« コレクタぶるデミ | Main | おやすみラフマニノフ »

11月の読書

11月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:5827ページ

チャンネルはそのまま! 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)チャンネルはそのまま! 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
なにか問題があればそこに解決出来る人たちが集まってくるとか。その台風の目が雪丸花子なのかもしれない!!
読了日:11月30日 著者:佐々木 倫子
“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)
反町いいじゃん。詩を理解出来るなんて、ただものじゃない。アトラスのことがわかるなんて……、しっかし、面白いねえ。概ね本編の裏話なわけですが、それだけではなく森ちゃんの恋だとか、別の視点で見ると世界が広がりますね。
読了日:11月28日 著者:野村 美月
小さいおうち小さいおうち
戦時中の物語。語り手はかつて女中であったタキで、読み手は甥の息子。その甥がことあるごとに、自身の知識と大伯母の物語の食い違いに意見するわけですが、当時の人々にとっては戦争が遠い出来事のように思われるのだと実感されました。歴史の授業で取り揚げられる大きな出来事、しかしその影で日常の人々の生活がどうであったのか垣間見れた気がします。時が経るごとに、歴史が色褪せ、教科書の内容が脚色されていくのだから、今現代騒がれている時勢の影で自分がこうして暢気に本を読んでいることなど、後世の人は思いもしないのでしょうね。
読了日:11月27日 著者:中島 京子
ALICETOPIA(アリストピア)ALICETOPIA(アリストピア)
シュールすぎる!! 不思議の国のアリスのオマージュ?
読了日:11月27日 著者:天沼 春樹
神去なあなあ日常神去なあなあ日常
図書館では児童書に分類されていました。山は不思議な世界と言うところと、過酷な労働の割りに村の穏やかで和やかな雰囲気に、ほんわかしてました~。
読了日:11月26日 著者:三浦 しをん
死がふたりを分かつまで 13 (ヤングガンガンコミックス)死がふたりを分かつまで 13 (ヤングガンガンコミックス)
そこで終わるのかああああああああああっ!?
読了日:11月25日 著者:たかしげ 宙
ゼルプの裁き (SHOGAKUKAN MYSTERY)ゼルプの裁き (SHOGAKUKAN MYSTERY)
集中して読めなかった。なんか……ハードボイルドなのか?ちょっと歳を食い過ぎなんだよなあ。
読了日:11月24日 著者:ベルンハルト シュリンク,ヴァルター ポップ
金剛番長 2 (少年サンデーコミックス)金剛番長 2 (少年サンデーコミックス)
読了日:11月21日 著者:鈴木 央
金剛番長 1 (少年サンデーコミックス)金剛番長 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:11月21日 著者:鈴木 央
深夜食堂 6 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 6 (ビッグコミックススペシャル)
お茶漬けシスターズ、鮭に白胡麻ふるといいですよ。
読了日:11月20日 著者:安倍 夜郎
深夜食堂 5 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 5 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:11月20日 著者:安倍 夜郎
深夜食堂 4 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 4 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:11月20日 著者:安倍 夜郎
深夜食堂 3 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 3 (ビッグコミックススペシャル)
ちょくちょくみんな顔を見せてくれるけど、店の顔ぶれが新しくなっていくのも、面白いです。
読了日:11月20日 著者:安倍 夜郎
深夜食堂 2 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 2 (ビッグコミックススペシャル)
マジでっ!?と何度も思う(笑
読了日:11月20日 著者:安倍 夜郎
オトメン(乙男) 11 (花とゆめCOMICS)オトメン(乙男) 11 (花とゆめCOMICS)
読了日:11月20日 著者:菅野 文
ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)
紫織お嬢様ー!!やり方が古典的過ぎるっ!!
読了日:11月20日 著者:美内 すずえ
ガラスの仮面 45 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 45 (花とゆめCOMICS)
あゆみお嬢様ー!!
読了日:11月20日 著者:美内 すずえ
PSYREN-サイレン- 13 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン- 13 (ジャンプコミックス)
