« December 2009 | Main | February 2010 »

Dr.パルサナスの鏡

ヒース・レジャーの遺作。
なんか、十八世紀くらいのお話かと思っていましたが、現代のお話でした。
ヒースが鏡の世界に入ると、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルへと変身していく。
鏡の世界は、博士の瞑想の世界。
博士は悪魔との賭けに勝っても負けても損をしてるみたい……
っていうか、あれは賭博で身を持ち崩したただのじーさんなんじゃ~~

ヒースは最終的にいい人になるのかと思っていましたが、なんかあれは悪者で終わっちゃった?
やっぱり、途中でお亡くなりになってしまったので、ストーリーも変更が必要になったんだろうなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チョコレート

今回はチョコレート。
201001091900000
まず一つめは、
ロイズ・アイスクリーム シャンパンストロベリー
他にバニラとチョコの三種類ありまして、今回は一番値の張るこちらをチョイス。
結構量があります。がっつり食べたい3時のおやつならともかく、ごはんの後のデザートだとちょっと多いかな?
自分、デザートに別腹はないんで。
こちらのロイズは、調べてみるとチョコレートで有名な菓子店のようですね。
なんで、HPはすでにバレンタイン用のチョコレートがPRされていました。
アイスはイチゴ味ですが、シャンパンって感じはあまりしません。そこに生チョコチップがトッピングされています。
下の方に食べ進めていくほどに、大粒のチョコレートが。
チョコレートの味が濃厚なので、アイスの味が薄れていってしまいますが、さすがチョコレートの会社だけあって、チョコレートは絶品ですね。
でも、アイスとチョコのバランスは、チョコレートが勝っていました。
ストロベリーよりも、バニラかチョコを選んでおくべきだったかな?

201001131431000
本日二点目は、
Cho-pan Assort
今回はショコラ&ホワイト
自分、こういうデコレーション的なお菓子が大好きです。
稲垣吾郎が昼ドラみたいなCMをやっていたやつ。
毎年なんだか違う仕様にバージョンアップしています。
器のチョコと、中のチョコに、パイが入っている凝ったチョコ菓子。
毎回、チョコとストロベリーの二種類が出回ってますよね。
今回のショコラ&ホワイトは、今までと違って、2パターン。四個入りですが、黒いパイとホワイトチョコが二つずつ。
うーん、凝ってるな~。
一口で食べてしまうのがもったいないハーモニーなのですが、小さいのでぺろっといっちゃいます。
もちろん、ストロベリーもいっとかないとね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アバター

アバターを見ましたよ。
3Dです。でも、思ったより飛び出てこなかったですね。字幕で見ると、字も飛び出てきて気持ち悪くなるので、吹き替えにしたのですが、半分くらいCGだから、あんまり気になりませんね。
一番飛び出したのは、映画の予告編。
画面自体は奥行きが感じられましたが、映画自体がそういう飛び出すように見せる構成じゃないんじゃないのかなあ?
こっちにせまってくる物体が、大きくて画面に入りきれなかったりすると、浮いて飛び出してくるような感じがしません。
水滴とか、綿毛とかは浮いて見えたんですけどねえ。

ストーリー自体は王道で予想がつく展開ですが、惑星パンドラ、原住民の設定が凝っていて、面白かったです。植物はシナプス接続でネットワークを形成しているとか。生物同士、触手のようなもので意思の疎通が出来る。
動物は六本足で、なんか昆虫みたいでしたね。馬みたいな生物も、植物の蜜みたいなものを舐めてた。
そういえば原住民は、何を食べて生きてたんだろう? 海の生物とかも知りたかったかな。
そっちの方に興味が大きいです。
そういえば、一緒に観にいった友人は、原住民ナヴィは四本指で、ジェイクたちのアバターは五本指だったことに気付いたそうです。
三時間という長さを感じさせず、あっという間でした。
長いと途中だれたりして、疲れたりするんですけど、すっかり引き込まれましたよ。
映画の出来がいいってことなんでしょうね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホットメルティワッフル アップル&シナモン

201001071115000
今日のおやつは、コールドストーン・クリーマリーのホットメルティワッフル アップル&シナモンです。
これまた、なんがーい、タイトルですね。
コールドストーンはいわずと知れた、唄いながら冷たい御影石の上でアイスをこねるお店です。
コンビニでは売っていません!
そして、例に漏れずお高い!!
なんと、牛丼一杯よりもお高い!
つまり、牛丼をみんなで食べるよりも、コールドストーンのアイスクリームを食べた方が経済効果が上がるというわけです!!

