« 上野のシャガール | Main | 蒼穹のファフナーかヒロイック・エイジか »

月光茶

中国茶って……、カテゴリーはグルメじゃなくて文化・芸術になるんだろうか?

今日は思い立って、自由が丘に行ってきました。
以前から行きたいと思っていた、「迎茶」という御茶屋さんです。
岩茶や鳳凰単叢にこだわりがあるようす。
自由が丘から、横浜まで一本だし帰りはそっちを回って帰ろうと思い、午前中に出掛けました。
開店時間には入店出来る予定だったのですが……。
今日はお茶会があるので、開店時間が遅れるとのこと。
がーん!!
あと、一時間半もあるじゃん!?
予めHPをチェックして出てきたのですが、改めて確認してもイベントがあることは書いてあっても、時間の変更などは皆無。
……
………
…………
このまま横浜に向かうことも考えましたが、どう考えても電車賃がもったいない!!
幸い、自由が丘は賑やかなところなのであちこちお店を覗いたり、遊歩道のような通りに並んだベンチに座って本を読んで時間を潰しました。
こう言うとき、読書が趣味だと時間を無駄にしないですみますね。
ちなみに今読んでいるのは、綾辻行人の「another」。分厚いので重たいのですが、これで正解でした。

そんなこんなで、再びお店のある奥沢へ。
お店は二階建てのこじんまりした感じ。店主は正直主婦って感じの方です。ランチを注文すると、飲みたいお茶が飲めないので、角煮包と月光茶を注文。
月光茶は、木柵鉄観音に似た感じのお茶で、生産地もそこ。製法に弱冠違いがあり、あっさりしている模様。
茶葉も鉄観音や鳳凰単叢よりもさらに大振りです。製造過程で月光を浴びせているとか。
でも、こないだの講習会の先生はそんなのは「ナンセンスだ」と仰っていましたが。

|

« 上野のシャガール | Main | 蒼穹のファフナーかヒロイック・エイジか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/49497915

Listed below are links to weblogs that reference 月光茶:

« 上野のシャガール | Main | 蒼穹のファフナーかヒロイック・エイジか »