« April 2010 | Main | June 2010 »

プリンス・オブ・ペルシャ

プリンス・オブ・ペルシャを観てきました。
これって、……ゲームが原作だったんですね?
内容は違うみたいだけど。
アクションゲームだから、時間の砂とか出てきてもゲーム内で使えるのかな? たぶん、ストーリー上のアイテムなんだろうけど。

そういえば、もう一年近くゲームしてないなー。
FF13とか、TOVとかやりたいんだけど、PS3高いんだもん。
PCとDVDレコーダー買い換えなくちゃいけないし……。
wiiから出る「ゼノブレイド」が気になるけど、話によると「ゼノギアス」や「ゼノサーガ」とは別物らしいんで、まいっか。

本当は来月に回そうとしたんですが、来月は「SATC2」とか「アイアンマン2」があるので、消化することにしました。

プリンス・オブ・ペルシャの王子さまは、ジェイク・ジレンホーク。ニコラス・ケイジ系の垂れ目。
誰かと思ったら、「ブロークバック・マウンテン」の人だった。
ああ~、と思ったけど今29歳だから、当時24歳かよ!?
あの頃は、相手役のヒース・レジャーがガタイ良かった(顔がでかい?)から、小さく見えたんだけど、ロンゲで髭面の精悍な王子は格好良かったです。
あっちにぴょんぴょん、こっちにぴょんぴょんはね回ってましたよ。あれ、スタントマンだよな?
概ね皆さん髭面だった。そういえば、長男王子はカール・アーバンじゃない? と思ったけど、違うらしい……。
プリンセスは、「タイタンの戦い」にも出てたんだって! 日に焼けててわからなかったよ! そういえば、唯一の女性出演者って感じだな。

あっちとこっちを行ったり来たりで、正直面倒な話だった。
もっと時間の砂を使って時間を戻したりするのかと思ったけど、そんなでもなかったね。そこまでやったら話が複雑すぎて、ややこしいかあ~。
面白かったけど。音楽もエキゾチックで良かったです。

そういえば、今回はワーナーです。
ワーナーは7月まで、モバイル会員1200円で映画が見れます。
本当はゴディバショコリキサーを買おうか迷ったのですが、体脂肪が気になるので今回は見送り。600円とハーゲンダッツよりもお高いしねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地味に効きますバンテージ・ポイント

まずは映画のお供に、ハーゲンダッツのクリスピーシリーズをば。
リッチキャラメル、ベリー・ベリーストロベリー、クッキー&クリームの三種類ですね。
アイスをチョコみたいだけどチョコじゃないものでコーティングして、ウェハースでサンドしてあります。
コーティングがしっかりしているので溶けてたれる心配はありませんね。カップよりも軽い感じでいただけました。
味はやはり、キャラメルが好きかな。味の優越ではなく、あくまで自分の好みですが。

で、今回観た映画は、地味な感じだったので後回しにしていた「バンテージポイント」映画予告とかだと、そんなに有名な俳優も出てないみたいだし、出されている情報が少ないので、ストーリーも予想がつかないんですよね。
ま、有名人が出ていて予想がつくからといって、面白いというわけでもないのですが。
あまり期待もしていなかったこともあってか、

めちゃくちゃ面白かった!!

ですよ。
ドラマ「24」を観たことはなかったんですが、これってそれと同じみせかたなんじゃないでしょうか?
何度も同じ時間軸を繰り返すんですが、その度に視点が違っていて、聴衆の前で起きた大統領暗殺の表から裏から、別々の視点から展開していきます。
さらに、恩田陸著の「ドミノ」のように、各個人の行動によって一つの結末へと収束していくカタストロフィ!
が味わえます。

いやあ、本当にこれは観ておいて損はありません。
お勧めです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国茶器

六本木ヒルズのボストン美術館展を見てきました。
本当はオルセー美術館展を見たかったんですが、あれは来週からなんですよね。
都合がつかないので致し方ありません。
自分、そんなにじっくりゆっくり穴が開くほど見る方ではなく、ささっといくほうなのでそんなに時間はかかりません。モネやミレーの絵はがきと、付箋を購入。

