月光茶

中国茶って……、カテゴリーはグルメじゃなくて文化・芸術になるんだろうか?

今日は思い立って、自由が丘に行ってきました。
以前から行きたいと思っていた、「迎茶」という御茶屋さんです。
岩茶や鳳凰単叢にこだわりがあるようす。
自由が丘から、横浜まで一本だし帰りはそっちを回って帰ろうと思い、午前中に出掛けました。
開店時間には入店出来る予定だったのですが……。
今日はお茶会があるので、開店時間が遅れるとのこと。
がーん!!
あと、一時間半もあるじゃん!?
予めHPをチェックして出てきたのですが、改めて確認してもイベントがあることは書いてあっても、時間の変更などは皆無。
……
………
…………
このまま横浜に向かうことも考えましたが、どう考えても電車賃がもったいない!!
幸い、自由が丘は賑やかなところなのであちこちお店を覗いたり、遊歩道のような通りに並んだベンチに座って本を読んで時間を潰しました。
こう言うとき、読書が趣味だと時間を無駄にしないですみますね。
ちなみに今読んでいるのは、綾辻行人の「another」。分厚いので重たいのですが、これで正解でした。

そんなこんなで、再びお店のある奥沢へ。
お店は二階建てのこじんまりした感じ。店主は正直主婦って感じの方です。ランチを注文すると、飲みたいお茶が飲めないので、角煮包と月光茶を注文。
月光茶は、木柵鉄観音に似た感じのお茶で、生産地もそこ。製法に弱冠違いがあり、あっさりしている模様。
茶葉も鉄観音や鳳凰単叢よりもさらに大振りです。製造過程で月光を浴びせているとか。
でも、こないだの講習会の先生はそんなのは「ナンセンスだ」と仰っていましたが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国茶器

六本木ヒルズのボストン美術館展を見てきました。
本当はオルセー美術館展を見たかったんですが、あれは来週からなんですよね。
都合がつかないので致し方ありません。
自分、そんなにじっくりゆっくり穴が開くほど見る方ではなく、ささっといくほうなのでそんなに時間はかかりません。モネやミレーの絵はがきと、付箋を購入。

帰りに渋谷の茶館に寄りました。
お茶好きの友人がおりまして、紅茶からコーヒーまで飲むんですよね。でもってこのお店も紹介してもらっていました。渋谷方面に定期券があったので、ちょっと足を伸ばすつもりで以前は結構な頻度で行っていたのですが、今は足が遠のいてしまいました。その時は、もちろんお店が用意してくれた茶器でお茶を楽しみ、簡単な飲茶を摘んだりします。自分は、乾燥いちじくが大好きです。萎れたちっちゃなタマネギみたいな感じですが、うまみが凝縮していて、つぶつぶの種がいいんです。

自宅では中国茶のティーパックでまかなっていたのですが、やはりちったあ本格的なのが呑みたい。
紅茶も入れるのは難しいのですが、中国茶もお作法や茶器があるのですよ。

なんで、自分専用の茶器を購入しました。
陶器と磁器があるんですけど、陶器はお茶の匂いがしみつくので、茶葉ごとに専用にする必要があるのだそうです! 本当に贅沢なお品なんですね。洗剤なんかじゃ洗っちゃダメなんですよ。
磁器だとそういう心配はないようですが、正直お店にあるデザインは好みじゃない。
なので耐熱ガラスのものをチョイス。
100521

左から、茶壺、茶海、手前が茶杯です。
茶壺(ちゃふ)は急須のことです。小さいでしょ? 茶葉も日本茶と違って細かくないんです。大きいので、急須に大きな茶こしは必要ないんですよ。
で、小さいから淹れたお茶を一時的に移しておくのが、茶海(ちゃかい)。
茶海から茶杯に注いで呑むのです。湯飲みと違って、おちょこよりちょっと大きい感じで、ひょいと飲めちゃいます。
なんか、こんな風に使うらしい……?
100521_2

日本茶は正直種類とか味の違いってわかりにくと思いません?
でも、中国茶や台湾茶は見た目、色、香りに違いがあります。
烏龍茶はもちろん、清茶は文字通りさわやかで薄い緑茶の色、鉄観音は香りがよくて脂肪燃焼効果が高いとか。
写真のこの量で、5、6回抽出出来ます。朝の一杯には多いけど、午後のお茶の時間には充分ですね。