コールドストーンのアイスクリームはまた、独特ですよね。ライクイットって何?
基本はライクイットで紙カップ。ですが、せっかくなんだからワッフルコーンで戴きたいcake

今まで、ストロベリーショートケーキ、マッドパイモジョを食べました。
どっちも美味しいことはいうまでもない。アイスクリームだけよりもいろいろ混ぜてあるから、相乗効果で美味しくなるんですかね。これぞ、アイスクリームのスイーツパーティやーhappy02
コールドストーンはなんとなくアイスの量が少なく感じるんですけど、ボリュームがあります。
たとえばストロベリーショートケーキ セレナーデなら、イチゴにスポンジケーキがトッピングされているんです。
口に入れると冷たさの中に、スポンジケーキの柔らかさが……。
スイーツ好きにはたまりませんよね~。
ハーゲンダッツのように、フレーバーの種類は少ないみたいですけど、トッピングの多さでレパートリーがあるんです。

今回は、現在お勧めのホットメルティワッフルをチョイス。
アップル&シナモンの他に、バナナ&チョコレートがあるのですが、自分はバナナが苦手なのでアップル&シナモンを選択。
しかして、アイスをこねるでなく、生地をホットプレートで焼いてくれました。温かなワッフル、スイートクリームアイスクリームにキャラメルソースとシナモンをかけてできあがり。

多少、拍子抜けしないでもない。だって、いつもはこれでもかといろいろ混ぜてあるのだもの……。
しかし、焼きたてもちもちの温いワッフルの中には、アップルパイのようなリンゴの果肉が!
もちろん、アイスと混ぜ混ぜしていただきました。

ただ、やっぱりコールドストーンクリーマリーの真骨頂は、アイスクリームにいろいろボリュームあるトッピングだと思うので、今回のホットメルティワッフルはハズレかなあ。
次回は、チョコ系か、それともチーズ系にしようかなあ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生キャラメル・アイスクリーム

イナズマ・イレヴン
まだ続いていたのか!?

まさかのエイリアンが、実は強化人間だった!? に超唖然、な展開だったのが、まだ続くのか!?
あと1クール? なにするんだろう?
こんなこと言っていますが、毎回必殺シュートが決まると、感動して涙がにじむですよ。

201001061543000

今日のスイーツは、これまた捜していた
北海道・十勝 花畑牧場 生キャラメル・アイスクリーム
これまた長いタイトルですこと。
しかも!
あの、ハーゲンダッツよりもお高い!!
なんて高級な、アイスック、リィイムゥ~note
最近、コンビニの冷凍庫にあるロイズアイスクリームも気になるんですが、あっちは量が多いみたい。値段はもちろんその分高いのですが、カロリーが気になるところですね。
ちなみに、この生キャラメル・アイスクリームはカロリーの表示がないようです。

閑話休題。
ちなみに、お味の方は少々甘すぎる模様。生キャラメルのチップが入っていて、バニラビーンズも入っていて、蜂蜜の風味もあります。
そんだけてんこ盛りなら、そりゃあ甘いでしょうねえ。
生キャラメルは、アイスの中にあるので、アイスの後に舌に残りとろけて消えていきますよ。
二段構えの甘さの洪水が、舌の上を通り抜けていくのですheart01
ですが、如何せん甘すぎるので、やはりハーゲンダッツに一票です。

ちなみに、
CMでやっていた、「こんがりポテト」新商品のポテトチップスですが、カロリーが低いのはいいのですが、パンチが足りないですね。あっさりしているので、そういうのが好みならアリじゃないでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12月の読書

12月は読書がはかどりませんでした。読みたい本は多いんだけど、なんとなく漫画ばかり。
11月の反動か?