帰りに渋谷の茶館に寄りました。
お茶好きの友人がおりまして、紅茶からコーヒーまで飲むんですよね。でもってこのお店も紹介してもらっていました。渋谷方面に定期券があったので、ちょっと足を伸ばすつもりで以前は結構な頻度で行っていたのですが、今は足が遠のいてしまいました。その時は、もちろんお店が用意してくれた茶器でお茶を楽しみ、簡単な飲茶を摘んだりします。自分は、乾燥いちじくが大好きです。萎れたちっちゃなタマネギみたいな感じですが、うまみが凝縮していて、つぶつぶの種がいいんです。

自宅では中国茶のティーパックでまかなっていたのですが、やはりちったあ本格的なのが呑みたい。
紅茶も入れるのは難しいのですが、中国茶もお作法や茶器があるのですよ。

なんで、自分専用の茶器を購入しました。
陶器と磁器があるんですけど、陶器はお茶の匂いがしみつくので、茶葉ごとに専用にする必要があるのだそうです! 本当に贅沢なお品なんですね。洗剤なんかじゃ洗っちゃダメなんですよ。
磁器だとそういう心配はないようですが、正直お店にあるデザインは好みじゃない。
なので耐熱ガラスのものをチョイス。
100521

左から、茶壺、茶海、手前が茶杯です。
茶壺(ちゃふ)は急須のことです。小さいでしょ? 茶葉も日本茶と違って細かくないんです。大きいので、急須に大きな茶こしは必要ないんですよ。
で、小さいから淹れたお茶を一時的に移しておくのが、茶海(ちゃかい)。
茶海から茶杯に注いで呑むのです。湯飲みと違って、おちょこよりちょっと大きい感じで、ひょいと飲めちゃいます。
なんか、こんな風に使うらしい……?
100521_2

日本茶は正直種類とか味の違いってわかりにくと思いません?
でも、中国茶や台湾茶は見た目、色、香りに違いがあります。
烏龍茶はもちろん、清茶は文字通りさわやかで薄い緑茶の色、鉄観音は香りがよくて脂肪燃焼効果が高いとか。
写真のこの量で、5、6回抽出出来ます。朝の一杯には多いけど、午後のお茶の時間には充分ですね。

はじめての方にはこれ、ということで上記の三つを購入したのですが、中国茶器にはまだまだあります。
茶壺の上級向け、蓋椀。
香りを楽しむための聞香杯。
茶托に、茶盆。
その他、茶漏、茶則、茶杓、茶挟、茶通の茶具一式。
全部揃えたいな~。でも、香りを楽しむための聞香杯は陶磁器しかないみたいですね。
あ、あといくら大きな茶葉でも、茶杯に細かい茶葉が混じるなあ。やっぱり茶こしも欲しいかも。

とりあえず近所で茶葉を購入出来るようにお店を探さないと~。ネットもありますけど、なんとなく見て選びたい。
ルピシアは紅茶とかフレーバーティーが多いんですよね。お店にも多少の中国茶も置いてはあるんですが。
あるいは、横浜の茶語(チャユー)か。

ネットで茶館を検索。
……ん? このガラスの茶器、中華街で買った方が安かったか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザッハトルテ パリより愛をこめて

パリより愛をこめて
なんか、聞いたことがあるようなタイトルですが、なんですかね。
さっそくぐぐってみると、おお!!
「007/ロシアより愛をこめて」か~。
内容は覚えてないけど、まあ、第二弾のタイトルらしいですからねえ。

「96時間」の監督さん、そして、リュック・ベッソン。
リーアム・ニーソンのあの映画は面白かったですねえ。

上映時間は1時間30分と丁度いい長さ。やたらと長くて作り込んでて蛇足な昨今の映画よりも、わかりやすくてイイです。
コンパクトにまとまっていて、面白かったです。
ジョン・トラボルタは、50歳過ぎてあのアクション身体張ってたらしいですね。アクションにキレがあるかと問われれば疑問ですけど~、年季が入った分相手を圧倒していた感じ。
パリより愛をこめてっていうよりも、パリを激震! みたいな。
そのダーティっぷりに、新米捜査官もタジタジ!