はじめての方にはこれ、ということで上記の三つを購入したのですが、中国茶器にはまだまだあります。
茶壺の上級向け、蓋椀。
香りを楽しむための聞香杯。
茶托に、茶盆。
その他、茶漏、茶則、茶杓、茶挟、茶通の茶具一式。
全部揃えたいな~。でも、香りを楽しむための聞香杯は陶磁器しかないみたいですね。
あ、あといくら大きな茶葉でも、茶杯に細かい茶葉が混じるなあ。やっぱり茶こしも欲しいかも。

とりあえず近所で茶葉を購入出来るようにお店を探さないと~。ネットもありますけど、なんとなく見て選びたい。
ルピシアは紅茶とかフレーバーティーが多いんですよね。お店にも多少の中国茶も置いてはあるんですが。
あるいは、横浜の茶語(チャユー)か。

ネットで茶館を検索。
……ん? このガラスの茶器、中華街で買った方が安かったか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中華に挑戦!

100516
友人を招いて、手料理をご馳走致しました。
普通に中華っぽい味付けの海老と野菜のうま煮とか、鶏の唐揚げとか。
今回挑戦したのは、海鮮焼売と小龍包!

海鮮焼売は挽肉と海老、ほたて、繋ぎにははんぺんを使います。
ちょっと味が薄かったかな? 蒸籠で蒸したのですが、味が逃げてしまったのかも? 同じ具でロールキャベツにするとうまみが凝縮されてイケますよ。

100516_3
そして、小龍包。
これがむちゃくちゃ難しかったです。
挽肉とネギに鶏ガラスープにゼラチンを混ぜて冷蔵庫で保存。
固めたあんを、……皮を作るのが大変なので、餃子の皮で代用。
しかして、24個分のはずが、皮に包んでみたら、まだあんが半分近く残っている。結局、四十個も作っちゃいました……。
それと、蒸籠で蒸したらあんが小さくなりまして、ぺたんこになっちゃった。やっぱり、皮も手作りしないとダメなのかな?
ゼラチンがとけてスープが出るハズなんですが、なんか熱で蒸発しちゃったみたい……。
味付けはお店のに近い感じだけど、スープが出ないとねえ。
皮も研究しなくちゃでした。

ご馳走した友人たちはちゃんと食べてくれたので、不味くはない。
しかし、野菜煮は残ったなあ。
やっぱり、肉料理の方が売れました。
小龍包はともかく、栗原はるみのHPにあった鶏の唐揚げはレパートリーに加えておこっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オレンジラテとソルティ・ライム

スターバックスから、ヴィアというシリーズが出たみたい。スティックタイプで手軽に自宅でコーヒーを楽しめるという。
今度試してみたいです。

100410_2

スターバックスに行ったときに、オレンジラテとキャラメルプロフィットロールをいただいたのでそちらをご紹介。
オレンジラテはラテにオレンジテイストを加えて、無料で蜂蜜かけてもらっちゃった。
お茶請けのケーキは、一際派手で長いお名前の「キャラメルプロフィットロール」
キャラメル味のミニシュークリームを積み上げたケーキです。
スターバックスのフードはサンドウィッチとかも多いですが、甘いケーキやドーナツはわりと大味です。
それでもシュガードーナツやキャラメルドーナツは好みです。
あとスコーン。クリームたっぷりのときはスコーンですくって食べてみたり。
マシュマロ&チョコレートクッキーもクッキーのサクサクの中に、マシュマロのもちもちの食感があって新感覚。
ザッハトルテも好きです。チョコレートコーティングされているケーキはスポンジの間にジャムが挟んであるんですよ~。最近見ないんで、寂しいんですけど。

でも近頃は歳をとったからか、フラペチーノ系の甘甘なのはさすがにうんざりしちゃうんですが……。

んで。スターバックスディスカバリーズから新しく「ヴェネチア」がご登場だそうです。早速、コンビニへ。
と思ったら売ってない? おかしい……、なんだ5月かよ!

100417

ちぇっ、と思ったら、「世界のKitchenから」も新商品が!
「ソルティ・ライム」です。今度はメキシコらしいですね。
ライム・グレープフルーツ果汁10%。
ん~、ちょっとパンチが足りないかなあ? 確かに岩塩が効いてるみたい。だけど、しょっぱいわけでもないし。岩塩は身体にいいらしいですよね。
自分はマセドニア・グレープと水出しミントジュレップソーダが好きでした。復活しないかなあ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MONT-BLANCのモンブラン

モンブランのモンブラン。
前回、栗が好きと書きましたが、だとすれば、これは避けては通れない。
なんだか、1人deスィーツ部もステップアップ?

