« 神々の大地 ギリシャ周遊 2 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 4 »

神々の大地 ギリシャ周遊 3

ギリシャ旅行3日目。あいにくの雨。
起床時間は、6時半。ですが、夜中の2時半に一度目が覚めた。時差ボケらしいですね。なんかみんな普通にその時間に目が覚めるらしいです。
その後一時間ごとにトイレへ。

朝食は、どこもホテルのビュッフェスタイル。ヨーロッパは基本パンで軽くすませるようですね。
大抵パンは丸くて案外小さい。ただ、パウンドケーキなどの種類が豊富なところがおおい。また、ヨーグルトはどこにでもありますね。とろりとした感じではなく、カッテージチーズ並に固めのものもあり、蜂蜜をかけて食します。
ヨーグルトだけで結構お腹一杯。ハムやなんかも種類があったりして。
ただ、野菜がない。葉ものが欲しい。
キュウリはあるけど、でかいよ! ズッキーニ? サラダでキュウリがでると何故か皮が剥いてあったりするんですが、一度皮がついたままのキュウリが出てきて、噛んでみて皮が固いことが発覚。
なるほど。
だから、キュウリも皮を剥いて食べるんだ。

そんな感じで朝食を済ませ、バスに乗ってメテオラへ。
ガイドはディーナ女史。今回は日本語がわからないので、ツアコンの黒いささきいさお(仮名)が通訳してくれます。
中空の修道院メルカバ。
断崖絶壁、岩山というよりもむしろ柱が連立するその先端に帽子を被せたように修道院が建てられており、隠者に相応しい場所です。地震が怖い場所で、実際に地震で崩れた修道院もあるようですね。
現在は15カ所。内女性用が2カ所で、計24名の修道僧がいらっしゃるそうです。
修行やミサがある場合は中に入れないそうですが、今回は問題なく拝見出来るそうです。
最初にSt.ニコラス修道院(男性の修道院)へ行きました。
中には入りませんが、道路沿いにあるので下から眺めました。
後に、15カ所中メガロメテオラ、ステファノスへと行きました。

メテオラは、007の映画でも敵の秘密基地として使われていました。古いことしか覚えていないんですけど。
あの当時はまだ、階段じゃなくて吊り籠を使っていたのかな?
100212
メガロメテオラ。メテオラの中でも最大の修道院ですが、階段が長いです。
降りていって、上がっていって、さらに上がっていきました。
女性はスカート着用です。レンタル出来ます。
男性は脱帽。
当時の修道僧たちの生活を眺めつつ、この寒いところに一体何なのくらいですよ。
聖堂の天井の高さ、多角形の部屋にぶらさがる大きなシャンデリアには、聖人たちが描かれています。
さらに壁や天井にも、歴々の聖人たちがこちらを見下ろしています。
イコンです。戦争などでそうした自分たちの宗教が消されてしまわないように、木材に染料を染みこませることで、敵に征服されても消されないようにしてきたそうです。
美しさと静謐さに、観光にきた自分を疑問に思うこと刹那。

続いて、修道女のステファノ修道院へ。
メガロ同様に博物館と化していますが、修道女はいらっしゃいますよ。売店にも修道女がいました。
ツアコンは、修道女たちが眉を処理していないことをしきりに言っていました。
どうでもいいんですけど……。
お土産は小さなイコンを購入。

100212_2
メテオラの修道院群が見渡せる崖で写真撮影の時間を経て、一路南のデルフィへ向かいます。
ヘラクレス街道を通り、ヘラクレスが最期を迎えたというイティ山を遠くに眺めました。

途中、レストランでランチ。
メニューは前菜にドルマダキア、チキン、アーモンドプリンのケーキ。
ドルマダキアは、ぶどうの葉っぱに包んだ牛肉のスライスを巻いて煮込んだものに、ヨーグルトソースをかけて食べました。前菜にしてはがっつり。これがメインでもいけます。ぶどうの葉っぱは特に癖のある様子もなく、ヨーグルトのソースもホワイトソースのようでした。
その後、チキンの脚一本。こんがり焼けているわけではありませんが、皮が薄くておいしかった。
今度も胃にダメージが。オリーブオイルのお陰か、そんなに腹をこわすこともありませんでしたがね。
ちなみに、大抵毎回米が出ます。焚いてはいない、茹でるか炒めるかしてあるようで、いわゆるタイ米ですね。
グリーンピースとにんじんと一緒に出てくるんです。日本で言う三色野菜、とうもろこしのかわりに米なんです。
こちらでは、野菜として米を食べるんだとか。

朝から雨がちらちら降っていたのですが、午後には大雨が。午後は移動時間なので、次のホテルは海辺にあるので、到着したホテルから見える海は大荒れに荒れていました。
ちなみに、ギリシャに到着した晩は洪水があったそうです。

ホテルでのディナーは、ランチ同様ギリシャ料理、スブラキ。
前菜にフェタチーズがホテルのサービスで提供されました。白いブロック状のもので、日本で食べるプロセスチーズとは違います。オリーブオイルをかけて、コショウで味付けして食べるのです。癖はないのですが、なかなか濃い印象。ギリシャワインに合います。つか、昼も飲んだし、ワイン飲み過ぎ……
ほうれん草のパイが出てきて、トマトサラダ(ドレッシングはオリーブオイル)、メインはスブラキ。串焼きですね。豚肉とピーマンを串に刺して、香辛料で焼いたモノ。
いままでの料理が味が濃いものが多かったので、この串焼きは丁度良いお味でした。
デザートは、くるみやらアーモンドを練り込んだスポンジをずっぽりシロップでひたひたにしたケーキ。
こちらは一口で遠慮致しました(汗)

|

« 神々の大地 ギリシャ周遊 2 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/47607087

Listed below are links to weblogs that reference 神々の大地 ギリシャ周遊 3:

« 神々の大地 ギリシャ周遊 2 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 4 »