カーチェイスの運転をしたのは、脇役のCIA捜査官だけど。名前もないけど、いいのか?
ぐるんと逆転一発かまされちゃった、二人ですが、最期は息のあったところを見せて、新米捜査官のリース君も一皮剥けた感じで終わります。
これは続編いけるんじゃない?

映画の後は、スタバでお茶をしました。

100520_3
100520_2
最近の新作はブルーベリークリームフラペチーノですが、最近フラペチーノはカロリー高く感じてきたので、カプチーノで。
でもって、久々に「ザッハトルテ」を注文。ザッハトルテに生クリームを付けて貰うことも出来るんですよ。50円で。スタバの生クリームは甘くなくて物足りないとも言えますが、ザッハトルテは甘いので控えめたっぷりで丁度いいアクセントです。

あ、それとディスカバリーズのヴェネチア、甘くなくていいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町田のカフェ

こないだ町田の「ねこ喫茶」に行ったんですよ。
猫って柔らかそうに見えて、そうでもないんですね。でも、可愛いなあ。
お店には人になれてる猫が十匹近くいて、結構お客さんも多かったです。
でも、猫たちはだっこ出来ませんでした。家猫とはいえやっぱり、猫は猫なのね。きまぐれで臆病で。
野良猫ににぼしでもあげてれば良かったかな。
なんか、夜に行った方が猫たちも元気らしいですね。
まあ、気が済んだ。このまま行かずにもんもんとするよりも、いいか。

そして、同じく町田にある「Cafe中野屋」。
老舗らしいのですがお店は改装しているのか、綺麗な感じ。公式HPはないけれどネットの口コミでは評判よろし。
人気のない時間を選んで潜入。
いい感じのお店。時間帯によっては女性客で満席なんだろうなあ。
食事は主にうどんみたいですね。さまざまな具でバリエーションを出せるから。
私はその日のおすすめ「真鯛の昆布締め卵黄和えをのせた生醤油ぶっかけうどん」と「ラムレーズンとカフェジュレの~~なティラミスパフェ」を戴きました。
長っ! メニューわかりやすいけど、長すぎでしょ!?
でも、おいしかったです。器もおしゃれだったし。いや、お洒落じゃいね、趣味がいい、というんでしょうね。
普通のうどんのどんぶりじゃなくて、なんか珍しい形なんだけど、ちょっとバランス恐いんだけど、インパクトあっていいです。
真鯛の切り身も申し訳程度ではなく、たっぷり載せてあったし!
そして、パフェ。メニューの中では安い部類ですが、下からバニラアイス、大粒の各種クッキー、コーヒーゼリー、ラムレーズンのティラミス、そして上にはコーヒー豆を挽いた粉末と抹茶の粉末。
うまい! なんて美味しい店なんでしょー!!
絶対にまた行きたいお店です。
ちなみに、何故写真を撮らなかったかというと、なんていうかー、脚のいない時間帯で、あからさますぎて思い切りがなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中華に挑戦!

100516
友人を招いて、手料理をご馳走致しました。
普通に中華っぽい味付けの海老と野菜のうま煮とか、鶏の唐揚げとか。
今回挑戦したのは、海鮮焼売と小龍包!

海鮮焼売は挽肉と海老、ほたて、繋ぎにははんぺんを使います。
ちょっと味が薄かったかな? 蒸籠で蒸したのですが、味が逃げてしまったのかも? 同じ具でロールキャベツにするとうまみが凝縮されてイケますよ。

100516_3
そして、小龍包。
これがむちゃくちゃ難しかったです。
挽肉とネギに鶏ガラスープにゼラチンを混ぜて冷蔵庫で保存。
固めたあんを、……皮を作るのが大変なので、餃子の皮で代用。
しかして、24個分のはずが、皮に包んでみたら、まだあんが半分近く残っている。結局、四十個も作っちゃいました……。
それと、蒸籠で蒸したらあんが小さくなりまして、ぺたんこになっちゃった。やっぱり、皮も手作りしないとダメなのかな?
ゼラチンがとけてスープが出るハズなんですが、なんか熱で蒸発しちゃったみたい……。
味付けはお店のに近い感じだけど、スープが出ないとねえ。
皮も研究しなくちゃでした。