ウィキペディアによりますと、
「日本においては東京・自由が丘の「モンブラン」初代店主・迫田千万億が1933年にフランス・シャモニーを旅した際に知り、つくる許可を取った」
のが、日本のモンブランの元祖だそうです。老舗ですよ、老舗。チェーン店なんてない、インターネット通販はありますけどね。街のケーキ屋さんってヤツです。
モンブランの商標云々は切れているんでしょうね。
本日、所用で都心に行ったので、遠回りして買ってきました。せっかく都心に行ったんだから、なにも買わないわけにはいかないですからね!

実は私の大学時代の恩師が、このモンブランが好きなのだそうで、私もいつか食べてみたいと思って追ったのであります。が、なかなか自由が丘に行く予定がない。通っても時間が合わなかったり、お菓子を買っていくわけにもいかなかったりしたのですよ。

自由が丘は駅前はいろいろなケーキ屋さんが並んでいるんで、目移りしちゃいますね。
スイーツの街と呼ばれているそうです。駅前にはコージーコーナーもあれば、ダロワイヨもございます。ダロワイヨはお菓子だけではなく普通に食事も出来るとか。
噂ではロールケーキのおいしいお店もあるそうです。
奥沢ロールのこと? それとも自由が丘ロール屋のこと?
いつか、自由が丘を制覇したい!
ま、それはいずれ。ロールケーキは、キハチのクリームたっぷりのをいずれ試すとして……

100305
MONT-BLANCへ。
実際、他にも美味しそうなケーキはありました。モンブランのお店だから、てっきり様々な種類のモンブランが並んでいるのかと思いましたが、そうではなかった。のが、ちょっち拍子抜け。

土台はカップケーキで、その中心をくりぬき、そこに栗1粒と、カスタードクリームが詰め込まれていています。
その上から生クリーんむ、栗のクリーんムが絞られて定番の形を為しております。
最後にマカロン? メレンゲがトッピング! 栗じゃないの。白いので、生クリームかと思ったら硬かった。
こ、これが、モンブランのアーキタイプ!
創業当時のモンブラン、らしいです!!

……
………
正直、地味です。
ですが、これが古き良き時代の味!

最近は、いろいろな色や形のモンブランが多いので、それと比べると見劣りしちゃうかも知れませんね(私的な結論)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キルフェボン・ぼん

タルトだけじゃなくて、他にもいろいろ焼き菓子を買いたいのですよねー。
今回行ったら、はちみつパイなるものが新商品としてありました。
食べたーい

とはいえ、季節限定のケーキが多いキルフェボン。
その時期その時期の旬のフルーツを使ったフルーツタルトを食べずに、何を食べる!?
よそ見をしている場合ではなーい!
強烈に「白いちご~初恋の香り~タルト」に引かれましたが、「紅ほっぺのタルト」がやっぱりいちごのタルトとしか認識しなかったので、そっちはスルーで、秋冬限定「モンブラン」と冬限定「キャラメルと洋梨のタルト」をゲーット!!
モンブランは、今月末までの販売でぎりぎりセーフ。以前購入したときは、家族に譲ったので。
味見だけしたのですが、そのときの栗クリームがたまらなく美味しかったのが忘れられずにいたのです。
100226
「サクサクのタルトにコクのあるまろやかな和栗クリームをたっぷりとのせ、仕上げに厳選した渋皮栗とアクセントにカシスをのせました。栗好きの方におすすめのタルトです。」(byキルフェボン)
好き。栗大好きです。
サクサクのパイ生地の上に栗をこしたあんが塗られ、生クリームが敷かれています。なんでここまで重ねる必要があるのか!? 薄いスポンジがふんわり盛られ、これでもかと栗クリームがぽてぽてと身を寄せ合い、渋皮つきの栗とカシスが鎮座しておりますよ!
どうして、この世には美味しいという言葉しか表現がないの!?
(語彙がないだけともいう)
モンブランというと、黄色いかつらをかぶったようなのがございますが、これはまた絶品でございますよ。

そして、冬限定一月から三月までの「洋梨のタルト」
100226_2
「良質のバターを使用したフィナンシェをタルトに焼き込み、ほろ苦いキャラメルムースを流しました。上には、キャラメルでソテーした洋梨とリキュールでマリネした洋梨を飾りました。」(byキルフェボン)
洋梨も好きです。買ってから、熟成してから食べるんですよね。ギリシャでも朝ご飯に食べました。
クッキー生地の上に何かと思ったら、フィナンシェが敷かれていたんですね。でもって、たっぷりのほろ苦いキャラメールムースですよ。これまた、甘いかと思ったらほろ苦いのがアクセントです。
乗っている洋梨は色が白いのと焦げ茶のが二種類。キルフェボンのHPをチェックすると仕上げ方が違うようですが、これまた食感も違っているし、味も違うんですよ~。

