« 7月の読書 | Main | 8月の読書 »

インセプション

ウルトラバロック・デプログラマー!!

今日は暑かったですね。前二日が曇りだったので、特にそう感じます。
職場にはクーラーが無く、扇風機が回っているのですが、それでも屋根があるだけましなのかも……。
交通整備や出勤日のサラリーマンのみなさんを見ていると、まだ屋根があるだけましなのだろうかと思いました。

それはともかく、「インセプション」を観てきました。
ファーストデイの日曜日だし、もちろん朝っぱらから映画館はメチャ混み! 目的の映画は特に二時間二十四分の大作ですが、そんなに疲れませんでした。画面を食い入るように見ていましたよ!
久々に観ていてドキドキハラハラしちゃいました!
面白かったです!

内容はまあ、他人の夢に入り込んで企業秘密やアイデアを盗むという特殊能力を持つコブ(レオ様)が、サイトー(渡辺謙)から仕事を依頼されるワケなんですが、コブはその能力故に精神的に問題を抱えており~、それが仕事に支障をきたすー、みたいな。

日本にも夢の世界を題材にした作品があります。
アニメ映画ですが「パプリカ」なんかがそうですね。あれはただ、夢に入り込んだパプリカの想像力がめいっぱい駆使されています。
この映画では、夢の世界は無限大だけれど、現実にあまりにそぐわないと、標的に自分が今夢の世界にいるということがバレてしまう、ということで夢の世界の自由度が現実のレベルに抑えられています。

にもかかわらず、何重にも張り巡らされる夢の世界独特の仕掛けがあって、楽しませてくれます。
夢の舞台を整える設計士や、夢に入り込みやすくする薬を作る調合師など。
仕事で夢の世界に入り込んでいくチームの前に、コブのトラウマが邪魔をする。

ところで「解体屋外伝」という小説があります。こちらは絶版かな。
ただコミック化されていて「ウルトラデバック・デプログラマー」という作品があります。
こちらは夢の世界と言うよりも、相手の記憶の世界に入り込んで、情報の捏造や記憶の改ざん、つまり洗脳をする能力者たちの話なんですが、こちらの話が「インセプション」と雰囲気が似ている気がします。
それにラストシーンも、やっぱりきたかと思った通りの退きでぞくっとさせてくれます。

多少、観る側にも想像力を必要とする映画で、上記の作品や「マトリックス」シリーズが好きな人にはお勧めな感じでした。

ちなみに、気になった役者は「ジョセフ・ゴードン=レヴィット」。コブの相棒アーサー役、でいいのかな?
能力的にはそつなくいろいろとこなす感じで、器用貧乏? 作戦の要となります。レオ様や渡辺謙ががたいいいので、かなり細身に感じられるのですが、仲間を守って一人で奮闘したりして、格好良かったです。

今月はまた、「ソルト」「魔法使いの弟子」などを見にいく予定。
「Aチーム」はどうしようかと迷い中。予告編を観るとなんとなく面白そうなんだよねー。ただ、予告編だけで見せ場全部出してんじゃないかと心配です。

|

« 7月の読書 | Main | 8月の読書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/49030928

Listed below are links to weblogs that reference インセプション:

« 7月の読書 | Main | 8月の読書 »