ご馳走した友人たちはちゃんと食べてくれたので、不味くはない。
しかし、野菜煮は残ったなあ。
やっぱり、肉料理の方が売れました。
小龍包はともかく、栗原はるみのHPにあった鶏の唐揚げはレパートリーに加えておこっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高島屋パティシェリア

100515
14人の人気パティシエの160種類のケーキからなる、日本初のケーキのセレクトショップです。
以前から気になってはいたんですけどね。
今回初です。
ケーキの種類が多くて、目移りしちゃいます。
なんてことでしょう~。
ショウウィンドウに並んだ色とりどりのスイーツたちは、まるで宝石のよう。
ここは高級ブティックのジュエリーショップ?
な感じですよ。
目移りしつつも、今回セレクトしたのは、この3点。

まずは、
キャラメルプリン。ま、特筆すべき所はありません。キャラメルと謳っているけれど、キャラメルソースのことだと思う。プリンはミニチュアの牛乳瓶に詰められています。生カスタードプリンにたっぷりの焦がしキャラメルソースがアクセント。

100515_2
タダシ・ヤナギの「ル ショコラ グラン クリュ」
ベルベットのようなブラウンのカカオパウダーによって包まれた、古代の天文台のよう。
見た目からしてもちろんチョコレートケーキ。
ビターなチョコレートムースのコートで全身を包んでいるわけですが、中身は結構おシャレさん。
お帽子はバニラビーンズのカスタードクリーム。首下のアクセサリーは甘酸っぱい木苺ソース。
濃厚なココアのスポンジのトップ、生チョコのスカート。
靴はなんと、アーモンドクラッシュチョコ。
割とチョコレートケーキに、ラズベリーなどのソースが組み合わせるパターンって多いんですよね。
私はこの甘酸っぱいのがそんなに好きではないのです。ほろ苦で、甘酸っぱくて、濃厚チョコ。一緒に食べるとバニラのクリームの味がわからない。ちょっと複雑な味です。
見た目で中身がわからないケーキなのでそこは問題外でしたね(苦笑)。

100515_3
あら、こちらもタダシ ヤナギのケーキですね。
その名も「カルディナル」
見た目はもちろん、その名前に惹かれました。萩尾望都の「カーディナル(枢機卿)」というマンガがあるんですけど、両者の意味は食い違うようですね。
ケーキの意味はもちろん、緋色の方なんでしょうけれど、ご覧の通り。
嬉し恥ずかし桃色のお嬢様、みたいな?
なあんて綺麗な春の妖精さんの帽子みたい。桜の頃は過ぎましたけど。
これは普通にスポンジかな? と苺、木苺、カシスで頭を飾っておりますよ。
ケーキは苺のムースでまとめてあるようですね。
シロップ漬けのスポンジの上にラズベリーのムース、その周囲を苺のムース、かな?そして、生クリーム。
全体がまとまっていて、バランスがいいですね。

次回ももし機会があったら、他のケーキを食べたいです。
でも、他のお店も試してみたいスイーツがたくさんあるんですよね。
高島屋の地下には。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月の読書