……と、HPをチェックしていたら……
宮城県産日向夏タルト期間限定2月15日から28日、ですとぉ!?
なあんってこった! たった二週間限定のタルトを見逃すとは不覚なりぃ!!
確かに爽やかな色のタルトで綺麗だな、美味しそうだな、とは思ったけれど、しくじったああっ!!
でも、洋梨のタルトもあっさりほろ苦で美味しかったから、まいっか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハーゲンダッツの新シリーズ

ギリシャの休憩でたちよったお店でも、ハーゲンダッツは置いてありました。
見た目からして1.5倍ですよ、容器が。もちろん、彼らの人種では当然の大きさなんでしょう。もしかしたら物足りないかも。だけど、思うに値段は日本とそんなに変わらないかもです。
そして、驚きのフレーバー。日本にはないバナナとベリーベリー。
過去にあったでしょうか? 私は知りません。
ベリーベリーストロベリーとチョコレートバナナで、クリスピーサンドで出ていたようですね。
ですが、バナナはないでしょ?
バナナ好きじゃないから、食べないけど。
同じ用にハーゲンダッツもあるけど、量やフレーバーは御当地グルメなんですね。

そんなことより、新しいフレーバーがなんと、2月3月4月と毎月出るんですね。
毎月出てたっけ? 出てたかもしれませんが、記憶にない。
第一、新しいフレーバーが出ると、期間限定じゃない限り、古いフレーバーがお店から消えていくし。
昔、ラムレーズンって期間限定だったっけ?

まずは2月22日発売のクッキー&セサミクリーム
ちょっちこれは抵抗在り。胡麻クッキー、確かに美味しいけど、日本人は胡麻せんべいでしょう。
たぶん。
でも、アントおばさんのセサミクッキーは美味しい。
ので、試しに。
ブログネタが欲しくて食べるって、なんか本末転倒だな、と思いつつ。ハーゲンダッツだし。
コンビニじゃなくて、イトーヨーカドーで買えば40円安かった(家計応援セール)、とかありつつ。

……やはり、びみょー。
これはどちらかといえば、好みの問題なのかな?
いや、でもハーゲンダッツのグリーンティーは抹茶かと思いきや、思いっきり緑茶できんきんした味がするんで、好みじゃないのです。
なので、4月発売のクッキー&グリーンティーは期待していない。「意外なおいしさ」というキャッチフレーズが気になりますが、どーなんでしょーか。悩む。
それよりも、3月のハニーミルクとフレジェ。
特にフレジェに大期待・大。ハニーミルクは自粛するとして(カロリー的なものから。ストレスで食べるかも知れないけれど)
フレジェはハーゲンダッツのドルチェです。食べずにはおれまい!
いちごのショートケーキですよ。ミルフィーユもあったけど、コールドストーンのストロベリーショートケーキ セレナーデを思い起こせば、否応もなく期待感絶大ですよ!
期待しすぎて失敗するパターンかもしれませんがね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バレンタインと無縁なチョコレート

100225
1人deスィーツも、本当に毎回チョコレート菓子だけです。
ギリシャ出張編もあっていいんだけど、それだとバクラヴァでしょうか。パン屋さんでもいろいろな種類が売ってます。もちろん、サイズはビッグです。
食事のデザートに出たヤツなんかは、アーモンドのババロアみたいなものをパイで挟んで蜂蜜をかけてました。
ほかには、ルクミ、でしょうか。これはナルニア国ものがたりのライオンと魔女で、エドマンドが魔女に貰ったターキッシュ・ディライトのことです。これは甘くて歯にはっつきます。
ギリシャのはデンプンじゃなくて小麦粉に特産品の蜂蜜を使っているようです。

で。
今回のギリシャ土産で買ってきたのが、「カプリス」です。缶に入ってます。
ツアコンは「ギリシャのポッキー」と称していましたが、「ギリシャのトッポ」と言うべきでしょう。
薄い焼き菓子を巻いて、そこにチョコを流し込んであります。チョコの風味が日本のチョコとは違い、またトッポと違ってぱりぱりの歯ごたえで軽いです。

