« インセプション | Main | そんな言い方ないんじゃない? »

8月の読書

あ、ラノベが戻ってきてる。とはいえ、召喚教師、フルメタと最終回ラッシュだからな。9月はフルメタの最終回。
8月のヒットは、アガサ・クリスティーです。冊数が尋常ではありませんが、おいおい追います。

8月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:6290ページ

召喚教師リアルバウトハイスクール19 (富士見ファンタジア文庫)召喚教師リアルバウトハイスクール19 (富士見ファンタジア文庫)
初っぱなエスカフローネにやられた。「たった七ヶ月前」14年じゃい!の歳月に、自分も年取ったワイ。さらに電王にエヴァ?にてんこ盛り。18巻がハイテクでSFな話だったので、ついていけなかったが虎があの頃の熱を思い出させてくれて良かった! なにしろ、魔王との戦いは終わった後だったしね!ひとまず2冊の表紙を並べて拝んでおきます。
読了日:08月31日 著者:雑賀 礼史
召喚教師リアルバウトハイスクール18 (富士見ファンタジア文庫)召喚教師リアルバウトハイスクール18 (富士見ファンタジア文庫)
ついてけねー。余計なこと詰め込みすぎな気がするなあ。途中があんなに薄かったから、急に厚くなられてもなー。
読了日:08月29日 著者:雑賀 礼史
プリズン・トリックプリズン・トリック
最初は読む章ごとに視点の人物が変わって困惑した。登場人物の多さが気になったが、その後次々に二転三転して引き込まれていったが、膨らんでいった風船が破裂したと言うよりも、萎んだ印象がぬぐえない。結局真犯人の目的がなんだったのかわからないんですけど。最後に呟かれたあの人。「ほんとにどうして?」と言いたくなる。
読了日:08月29日 著者:遠藤 武文
神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)
女の戦い。意外にも初なのですよね。努力と根性のバルサVS天才肌のシハナ。二人の明暗を分けたのは、なんだったのだろう? 信念? ただ子供たちのことを真摯に考えた用心棒と、国の先行きを憂えた策士。しかし、シハナにあったのは己の能力を存分に使いたいという、自己顕示欲だったのかもしれませんね。昔ハードカバーを読んでいたけれど、何故かシハナは手首を切り落とされていると思いこんでいた。あれは、梟の城?
読了日:08月25日 著者:上橋 菜穂子
悼む人悼む人
重たいテーマ。読んで感じたことも、こんなに言い表すのが難しいこともないでしょう。誰にもわからない死後。死と向き合うのは難しい。何も残らないはずなのに、生きてきた年月の分だけしがらみがつく。死んだら、残された人々が残る。最初の悼む人と雑誌記者の問答は、雑誌記者の存在の矛盾をさらけ出しましたが、その後彼はただ記者ではなく、蒔野という人物であることを知ることが出来ました。自分が死に直面したとき、悼む人がいてくれたらと?きっとそう簡単には割り切れない。それでも救いを欲しがるのだろうと思いました。
読了日:08月21日 著者:天童 荒太
神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)
バルサのチャグムを回想するシーンがないのが寂しい。でも、チャグムは別で自分の人生歩んでいますから、バルサも頑張らないと。何十年、何百年に一度の世界イベントに遭遇する運命の女用心棒。今回は殺戮兵器!?戦うのではなく、やはり今回も守り人となるも、身代わりに人質となったタンダの運命やいかに!?みたいな
読了日:08月18日 著者:上橋 菜穂子
ももいろの童話集 (アンドルー・ラング世界童話集 第5巻)ももいろの童話集 (アンドルー・ラング世界童話集 第5巻)
似たような物語にヴァリエーションが多いですね。なかにはちぐはぐで意味がわからないものがあったり、もしますけれど。延々と物語は変化しつつも、元の型は留めて伝えられていくのでしょう。
読了日:08月16日 著者:
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
度肝を抜かれた!興奮した!! さすがミステリの女王、脱帽です。こんなことを一番最初にやり遂げたからこそ、名が残るのですね。
読了日:08月13日 著者:アガサ クリスティー
ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
読者メーターモバイル機能、便利だね。大団円を迎えたけど、続くワケでどうなるのか、楽しみです。
読了日:08月12日 著者:川原 礫
ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
ソードとフェアりぃのシステムの違いがよくわからないけど、面白いから。ところで、酷い誤植があったなあ。
読了日:08月11日 著者:川原 礫
せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)
死亡フラグきたー!! 積読本。ほうっておいたと思ったら、あれ? 表紙が違うよ? みんな同じ誕生日? なんだかトンデモ話になってきたなー。最初から登場していたウィスパードからしてそうなんだから、当たり前なんだけど。でもやっぱり、自分は番外編のドタバタが懐かしい。
読了日:08月10日 著者:賀東 招二
龍は眠る (新潮文庫)龍は眠る (新潮文庫)
時代はポケベル全盛期? 有名すぎて逆に敬遠していた作家さんなんですが、これから古い作品から拾っていきたいと思いました。派手なサイキックバトルではなく、そこはあくまで人間同士のエゴとエゴのこすれあい。サイキックじゃなくても、第三者のことをとやかく言う人は、好かれませんけどね。
読了日:08月08日 著者:宮部 みゆき
ローゼンメイデン 3 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 3 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:08月07日 著者:PEACH-PIT
D.Gray-man 20 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 20 (ジャンプコミックス)
過去覗きエピソードかー。
読了日:08月07日 著者:星野 桂
PSYREN-サイレン- 12 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン- 12 (ジャンプコミックス)
読了日:08月07日 著者:岩代 俊明
バクマン。 9 (ジャンプコミックス)バクマン。 9 (ジャンプコミックス)
服部さん、最近年の差カップルはやってますよー。台詞が多いので、なんだか字幕映画を見ている気分になります。漫画家の群雄割拠、天下取りのために漫画を描く武将たちに、彼らを補佐する軍師は編集者! 服部氏はさながら戦場をひっかきまわす、灰色の魔女か?
読了日:08月04日 著者:小畑 健
“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)
蟹工船、……読む気になれない!! 「ムギと王様」は探してみよう。流人の執事は格好いいのか? 裸にエプロンならいざ知らず。いや、きっとそうだったに違いない!?
読了日:08月03日 著者:野村 美月
ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・ジェネシス(4)  創世のメモリアル (富士見ドラゴン・ブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・ジェネシス(4) 創世のメモリアル (富士見ドラゴン・ブック)
ダブルクロスって、結構プレイヤーの演技力が要求される感じなのだよねー。
読了日:08月01日 著者:伊藤 和幸,F.E.A.R.

読書メーター

|

« インセプション | Main | そんな言い方ないんじゃない? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/49318260

Listed below are links to weblogs that reference 8月の読書:

« インセプション | Main | そんな言い方ないんじゃない? »