今月は頑張りました。1Q84の3巻はもちろん、恩田陸の理瀬シリーズを今後も追って行きます。

4月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:6324ページ

バクマン。 8 (ジャンプコミックス)バクマン。 8 (ジャンプコミックス)
マンガそっちのけに人間関係がこじれてるなあ。こういう展開もたまにはありだろうけど、実際問題本当にあるのだろうか?福田・蒼樹組は面白くなりそうですが、新妻・岩瀬組は足並みが揃うのでしょうか?どっちも意外な取り合わせで次回が楽しみです。「自ら才能がないと認めている」という編集長の言葉は、それはそれで編集担当者もコミで言っているんだろうなあ。墓穴掘ってる気がします~。まあ、描きたいことを描きたいだけなら、ネットで載せるのもアリなんだもんね。
読了日:04月30日 著者:小畑 健
幽霊たち (新潮文庫)幽霊たち (新潮文庫)
三部作の二作目。ガラスの街がよりシンプルになった印象。前作は見張る対象に人生を吸い取られて破滅した感があるが、今回は自己完結したことになるのだろうか? 破滅的な「ガラスの街」に比べても、今回はまだ行き先があるような気がする。最期の「鍵のかかった部屋」はどのような結末を迎えるのか、楽しみのような恐いような。
読了日:04月29日 著者:ポール・オースター
1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
前回まで二つしかなかったラインが三つに増えて、同時に進行しているかと思いきや、時間差があって、途中、三人とも実は違う世界に存在しているのではないかと疑った。互いのラインが触れあいそうになり収束していく。途中著者の注釈のような補足があって助かった。1,2の内容が多すぎて細部が思い出せなかったが、それもフォローされていたし。個人的には今回口数が多かった、タマルのことが気になる。今までのものを期待していると確かに印象が違うかも知れないけれど、~~ああ、上手く言えない!4が出ても出なくても-->
読了日:04月28日 著者:村上春樹
“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)
フライング。番外編だからいいかと思って、巡礼者よりも先に読んだ。
読了日:04月26日 著者:野村 美月
のだめカンタービレ(24) (KC KISS)のだめカンタービレ(24) (KC KISS)
かつてのカオスが戻ってきた~!この巻だけかと思ったけど、続くんだね。
読了日:04月26日 著者:二ノ宮 知子
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
図書館で借りたその本は、ハードカバーで古くページが抜け落ちたらしく、修理されていた。幾人もの読者が手にした本、それだけでこの物語の舞台が整ったと感じさせられた。閉鎖された学園という空間は、とても魅力的な場所であり、多くの作品で舞台に選ばれている。二度と取り戻せないノスタルジィ。物語が物語を生み出し、「三月は深き紅の淵を」の出来事の繰り返しは、理瀬の違和感にシンクロしていく。いつかこの物語は最初の場所へと戻っていくのだろうか?
読了日:04月25日 著者:恩田 陸
カイルの森 (角川文庫)カイルの森 (角川文庫)
小説と言うよりも、絵のない絵本のよう。教訓や説教と言うよりもメッセージなのかなと。
読了日:04月23日 著者:銀色 夏生
野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)
「ロンドンは」と書かれると名前に読めない。犬の習性とかそれは考慮されているのだろうけれど、飼い犬が野生化するのはファンタジーなんだろうか? 犬の話ではあろうが、血肉湧き踊る男の物語だ!犬のハードボイルドというには語弊があるだろうか?
読了日:04月22日 著者:ジャック ロンドン
詩羽のいる街詩羽のいる街
さすが山本弘!ちょっとマニアックだけど。妖魔夜行の頃からそのスタイルが変わっていない気がするのが嬉しい。詩羽の視点からはなにも書かれていないのもいい感じなのかな。全体を通していろんなギミックが効いていて、「鍵開け」の謎が解けたときには仰天した!作中の作品に心当たりがあるとニヤリとしてしまう。その読書の幅広さも脱帽。そういう街、そういう女性が存在したらいいと思う。だけど、読者一人一人がそれを目指してくれるといいとおもっているんだろうなあ。
読了日:04月21日 著者:山本 弘
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
やっぱしお父さんは、あの人なのかなあ?あの頃の女の子はそう、ああいう感じ。しかし、歯の話はやたら新鮮に感じた。あのかのこちゃんも、中学生くらいになると今時の女のコになるのかなあ。マドレーヌ夫人、今度はうちに来て欲しい。
読了日:04月20日 著者:万城目 学
“本の姫”は謳う〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)“本の姫”は謳う〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)