複雑だから、漫喫で追うのも限界があるなあ
読了日:11月20日 著者:岩代 俊明
天上天下 22 (ヤングジャンプコミックス)天上天下 22 (ヤングジャンプコミックス)
途中で設定を作りすぎて、何をしたかったのかわからなくなっちゃったとか? 話が長くなると、それ相応の大団円って難しくなるよねえ。
読了日:11月19日 著者:大暮 維人
ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
これは精神論なんでしょうか? 気の持ちよう。確かに大事なことなのだが、この手の本を何冊読もうとも変わらない自分っていったい……。本当に基本的なことで、生活や仕事、いろいろな場面で活用出来ると実感。確かに二十代の内に読んでおきたかった。「人が良くなろうと思わないのを見て、傷ついた」ことがあるので、ひとしおです。でも、待っていてあげなければならないのですね。あるいは、この本を薦めるとか。
読了日:11月18日 著者:本田 健
旅をする木 (文春文庫)旅をする木 (文春文庫)
蒼井優がテレビでお勧めしていた本。最初は手紙だったのがエッセイになっていく。その文章から、とても優しい印象があったのだけれど、まさか十代で単身アメリカに乗り込む度胸の持ち主だったとは!熱血冒険野郎? アラスカの広さと静けさとあるけれど、著者はそうした壮大な方なんでしょうね。作中、度々厳しい自然界で命を落としていく故人が惜しまれていましたが、今その寂寥を読者である自分が感じることになるなんて、哀しすぎます。
読了日:11月15日 著者:星野 道夫
結界師 31 (少年サンデーコミックス)結界師 31 (少年サンデーコミックス)
時音の出番がまた少なくなる感じなのが残念だなー。でも、どでかい見せ場がありそう。
読了日:11月13日 著者:田辺 イエロウ
結界師 30 (少年サンデーコミックス)結界師 30 (少年サンデーコミックス)
読了日:11月13日 著者:田辺 イエロウ
ワーキング・ホリデーワーキング・ホリデー
テンポ良く軽くさらりと読めて、グッくる。リヤカーさすがに、最初から自転車ついてるだろ(苦笑)。マジ接客業って大変だと思うし。最近じゃ、ブックオフとか自宅に取りに来て貰うから、家に上げないといけないしね。そういうのは、店側もこっちも緊張するよねえ。って関係ないか。
読了日:11月10日 著者:坂木 司
屋上ミサイル (このミス大賞受賞作)屋上ミサイル (このミス大賞受賞作)
青春小説ですね。偶然が重なり最後の事件解決に繋がるのですが、カタストロフィには乏しい。始終テンポのよい展開だったので、逆にドミノ的な勢いが死んでしまったかなと思います。国重は格好いい。あとは、アカネにもう少し可愛げがあればなー。二人はお似合いだと思います。
読了日:11月08日 著者:山下 貴光
レベルE (下) (集英社文庫―コミック版)レベルE (下) (集英社文庫―コミック版)
ゴールデンハンマー!!無駄に設定が凝っていて展開していたのに、あっけない終わり方。潔くて好き。あと、どうしても背景とか気になって観ちゃう。ちゃあんと、かいてあるのっかなあん、うふっ! キャラも超丁寧な感じが、……キケンだね!MIBバンザイ、こんな面白いものが、……アニメ化って本当?
読了日:11月07日 著者:冨樫 義博
レベルE(上) (集英社文庫―コミック版)レベルE(上) (集英社文庫―コミック版)
大昔に借りて読んだ記憶があるのだけれど、断片的で「こんなだったっけ?」と。なんだかしらないけど「アブノーマル」がかなり印象に残っていた。にしても、絵がとても上手だ……。クラフト氏がエライ男前だし、カラーレンジャーってなんかHXHの前身だったのかな、とか。これってバクマン?とか、なんかいろいろ思いめぐらせることが出来て楽しかった。
読了日:11月07日 著者:冨樫 義博
血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)
読了日:11月07日 著者:内藤 泰弘
阪急電車阪急電車
今までの作品の題材が、小ネタとしてちりばめられている気がして、それがなにかの仕掛けのように思えて楽しかったです。人と人との出会いが、こんなに簡単にいくものとは思えないんだけれど、こうあって欲しいと思ってしまう。日本人って、自分も含めてまだまだ引っ込み思案なところがあると思うから~。あと一歩どころか、あと五歩くらい踏み出したいところです。
読了日:11月05日 著者:有川 浩
灯台守の話灯台守の話
よくわからなかった。ジキルとハイドの話とは、違う気がするのです、ってちゃんと読んだことないんだけど。二重生活を題材にした作品はあるけれど、やはり真実の愛はどこにあるのかということになる。この物語は……、その辺りが複雑になり、感情移入しがたかった。
読了日:11月03日 著者:ジャネット ウィンターソン
ふわふわポリス (フラワーコミックスアルファ)ふわふわポリス (フラワーコミックスアルファ)
あらら、これでおしまいかー。年下の彼とどうにかならなかったですね。玉の輿とかさー。箸休め的な?
読了日:11月01日 著者:西 炯子

読書メーター

|

« コレクタぶるデミ | Main | おやすみラフマニノフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70900/50209919

Listed below are links to weblogs that reference 11月の読書:

« コレクタぶるデミ | Main | おやすみラフマニノフ »