« 神々の大地 ギリシャ周遊 5 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 7 »

神々の大地 ギリシャ周遊 6

2月15日 晴れ
旅行6日目、ついに観光最終日です。
月曜日。本日、ギリシャの祝日であるそうで、今日も郵便局はお休みです……

概ね天気は良好。今日はエーゲ海でミニクルーズです。
朝はもちろん、絶品クロワッサンを戴き、早朝からバスに乗って港へ。
船に乗り込みます。
その際、ギリシャの民族衣装を着た女性と写真撮影。ぱち

さて、向かうはポロス、イドラ、エギナの三島。
最初の2時間は、船酔いとの戦い。酔い止めを飲んでいたのでたいしたことはなかったのですが、外に出て潮風を浴びます。
しかし、この海の色。美しいです。島の家も壁は白く、屋根は赤、扉や窓は青と美しい。国でさだめているそうですよ。でも、個人の家ですからねえ。第一、半年に一度塗り直しているそうですよ。
船にはブティックも二軒入っていました。
ささきいさお(仮名)がお勧めのFolle Follieのお店が。ギリシャのブランドなんですね。つっても、聞いたこと無かったんですが。メンズも腕時計が売っていたのですよ。ただちょっと、派手ですね。まだ、若いとか言われたけど、クリスタルがちかちかで、ちょっと私の趣味じゃなかった。
アクセサリはデザインがラーメンどんぶりの淵にあるような渦巻き模様が。ギリシャの古代の出土品に描かれているらしいですね。
どちらかといえば、その隣のsutdio HYDRAのアクセサリーの方が興味在り。
ギリシャの古代貨幣には、アテネやゼウスなんかが描かれているんですよ! お土産に一つは欲しいと思っておりまして、けれど売ってなくてですね、こちらのお店にコインのペンダントトップが売っていたんです!
アテナとアレクサンダー大王の2種類。
迷った末に、中堅の大きさのアテナコインペンダントトップを購入。占めて、300ユーロ。ま、まあ、免税されるはずだし……。
でも、自分が身につけるには及ばないアクセサリーかな。でも、日本で買えば十万近くするし、掘り出し物でしょう。

100215_3
ポロス島で四十分。島のてっぺんの時計台から島を眺めます。
お土産を適当に見て、船に乗り込むと早くもランチタイムです。
そこでは二十カ国以上を話せるギリシャの歌手が、エレクトローンを牽き語り。日本の演歌も歌ってましたよ。今年だか来年だか、来日されるんだそうです。
ランチは、パンにサラダ、ハンバーグは先日の夕食に食べた肉団子と同じですが、味は薄め。薄い四角形が三つ。胃が大きくなったのか、ぺろっと頂いちゃいました。デザートはレモンケーキ? と思いつつ、薄いスポンジにレモンソースをかけたアイスでした。凍っていて、シャーベットみたいだった。

それにしても、太ったなあと。顔がむくんでるし。一日のカロリー量が3000キロカロリーだっつうから、恐ろしい!
お腹一杯になってしまうので、全部は食べられないんですけど……。

そんなこんなで、食事が終わる頃には次の島、イドラ島に到着。
1時間40分の自由時間。
しかし、なにもない。風車があったけれど、博物館も祝日のためにお休みだし。
猫とロバ、馬がいました。ロバや馬には乗れます。乗らなかったけど。
お土産を購入。ギリシャ神話のトランプと、数珠。

このトランプが侮れない! もっと買ってくれば良かった……。私が買ったのは、彫刻や壺の絵が描かれているタイプで、下手なカタログを買うよりも、こっちの方が断然お土産にいい! もっと早くに買っておけば良かった。他にもいろいろな種類があったのに……。
そして、数珠。worrybeadsと言って、手慰みの品なんですよね。紐が長くて、ビーズの間には余裕があります。このビーズを紐の間を走らせるんですが、本来は僧がこの数珠を数えてお祈りするそうです。
私が買ったのはプラスチックのビーズの安物です。ですが、デザインが凝っていて、ビーズの間に金属のビーズがついていて、これには先程の渦巻き模様が描かれています。
最近はパワーストーンが流行っていますから、そういった見直しもされて、ギリシャの工芸品として人気が出てきているようです。

100215_4
さて、再び1時間半船に乗って、最期に一番大きなエギナ島へと行きます。途中、壮大な海と島の狭海を眺め、荒れ狂う波の港に到着。
慌ててオプショナルツアーのバスに飛び乗り、アフェア神殿を目指します。
この島にはまだ遺跡が残っていて、アポロンの神殿の柱も残っていました。しかし、時間がないので遠くから眺めるだけ。
途中10分で教会を周り、アフェア神殿へ。
このアフェア神殿。大理石ではなく、違う石で出来ているそうです。そして、大理石に似せて塗られていたんだそうです。周囲はジャングルで、見つからなかったんですって。そのお陰で、ここまでの形が残せたのだとか。二階建てで、またそうしたエピソードはかなり珍しいそうです。
夕陽に照り映える神殿……。
だが、のんびりとはしていられない! 船の到着、バスの出発が遅れたために、港で買い物する時間がない!
アフェア神殿側の小さなぼろい土産物屋はてんやわんや。名産品のピスタチオナッツを買い込むも、ピスタチオのアイスは食べられず。
しかしなんか、紙皿に乗せられた緑色の石鹸みたいなアイスは……美味しいのか?
感想を聞くと、普通、らしい。
それはともかく、大慌てで船へ。
あぁあ、トランプ買いたかったな……。

帰りの船は1時間半。
そこではギリシャ民族のダンスが披露されるとか。ランチ同様の歌手が登場して、音楽を聴きながら、ダンスを見ている。
女性よりも男性が激しく踊るのが特徴らしく、男性も白いフレアスカートのようなものを腰に巻いて登場し、激しく回転してそれを翻します。
ダンスを間近で見ようと、前に陣取ったのが運の尽き。
私も舞台に引っ張り上げられ、同様にお客さんたちと手を繋いで踊りました(汗)。結婚式にみんなで踊るダンス、なのかな?
さらに、第二部でも引っ張り上げられ……たものの、出番無し。なんだよ、だったら、舞台にあげんなよ……。
とはいえ、他のお客様は教えられたとおり、男女ペアになって踊りましたよ。くるくる回されたり、回したり。
肩に女性を担いで、大回転したり、……はさすがにしませんでしたが。
そうこうしているうちに、船酔いする暇もなくアテネに到着。
ついに、最後の晩餐です。

バスで別の港に向かいます。
ファナシスさん、両側に駐車されてせんまい急な坂道に、大型バスを進めていきます。こんわーい!
本当、良くぶつけないモノです。
到着したレストランでは、伊勢エビが出るはずが、えびが捕れずに岩鯛が出るとか。残念。
タラモサラダ、ザジキ(ヨーグルトに細かく切ったキュウリ、すりおろしたニンニク、オリーブオイル等を加えたソース、ぴりっと辛い)、などをパンにつけて食べます。
小さいイカとえびのフライを平らげ、一人一匹岩鯛の炭焼きを戴きます。白ワインが美味しい……。
デザートは、これまたフルーツにオリーブオイルをかけたもので、ちょっと物足りない。

今夜の締めは、アクロポリスの夜景。
どうです? ギリシャを締めくくるのに相応しいでしょう?
100215

|

« 神々の大地 ギリシャ周遊 5 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 7 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/47619475

Listed below are links to weblogs that reference 神々の大地 ギリシャ周遊 6:

« 神々の大地 ギリシャ周遊 5 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 7 »