過去と現在が繋がり、見事に未来に繋がりましたね。
読了日:04月20日 著者:多崎 礼
IX(ノウェム) (電撃文庫)IX(ノウェム) (電撃文庫)
金庸かー。以前から興味はあったんですが、そこまではちょっと。長いもんね。タイトルの意味がわからないんですが、やはり続きが気になります。
読了日:04月19日 著者:古橋 秀之
三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
「本好きにはたまらない」との書評から拝読。納得。こんな本があったらたまらんね!作中の「三月は~」も読んでみたい。物語は本の探索から、作者を捜す女二人、女二人の確執、そして・・・と別々の関係ない物語でありながら、前章を歪めて再現し、より破滅的なカタルシスへとなだれ込んでいく!
読了日:04月18日 著者:恩田 陸
“本の姫”は謳う〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)“本の姫”は謳う〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)
<文字>の数が多いのが気になる。展開がもたつくような感じがする。これだけ<文字>があることにどんな意味があるのか、それが気になる。すべての文字が集まれば、それこそ人間一人が出来上がる。姫が宿る本がなんなのかわかっていても、正体がまだ不明。最終巻に期待。
読了日:04月16日 著者:多崎 礼
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
遠子先輩出番が減ったなあ。映画のオペラ座の怪人を観たくなりました。「ファントム」もいつか読みたい。毎回毎回古典に当てはめられた少女たちが不幸なことになるのですが、今回は心葉君の物語なのかな。シリーズ通して、先輩から後輩へと受け継がれていくのか。
読了日:04月12日 著者:野村 美月
“本の姫”は謳う〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)“本の姫”は謳う〈2〉 (C・NOVELSファンタジア)
過去と未来がスパイラルを描き、次第に近づいていく気がする。だいたい、どういう配役なのか予想は出来ているけれど、もしかしてどんでん返しがあるんじゃなかろうかと考えています。
読了日:04月09日 著者:多崎 礼
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
図書館にあったので読んでみました。CMにも出たし?もっと若い頃に読んでいれば面白かったのだろうけれど、こういう組み合わせは食傷気味。もう7年も前に登場した作品で、その当時は新しかったんだろうなあ。っていうか、SFだったんだね。
読了日:04月08日 著者:谷川 流
“本の姫”は謳う〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)“本の姫”は謳う〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)
実はSFパターンなのカシラ? 双子ネタは実は嘘でレッドは一人しかいないんじゃないかと深読みしてました(汗。アンガス、罠だから気をつけて!みたいな。次巻、アンガス故郷に錦を飾れるのでしょうか?
読了日:04月06日 著者:多崎 礼
四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
なんだか、毎作主人公の性格やら設定が同じ気がするのですが。でもって、パラレルなもんで、さらに似たような主人公が増殖されている~。アニメ化されるというので、やはり読みました。明石さんがどんな悲鳴を上げるのか、期待しています。毎回違うパターンなのか、同じパターンなのか……。
読了日:04月04日 著者:森見 登美彦
ラギッド・ガール 廃園の天使 2 (ハヤカワ文庫 JA ト 5-3) (ハヤカワ文庫JA)ラギッド・ガール 廃園の天使 2 (ハヤカワ文庫 JA ト 5-3) (ハヤカワ文庫JA)
グランヴァカンスの裏側を垣間見ることが出来たのだから、これは凄い。グラン・ヴァカンスのAIたちが逆立ちしたって視ることが出来ない、背景、成り立ちと崩壊が目の前に転がり込んでくる。それなのに、この世界の深さと広さにまだまだ隠された因子があるのだと思うと次回作が待ちきれない。
読了日:04月02日 著者:飛 浩隆
DEFENSE DEVIL 4 (少年サンデーコミックス)DEFENSE DEVIL 4 (少年サンデーコミックス)
読了日:04月01日 著者:尹 仁完,梁 慶一
新世紀エヴァンゲリオン 12 (角川コミックス・エース 12-12)新世紀エヴァンゲリオン 12 (角川コミックス・エース 12-12)
ゲンドウの気持ちがわかりやすくて良かった。お願いだから、連載を続けて引っ張らないで欲しいー!
読了日:04月01日 著者:貞本 義行

読書メーター

noblesse oblige
今後も読書家たらんことを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »