« 神々の大地 ギリシャ周遊 4 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 6 »

神々の大地 ギリシャ周遊 5

旅行5日目。2月14日 曇り
朝食のクロワッサンがめちゃうま。
なにこれ!? ボリュームのあるヨーグルトをやめて、クロワッサンをもう1個。

100214_2
本日は、オリンピックの聖地、オリンピア遺跡へ。
ガイドはおじさんのアンジェロ氏。かなりお喋りな方ですが、日本語は喋りません。
これまただだっぴろい敷地です。
このオリンピアで毎回聖火が灯されて、各地に回っていくんですよね。
アンジェロ氏、ここに生えているオリーブの枝をへし折って、わっかを作って冠を作りました。
頭に被ります。
フィリペイオンという建物とヘラ神殿を経て、ゼウス神殿へ。ここには世界の七不思議に数えられる全長12メートルの木造のゼウス像があったそうです。象牙や金などで飾られていたことでしょう。
その史実はどうやって確認したんでしょうかね?
また、ゼウスを尻に敷いていたヘラ女神の神殿の方が先にできたそうです。
そして、その奥が競技場です。
ここで貴族のおぼっちゃまたちが、全裸で駆け回っていたわけですね。
ギリシャってその当時、男性は同性愛が当たり前だったそうですね。BLとは違って、それが通過儀礼だったそうです。ジムみたいなのがあって、青少年は成人男性から声をかけられないと、男性として一人前になれないそうです。みんな頑張って身体を鍛えたのでしょうね。
ちなみに、ヨーロッパですから、現在生粋のギリシャ人は存在しないそうですね。どのヨーロッパ人種も同様ですが。

100214_4
ちなみに、画像のこの白い大理石のラインが、スタートラインだそうです。
私は走りませんでした。
そして、女性禁制のオリンピックも、女性が参加出来る徒競走の競技があったそうです。彼女たちは全裸ではなく、片側の胸を剥き出しにして、自分が女性であることを示して、参加したそうです。

アンジェロ氏曰く、平和の象徴たるオリンピックをまたいつか日本でやってほしい。
ということでした。

続いて、ミケーネにまで戻ります。
半島の入り口がミケーネなんですね。ここにはシュリーマンが発見し、アテネで見た黄金のマスクが見つかった遺跡があります。
ここでのガイドはアンジェリーナ女史。ただし、彼女はこの日がお祭りのため、早々に帰ってしまいました(苦笑)。
さすがギリシャ人。だが、後日笑っていられなくなるわけですが……。

アトレウスの宝庫、あるいはアガメムノンの墓は、地面の中に埋められた尖った形のドームがそれです。
発見されたときにはすでに宝は掘り尽くされており、骸骨だけが残されていたとか。
残念ですね。
そこをさらに登っていくと、城塞都市が存在しています。
残念ながらこちらも残骸ばかり。近くに小さな博物館があります。黄金のマスクのレプリカと、壺が多いです。生活用品ですからね。
ちなみに、現在もそうですが、メテオラなど山岳地帯では雨水を溜めて生活用水にしているそうです。
海外では生水を飲まないように言われましたが、そういう理由もあるんですね。
しかし、2日連続で遺跡の残骸しかないと、残念ですね。ちなみに、オリンピアでもミケーネでもおみやげ屋さんがなかったので、昨日買い物をしておいて正解でした。
ツアーなんだし、そういう情報はあらかじめ欲しいですね。

その後ミケーネ遺跡の山を下った大きなレストランで、ランチです。
こちら店の名前は忘れてしまいましたが、有名だそうです。アメリカの元大統領も訪れたとか。なんと大竹しのぶと自動車スズキの社長の写真まで飾られていましたよ。
白い屋敷のような店で、庭も大きく、ミニステージまでついています。
怪しい日本語が書かれたメニューもありました。ワインもおいしいそうですが、今日こそ休肝日。絞りたてのオレンジジュースをいただきました。
ラーメンどんぶりよりもでかい器に盛られたインゲン豆のスープ、トマト・タマネギ・キュウリのサラダ(いつものやつ)、そして、スティファドというギリシャ風シチュー。
スープにシチューって、どんだけ? って感じですが、シチューは煮込みですね。豚肉の塊と、タマネギ、じゃがいもが煮込んであり、確かに美味しかったです。やはり、トマト風味です。
デザートは、アップルパイにバニラアイスを添えて。
パイといっても、パイ生地じゃなくてリンゴのシナモン漬けがスポンジに挟まれて出てきたんですけどね。
しかも、大きさが日本サイズ!
いつも、日本でこのサイズが出てくると、ランチとはいえ小さいんじゃないかと思っていたのですが、こうして考えるとあれで丁度良いんですね。ちなみに、ケーキにはギリシャの国旗が刺さっていました。お子様ランチみたい!

100214_3
バスは一路、アテネ市を目指して半島を後にします。
通りかかったのはコリントス運河。
人工的に強引にがりがりと削って造り出した人工の運河です。見てください、このハイレグ!
橋は三つばかりかかっていますが、どれも薄い鉄板で出来ていて、結構恐い。夏にはバンジージャンプもやるそうです。
橋を見学して写真撮影をしていると、そこへおばあさんがわらで編んだ民芸品を売りにやってきました。
買いませんでしたが。

再びアテネに到着。
市内のオモニア広場付近のホテル。ギリシャでは夕食は8時以降。それまで時間があるので、シンタグマ広場を目指します。オモニア広場からシンタグマ広場へは、その間に様々な建築物があるんですよね。
ところが……。
最初に曲がった道が間違っていたらしく、モナスティラキ広場へ。
気付かず、露店でお土産を買いました……。戻って気付きましたけどね。

ディナーは、ギリシャ風ミートソース。パスタはゆですぎの学校給食のソフト麺。実はこれは、前菜。
サラダは葉物。
メインはムサカという、なすと挽肉のオーブン焼き。トマトソースがかけられていて、ホワイトソースが甘く感じられました。焦げた部分が香ばしくて美味しかったです。
もちろん、全部は食べられなかったけれど。
デザートはリンゴ、ミカン、なしのオリーブかけ。実にシンプルで、拍子抜けするくらいです。

|

« 神々の大地 ギリシャ周遊 4 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/47618111

Listed below are links to weblogs that reference 神々の大地 ギリシャ周遊 5:

« 神々の大地 ギリシャ周遊 4 | Main | 神々の大地 ギリシャ周遊 6 »