間見ることが出来る短編集。短くて長くて、刹那的で人生的。幻想的で、破滅的で、とても嫉妬深い。
読了日:10月26日 著者:エルサ・モランテ
天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語
こういう幻想的な建物を想像する作家さんは、自分の中でも設計図があるんでしょうか? 是非観てみたい。劇的0Xーアフターもビックリ、みたいな。でも、建てられるのは資産家だけか、、、でももっとファンタジーにしちゃっても良かったよーな? 家とか時代描写とかリアルな存在感を感じらたから、あるいは、天使を出さずに終始主人公のあの独特の雰囲気のある神秘的なたたずまい、才能のなせるワザ、で終わらせた方が、、、天使の存在が仄めかされてそれが逆に損なわれた気がします。
読了日:10月25日 著者:中村 弦
火を熾す (柴田元幸翻訳叢書) (柴田元幸翻訳叢書)火を熾す (柴田元幸翻訳叢書) (柴田元幸翻訳叢書)
著者は大変苦労した人生を送っていたようですね。生と死の狭間、生への恐るべき執念、執着心を見せつけられました。「火を熾す」はまさしく、薄氷の上を歩くような、生と死の表裏一体。生きること、糧を得ること、働くこと。現代社会は、生きることと仕事がなんとなく繋がらなくて、その辺り自分自身も見失いがちなのだと感じた。
読了日:10月25日 著者:ジャック・ロンドン/柴田元幸 訳
きのう何食べた? 3 (モーニングKC)きのう何食べた? 3 (モーニングKC)
読了日:10月23日 著者:よしなが ふみ
Story Seller (新潮文庫)Story Seller (新潮文庫)
短編一つごとにちびちびと読んだ読者の一人です。普段あまり読まないジャンルのエピソードの出会えて、得したけど、参加著者の短編集ですでに読んでいた話もあったので、差し引き0か? スポーツものってあまり読まないのですが、サクリファイスは読みたい本に加えておこうかと思います。
読了日:10月18日 著者:
ノーサンガー・アビー (ちくま文庫 お 42-8)ノーサンガー・アビー (ちくま文庫 お 42-8)
妄想爆発ヒロインのキャサリンが面白い。ヒーローのヘンリーの登場が少ないのが残念。人間の出来たヘンリーはキャサリンよりも一回り近く年上で、もちろん大人なわけだから、分別があって当然なのですが。自分よりも年下のヘンリーがあんなに大人なのは、やはり時代が違うからでしょうか(苦笑)
読了日:10月18日 著者:ジェイン・オースティン
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
読了日:10月17日 著者:森 薫
お皿監視人 あるいはお天気を本当にきめているのはだれかお皿監視人 あるいはお天気を本当にきめているのはだれか
読了日:10月16日 著者:ハンス ツィッパート
あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)
物理の教科書を読んでいる気分だった。たぶん、物理とか科学とかに詳しいともっと楽しめるのではないか? けれど、それぞれの短編集が違った世界観を持っていることに驚いた。どの作品も硬派な作風は一緒で、けれどどれもが違った世界観で読ませてくれた。
読了日:10月15日 著者:テッド チャン
コーリング 第3巻 (白泉社文庫 お 4-3)コーリング 第3巻 (白泉社文庫 お 4-3)
原作のタイトル、呼び声ではなく、叫び声だと思っていました。ホラー的なものを想像していたのですが、このコミックのイラストも美しくて感動の絵巻物に仕上がっていると感じました。
読了日:10月03日 著者:岡野 玲子,パトリシア A.マキリップ
コーリング 第2巻 (白泉社文庫 お 4-2)コーリング 第2巻 (白泉社文庫 お 4-2)
原作が新装丁で発売されているそう。読まなければ!
読了日:10月03日 著者:岡野 玲子,パトリシア A.マキリップ
コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)
真の名を知ることで、相手を支配出来る。今では珍しい設定ではないけれど、引き込まれた。
読了日:10月03日 著者:岡野 玲子,パトリシア A.マキリップ
パパにつける薬パパにつける薬
読了日:10月03日 著者:A. ハッケ

読書メーター



noblesse oblige
今後も読書家たらんことを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | December 2009 »