« 神々の大地 ギリシャ周遊 6 | Main | バレンタインと無縁なチョコレート »

神々の大地 ギリシャ周遊 7

最終日です。
2月16日、及び 2月17日。
日本との時差は7時間。
iPodには時計の機能があって、それに日本とギリシャを設置しておけば、両方の時間を確認出来るんですよね。
docomoのケータイだと、自動的に現地時間に設定し直されるので、そちらで時間を確認してました。
朝起きて、ギリシャの連休も終わりましたので、郵便局へ。
ホテルの近くにあるのに、迷いに迷いました(死)。
でも、とにかく切手を購入。0.72セントです。0.5セント一枚、0.02セント二枚。
切手がでかい。……これは、貼るところがないジャン! 無理矢理はりつけ、かぶさってしまった郵便番号を別の所に書き直す。
そして、……郵便ポストが四つ。なにかしら違う見たいなんですが、わからないので、左から二番目に。
ちなみに、ギリシャの郵便ポストは黄色でした。
あー、記念に自分用にも切手を買っておけば良かったなー。
絵葉書は届くまでに、10日かかるそうですから、来月でしょうね(死)
まあ、そんなもんです。

いきはよいよいかえりはこわい

13時フライトの飛行機。
荷物は結構思い気もしましたが、13キロでした。350mlのワインか、蜂蜜を買えば良かった……。

アテネでは、税関がストライキ。今日がお祭りなので、ストライキしたんだそうです(死)。
ギリシャはストライキがしょっちゅうあるそうです。いいくにだ……(遠い目)
仕方がないので、乗り継ぎするミュンヘン空港で免税手続きを取ることに。
ところが、アテネで到着の飛行機が遅延。
お昼に機内食が出ました。
二時間のフライトですが、乗り継ぎの時間は元々一時間ほどしかなく、なんてこったい、走って成田行きの飛行機へ。お陰で、買い物も免税手続きも出来ない始末!
こんなことなら、アテネでいろいろ買い込んでおけば良かった!

(※もちろん、買い物はしてありました。空港の持ち物検査で水物を取り上げられてしまうんですよね。ところが、ミュンヘンはそういう事態だったので、持ち物検査がスルーパスだったわけです。
これなら、干しイチジクや蜂蜜が買えたのに! ざ~んねーん)

時差1時間を腕時計調節。
ミュンヘンの空気を楽しむ暇もなく、エアバスで11時間のフライトです。
乗った早々に夕飯が出ました。鶏のどんぶりか、鮭のマッシュポテト。後者を選択。
映画は「ビッケ」と「男心」を見ました。
前者はもちろん、アニメ海賊ビッケの実写版です。
後者はドイツ映画で、男性五名のまあ、コメディなんですかね。それぞれ実生活の問題を抱えていて、それが入り組んで展開していく。最期はまるくおさまりました。
両方とも、日本語吹き替えがないので、英語字幕で見ました。
英語はわかりませんが、喋っているのを聞くよりは、英文の方がなんとなくわかります。俳優の演技でなんとなくわかるんですけどね。
話の展開のパターンが予想出来るので、これでもまあまあ楽しめるんですね。

そんなこんなで、体内時計で11時頃、どうにか眠ってみようと苦心。もちろん眠れない。
朝の3時に、朝食。
空港に到着したのは、日本時間で11時でしょうか。
ツアコンのささきいさお(仮名)がtaxfreeの受付に掛け合ってくれたのですが、免税の手続きは無理だとのこと。
個別にメールで問い合わせることに。
さて、解散。

二時間前に朝ご飯を食べたばかり。
体調を崩してしまいそう。
日本で十二時なので、おやつとして空港のレストランでホットケーキを食べました。
帰りは高速バスで。眠りたいけど、眠れない有様。
そして、夕飯は6時。お腹すいたし、眠たいしで大変。
3日経った今も眠たくて仕方がありません。
プラスの時差はともかく、
マイナスの時差は結構くるんだなあ。

ちなみに、以下がお土産画像です。
100216
100216_2

|

« 神々の大地 ギリシャ周遊 6 | Main | バレンタインと無縁なチョコレート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/47628465

Listed below are links to weblogs that reference 神々の大地 ギリシャ周遊 7:

« 神々の大地 ギリシャ周遊 6 | Main | バレンタインと無縁なチョコレート »