12月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:4948ページ

ウルトラバロック・デプログラマー 4 (ヤングガンガンコミックス)ウルトラバロック・デプログラマー 4 (ヤングガンガンコミックス)
読了日:12月27日 著者:いとう せいこう,浅田 寅ヲ
図書館の神様図書館の神様
人は文学に目覚めるときがあるのだろうか? 敷居が高く感じるのだけれど、作中の感想を聞いていると読んでみたくなります。
読了日:12月25日 著者:瀬尾 まいこ
PSYREN-サイレン 2 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン 2 (ジャンプコミックス)
いろいろと謎が多そうな世界。あの三角関係、なんか懐かしい。能力開発中の主人公たちがどんな力に目覚めていくのか楽しみです。
読了日:12月23日 著者:岩代 俊明
PSYREN-サイレン 1 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン 1 (ジャンプコミックス)
まだまだ始まったばかりといった様子。なんかー、キャラのお顔がなんとなく懐かしい気がするのです。
読了日:12月23日 著者:岩代 俊明
ソードアート・オンライン 2 (電撃文庫 か)ソードアート・オンライン 2 (電撃文庫 か)
読了日:12月22日 著者:川原 礫
黄金の王白銀の王黄金の王白銀の王
名前の読み方がわからなくて、最初読み進めるのに難儀しました(苦笑)。
読了日:12月21日 著者:沢村 凛
DEFENSE DEVIL 3 (少年サンデーコミックス)DEFENSE DEVIL 3 (少年サンデーコミックス)
バトル展開に突入か? バトルでもいろいろ頭使うんだろうけど。
読了日:12月18日 著者:尹 仁完,梁 慶一
銀の三角 (白泉社文庫)銀の三角 (白泉社文庫)
読了日:12月17日 著者:萩尾 望都
火刑法廷 (ハヤカワ・ミステリ文庫 5-1)火刑法廷 (ハヤカワ・ミステリ文庫 5-1)
読了日:12月16日 著者:ジョン・ディクスン・カー
スフィンクス (flowers comicsシリーズここではない・どこか 2)スフィンクス (flowers comicsシリーズここではない・どこか 2)
読了日:12月16日 著者:萩尾 望都
レオくん (フラワーコミックスアルファ)レオくん (フラワーコミックスアルファ)
レオくん、正直イラっと来た~。でも、リアルな猫の習性はどんなものなのか気になった。猫の習性としてかなり、リアルなんでしょう? 調べてみよう。
読了日:12月16日 著者:萩尾 望都
アニコイ (2) (角川コミックス・エース 86-17)アニコイ (2) (角川コミックス・エース 86-17)
なんとなく、森見登美彦を思い出しました。
読了日:12月11日 著者:ゴツボ×リュウジ
アニコイ (1) (角川コミックス・エース 86-16)アニコイ (1) (角川コミックス・エース 86-16)
あれと同じ世界観なのですか? え? どっち? 父親の家系だよな、猪子。さすが、社長。
読了日:12月11日 著者:ゴツボ×リュウジ
友情 (新潮文庫)友情 (新潮文庫)
読了日:12月11日 著者:武者小路 実篤
銀河鉄道の夜 (角川文庫)銀河鉄道の夜 (角川文庫)
題名は有名だったけれど、本編を読んでいないことに気付いて拝読。ああいう話だったのですね。最後の船に乗って帰ってくる、のところで嫌な予感がしました。汽車で出会った人たちと同じ船に乗っているのかと……
読了日:12月10日 著者:宮沢 賢治
化け猫とめまいのスキャット―ブギーポップ・ダークリー (電撃文庫)化け猫とめまいのスキャット―ブギーポップ・ダークリー (電撃文庫)
もしかして、ずっとこんな感じで、結末には辿り着かないのかな……? こんだけ息が続いているだけでも、とんでもなく凄いんですが。
読了日:12月09日 著者:上遠野 浩平
しろくまカフェいちご味! (フラワーコミックススペシャル)しろくまカフェいちご味! (フラワーコミックススペシャル)
ゆるい、ゆるくてもだえる。グリズリーには是非立木文彦に声を当てて貰いたい。
読了日:12月09日 著者:ヒガ アロハ
しろくまカフェ (フラワーコミックススペシャル)しろくまカフェ (フラワーコミックススペシャル)
シンプルな装丁に、内容がゆるくて癒されます。
読了日:12月08日 著者:ヒガ アロハ
図書館の女王を捜して図書館の女王を捜して
はからずも「犬身」を思い出しました。こちらの方が心に優しくてほっとできる内容です。蝶=プシュケーとかけているのでしょうか?
読了日:12月08日 著者:新井 千裕
国境の南、太陽の西 (講談社文庫)国境の南、太陽の西 (講談社文庫)
「世界の果て~」からこっち読んでいないのですが、時おり読みたくなり、今回は古い年代のこの作品を拝読。年相応になってきたからか、時代背景が一昔前だからなのか、感じる部分がある。しかし、まだ主人公と同じ年代には達していない。若い主人公の小説には時に悔恨の苦痛を感じるけれど、自分より年上の主人公の時にはまた未知の部分に、まだまだ完成されない自分の大人になれる可能性が秘められている気がする。自分よりも年下の主人公にはなれないけれど、自分よりも年上の主人公にはなれるという可能性を。
読了日:12月07日 著者:村上 春樹
嵐が丘 (新潮文庫)嵐が丘 (新潮文庫)
閉ざされた空間での愛憎劇ですが、あまりに世間が狭すぎるのが原因としか言いようがない。他に人間関係が無いんだから、しょうがない。お嬢様たちはみんなお喋りだけど、こんな閉鎖された空間でいったい、何をそんなにお喋りすることがあるのかと、不思議なのですが。今の時代はただ娯楽が溢れているから、逆につまらなく感じるんでしょうかね。
読了日:12月06日 著者:エミリー・ブロンテ,鴻巣 友季子
アップルジャック (幻狼FANTASIA NOVELS K 7-1)アップルジャック (幻狼FANTASIA NOVELS K 7-1)
アップルジャック格好良いよ! 飲んだことがないから、今度機会があったら飲んでみようと思います。でも、バーの物語だよな~。作者もお酒好きみたいだし、ハニーサックルローズに行ってみたいです。にしても、バーテンダーは同一人物だと思ってたんですけど……?違うんですね。
読了日:12月04日 著者:小竹 清彦

読書メーター

noblesse oblige
今後も読書家たらんことを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »