« そんな言い方ないんじゃない? | Main | 月光茶 »

上野のシャガール

本日は上野デーでした。

上野の「シャガール美術展」には行きたかったのですが、遠いのでなんとなく敬遠していました。
なんとなくHPを巡っていると、御茶屋さんのHPで上野でお茶会が開催されるという告知が!
とはいえ、すでに8月に発表があったようで、気付いたのは木曜日。
慌てて問い合わせしたら、後半の部に空きがあるとか。
ちょうど、西洋美術館でも「カポディモンテ美術館展」がやっているので、一日で全部すませることにしました。

こういうところで電車賃をケチる自分に乾杯。

とはいえ、やはり強行軍。
美術展はどちらも閉展が近づいています。前回のオルセーでは失敗したので、最悪シャガールのみでもと、それでも充分余裕を持って出掛けました。
が!
今日はすきすきでした。
なーんだ。

シャガールは、初期の作品も置いてあったのですが、シャガールだけじゃないんですね……。
ロシア人の作品が多かったように見うけられます。
シャガールって好きなんですけど、ロシア人とは知らなかった……。
なんかちょっと地味でした。
シャガールの絵って、シルクドソレイユのサーカスみたい。赤、青、黄色と、「魔笛」の舞台のデザイン画も置いてありました。
とりあえず、売店でシャガールの絵の切手シートが手に入ったので満足。

並ぶ時間を想定して予定を立てていたので、おおいに困った。
美術館を梯子することになるなんて、情緒もへったくれもあったもんじゃない。
「カポディモンテ美術館展」へ。
実際、こっちの方が面白かったです。ナポリ・宮廷と美をモティーフにした絵画の数々、その当時の風刺も効いていました。
キリスト教やギリシャ神話を題材にした絵も数多く、楽しめました。
でも、案外とマンガっぽい絵が多かったよーな。こちらでもポストカードを購入して、上野駅で大型ハンバーガーを食べました。

お茶会は3時からなので、大分時間があまりました。
とりあえず、アメ横散策。
重量挙げ選手みたいな親父さんたちが、野菜やら魚やらを売っていてウケた。松茸も一本1000円で売っていました。
案外、靴屋が多いんですね。
いろんな匂いが混じり合っていて、ちょっと気持ち悪くなったので退散。
マルイにまで立ち寄り時間潰し。
そこのブランドの洋服を着ていたので、お店の人に発見されました。
こういう店員さんはちゃんとしていると思います。時間潰しに申し訳ないと思いつつ、お勧めされた服を羽織ってみる。
うーむ、なんでこうして店員さんに着せて貰うと似合うのに、家で着てみると違うんだろう?(苦笑)
予算もないし、このあとまだ移動するので、店員さんの名刺をいただいて、退散。
なるほど、店長さんだったんだ。
一階に、ラッシュが出店したばかりというので、入浴剤を購入。
一回分が五百円なんて高価すぎる。

道に迷いつつ、ケータイで地図を検索しながら、どうにかお茶会会場にたどり着きました。
今回のお茶を淹れてくださるのは、さる教室の生徒さんたち。だいたいが半年ほど勉強されてきた方々のようです。
会場には今回のテーマにそった盆栽と、そして和菓子が用意されていました。
茶席はそれぞれ茶葉も違い、六席設けられていました。
それぞれ、先生がセッティングしたそうですが、かなり洒落ていて、センスもいいですね。まだ、お若いのにさすがです。
自分はまだ飲んだことのない、「福寿山烏龍茶」「沙里仙烏龍茶」そして「東方美人」をいただきました。
本当は二十年熟成の東方美人もあったのですが、……そちらはやはりかなりの人気で……。
「沙里山烏龍茶」は栗の香りがして気に入ったのですが、今日はすでに随分と散財しましたし、家にもまだたくさん茶葉が残っているので、今回は諦めました。
いずれまた出会うことがあるといいなあ。

とにかく今日はくたくたです。

|

« そんな言い方ないんじゃない? | Main | 月光茶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/49430030

Listed below are links to weblogs that reference 上野のシャガール:

« そんな言い方ないんじゃない? | Main | 月光茶 »