100225_2
「Cho-panのストロベリーショコラ&ホワイト」も美味しかったですが、
100225_3
今回一押しは「ポルテ クリーミーレーズンホイップ 冬期限定」でございます。
ポルテは下にさくさくのクッキーが仕込んであり、歯ごたえがあるので食べがいがあるんですけど、軽いんでついつい食べ過ぎちゃうんですよね。
しかも、今回のレーズンホイップ。
レーズンサンドが大好きな自分には、ヒットです。これは美味しいです。レーズンサンドはカロリー高そうでも、二つくらい食べちゃいたいんですが、これなら軽いからオッケー。
って一箱食べきったら、意味無いけどね。

ギリシャのカプリスも二度とお目にかかれないでしょう。考えてみれば期間限定のお菓子だって、もう二度とお目にかかれないんですよねえ。
同じお菓子でカロリーを摂取するならば、別の新しいお菓子でカロリーを摂取するべきかもしれません。

その分運動するって言うのが、本当は正しいんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エスプレッソ

100209_5
「STARBUCKS DISCOVERIES エスプレッソ トリュフ ラテ」
上質な甘みとほんのり苦いカフェモカ。ヴァレンタイン商戦を明らかに意識していますね。
雄大なフランスアルプスが広がる地域、サヴォワ(どこ?)。そこには世界中で愛されるチョコレートトリュフが誕生した街があるとか。その口の中でとろける贅沢な甘みに感銘を受け、お店と同じ豆で仕上げたカフェ。
かなりこってりとした後味です。ココアパウダーの舌触りがいいです。チョコレートの溶けた感じ。
でも、トリュフチョコレートってチョコの形を言っているのかと思っていたのですが、そういう製法か何かあるのでしょうか? トリュフチョコレート事態は、大変口溶けがよくて好きです。
やべ、ハーゲンダッツのトリュフチョコレートテイストのカップアイスが食べたくなったー!

100209_6
「午後の紅茶 エスプレッソティー 贅沢ブレイク ミルク入り」
すんごい濃厚な分、甘いです。コーヒーではなく紅茶のエスプレッソ。イメージ的にはもっと渋い感じなのかと思いましたが、これはもしかしてその分甘くしてあるのかな……?
「良質な苦みが効いた贅沢な味わい」っていうから、その分カフェインが強いのかと思いきや、そんなに苦くない。
午後ティーのストレートはともかく、ミルクティーの方もそんなに苦みは感じないんですよね。
分量的にもこのくらいが丁度良い感じですね。冬にはこれもホットが売り出されるのかな?

100209_4
そして、上記のエスプレッソティーのお供に購入したお茶請けが、「チョコクリームボート」セブンイレブンの7iRO CAFE、的場浩司プロデュースのスィーツですね。もう一つでているのはバナナを使っているので、パス。私実はバナナ好きくないんですよね……。なんで、チョコバナナって人気なんだろう?
ちなみに、第一弾はなんだったっけ? 見たんだろうけど、なんで食べなかったんだろう?
的場浩司のスィーツ好きは、VVV6の番組で知ってましたけど。
どんなもんかと思いきや、なかなか侮れない。
二つに割ったシュー生地に、下はカスタードクリームとチョコ、上はたっぷりのチョコクリームにナッツをちりばめたエクレア。
でもね、チョコレートの味が濃すぎるから、カスタードクリームとのハーモニーは感じられなかった。カロリーも結構高いし。
とはいえ、あの見た目は結構盲点かも。両方とも挟んじゃえばいいジャンって感じだけど、スィーツの醍醐味って見た目も大事ですからねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LA MEISON GINZA ももいちご

201002071530000_2

届きましたよ、期間限定ももいちご!!
すでに公式HPでは募集が締め切られています。
いやあ、しかし1個800円ですからねえ、高いですよね。
パッケージもピンク色で可愛いです。蓋だけとっておこっと。

冷凍保存されて黒い化粧箱で、お届けです。
そして、箱の中にはこれは、取扱説明書?
ももいちごのこと、食べるときの注意などが書かれたカードが封入されております。
なあ~んてこったい。

201002071550000_2

雪のように白い果肉の、冬のいちご。
蓋を開けると、ストロベリーと違ってピンク色ではなく、白くて本当に桃の色です。
一口目、なんてクリィーミー。ミルクの味、チーズのような風味が口に広がります。
ストロベリーと比べると確かに酸味がなくって、軽いですね。
いちごの果肉は甘い。チーズケーキのような風味が強い気がしました。
ちょっとあっさりしすぎて、もの足らない気がしないでもない……。

口溶けが良すぎて、あまりに無くなるのが早すぎるー。
余韻を味わっている間もなくぺろりと平らげてしまいました~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)