« 床下の小人たち | Main | 7月の読書 »

エレメンタラー!?

いや、エアベンダー、を観てきました。
「ロードス島戦記」や漫画「エレメンタラー」のファンである個人的には、とーーーーーっても楽しみにしていた映画です。
ネットで情報を検索しましたところ、いろいろヤバイ情報が出てきていました……。

①三部作であること!?(第一章水の表示)
②原作は、海外アニメであること!?(大人気アニメらしい)
③海外の興行収入よろしくないらしいこと!?
④本来は「アバター」というタイトルだったこと!?

なんてこった!?

あと、加えるならばなんで3Dの公開なんだろうか?
自分は、あえて2Dで観ました。3Dはアリスで懲りたので。画面が暗くなるしね。

マイナス要素としては、やっぱり三部作ってことかなあ。
ぶっちゃけ、ファンタジー映画の人気は下火の様子。
ハリー・ポッター第七作、パート1の公開は今年の秋に決まったようですし、ナルニア物語も次回作は決まったようですが、
他の三部作「黄金の羅針盤」、「エラゴン」のシリーズはそのまま続編はなさそうな様子だし……。
この「エアベンダー」も二の舞になりそう!

なんでこんなに焦っているかというと、自分的には鳥肌モノの映画だったんですよね。
気、水、土、火、それぞれのエレメントを操ることが出来る能力者ベンター。その頂点に立つ四つすべてを操ることが出来るアバター。
しかし、選ばれた少年はその重責に耐えられず家出!? 氷の中に閉じこめられて、気付いたら100年経っていたという、ギャグみたいな導入部。
ストーリーは、そりゃアニメシリーズを100分弱に圧縮しているんですから、登場人物たちの内面を十分に映し切れていないし、かなりダイジェストな感じになっています。その分展開が早いので、中だるみすることもないのですが、観ている方は世界観にとけ込めずに置いてきぼりを喰らうでしょう。
自分は、そういうファンタジー経験値がそれなりに高いので、そういうことはありませんでした。

そういう意味では、ストーリーがまとまっていた「アリエッティ」に軍配が上がります。

しかし、それを補って余りある、ベンダーたちの戦いは美しい!
主役はもちろん、主要登場人物たちは、武道を習得した役者たち。
その彼らが美しい所作で太極拳のような套路を舞えば、風が渦巻き、水が踊り、炎が矢となって降り注ぐ!
思わず「ロードス島戦記」を思い出して「ファイアボルトだ! ウォータースクリーンだっ!」ってなもんですよ。その度に鳥肌が立ちました(単にエアコンが寒かっただけか?)。
主人公であり、アバターの少年アンが宙返りすれば氷が割れ、くるりとターンすれば風が吹く。
棍棒が扇子のように広がり、巨大な凧となって、忍者のように宙を舞う。
ストーリーとしてはまだまだこれからなので、是非ともシャマラン監督には頑張って貰って、第二部、第三部と続けて欲しいですね。

なかでも注目したいのが、アン少年を追うズーコ王子。
役者は「スラムドッグミリオネア」の主役を演じた方です。あの役からオファーが殺到したのですが、なかなかに踏ん切りがつかなかったようで、今回敵役でありながら好演しております。
火の国の王子でありながら、アバターを捕らえなければ帰ってくるなと父王に命じられて国を追放されました。
見たところかなり優秀なのですが、彼よりも妹の方がベンダーとしての能力が高い様子。
父王の方はどうやら、息子を千尋の谷に突き落としたつもりのようです。しかし、ズーコの方はただただ屈辱と自身の不甲斐なさに苦悩しています。
そんなズーコを見守っているのが、王の兄。なにやら、弟に王座を奪われた様子。そういう背景もあってか、ズーコ王子の旅に付き合っているのですが、秘めた力を持っているっぽいよ……。

というわけで、伏線一杯。

気だけではなく、水を操る能力も会得したアン。
第二部が無事制作にこぎ着き、土の力を習得しますように。

|

« 床下の小人たち | Main | 7月の読書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/48917307

Listed below are links to weblogs that reference エレメンタラー!?:

« 床下の小人たち | Main | 7月の読書 »