蒼穹のファフナーかヒロイック・エイジか

機動戦記ガンダム00を見てきました。
もう、満席ですね。
評判はよろしくないようです。
まあ、ファーストガンダムとは違う世界観だし、ああいうのもいんじゃね?
自分は、「でたまか」を思い出しました。
あとは、蒼穹のファフナー、ヒロイック・エイジ。どっちも、冲方丁が原作や脚本に関わっていたりするんですよねー。あの方、小説ではああいうロボットものは書かないのに、やっぱりアニメは小説とは表現方法が違うから何でしょうか。

来るべき対話かー。
新たな戦いというか、舞台と言うよりも、新しい次元にシフトした感じですね。
宇宙での戦闘は迫力があってめまぐるしく、凝視してました。
テレビシリーズの重みもあって、世界観やキャラクターに説明がいらない分、ストーリーや展開に重きを置くことが出来たんじゃないでしょうか。
人類絶体絶命の危機に、結構泣けました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インセプション

ウルトラバロック・デプログラマー!!

今日は暑かったですね。前二日が曇りだったので、特にそう感じます。
職場にはクーラーが無く、扇風機が回っているのですが、それでも屋根があるだけましなのかも……。
交通整備や出勤日のサラリーマンのみなさんを見ていると、まだ屋根があるだけましなのだろうかと思いました。

それはともかく、「インセプション」を観てきました。
ファーストデイの日曜日だし、もちろん朝っぱらから映画館はメチャ混み! 目的の映画は特に二時間二十四分の大作ですが、そんなに疲れませんでした。画面を食い入るように見ていましたよ!
久々に観ていてドキドキハラハラしちゃいました!
面白かったです!

内容はまあ、他人の夢に入り込んで企業秘密やアイデアを盗むという特殊能力を持つコブ(レオ様)が、サイトー(渡辺謙)から仕事を依頼されるワケなんですが、コブはその能力故に精神的に問題を抱えており~、それが仕事に支障をきたすー、みたいな。

日本にも夢の世界を題材にした作品があります。
アニメ映画ですが「パプリカ」なんかがそうですね。あれはただ、夢に入り込んだパプリカの想像力がめいっぱい駆使されています。
この映画では、夢の世界は無限大だけれど、現実にあまりにそぐわないと、標的に自分が今夢の世界にいるということがバレてしまう、ということで夢の世界の自由度が現実のレベルに抑えられています。

にもかかわらず、何重にも張り巡らされる夢の世界独特の仕掛けがあって、楽しませてくれます。
夢の舞台を整える設計士や、夢に入り込みやすくする薬を作る調合師など。
仕事で夢の世界に入り込んでいくチームの前に、コブのトラウマが邪魔をする。

ところで「解体屋外伝」という小説があります。こちらは絶版かな。
ただコミック化されていて「ウルトラデバック・デプログラマー」という作品があります。
こちらは夢の世界と言うよりも、相手の記憶の世界に入り込んで、情報の捏造や記憶の改ざん、つまり洗脳をする能力者たちの話なんですが、こちらの話が「インセプション」と雰囲気が似ている気がします。
それにラストシーンも、やっぱりきたかと思った通りの退きでぞくっとさせてくれます。

多少、観る側にも想像力を必要とする映画で、上記の作品や「マトリックス」シリーズが好きな人にはお勧めな感じでした。

ちなみに、気になった役者は「ジョセフ・ゴードン=レヴィット」。コブの相棒アーサー役、でいいのかな?
能力的にはそつなくいろいろとこなす感じで、器用貧乏? 作戦の要となります。レオ様や渡辺謙ががたいいいので、かなり細身に感じられるのですが、仲間を守って一人で奮闘したりして、格好良かったです。

今月はまた、「ソルト」「魔法使いの弟子」などを見にいく予定。
「Aチーム」はどうしようかと迷い中。予告編を観るとなんとなく面白そうなんだよねー。ただ、予告編だけで見せ場全部出してんじゃないかと心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エレメンタラー!?

いや、エアベンダー、を観てきました。
「ロードス島戦記」や漫画「エレメンタラー」のファンである個人的には、とーーーーーっても楽しみにしていた映画です。
ネットで情報を検索しましたところ、いろいろヤバイ情報が出てきていました……。

①三部作であること!?(第一章水の表示)
②原作は、海外アニメであること!?(大人気アニメらしい)
③海外の興行収入よろしくないらしいこと!?
④本来は「アバター」というタイトルだったこと!?

なんてこった!?

あと、加えるならばなんで3Dの公開なんだろうか?
自分は、あえて2Dで観ました。3Dはアリスで懲りたので。画面が暗くなるしね。

マイナス要素としては、やっぱり三部作ってことかなあ。
ぶっちゃけ、ファンタジー映画の人気は下火の様子。
ハリー・ポッター第七作、パート1の公開は今年の秋に決まったようですし、ナルニア物語も次回作は決まったようですが、
他の三部作「黄金の羅針盤」、「エラゴン」のシリーズはそのまま続編はなさそうな様子だし……。
この「エアベンダー」も二の舞になりそう!

なんでこんなに焦っているかというと、自分的には鳥肌モノの映画だったんですよね。
気、水、土、火、それぞれのエレメントを操ることが出来る能力者ベンター。その頂点に立つ四つすべてを操ることが出来るアバター。
しかし、選ばれた少年はその重責に耐えられず家出!? 氷の中に閉じこめられて、気付いたら100年経っていたという、ギャグみたいな導入部。
ストーリーは、そりゃアニメシリーズを100分弱に圧縮しているんですから、登場人物たちの内面を十分に映し切れていないし、かなりダイジェストな感じになっています。その分展開が早いので、中だるみすることもないのですが、観ている方は世界観にとけ込めずに置いてきぼりを喰らうでしょう。
自分は、そういうファンタジー経験値がそれなりに高いので、そういうことはありませんでした。

そういう意味では、ストーリーがまとまっていた「アリエッティ」に軍配が上がります。

しかし、それを補って余りある、ベンダーたちの戦いは美しい!
主役はもちろん、主要登場人物たちは、武道を習得した役者たち。
その彼らが美しい所作で太極拳のような套路を舞えば、風が渦巻き、水が踊り、炎が矢となって降り注ぐ!
思わず「ロードス島戦記」を思い出して「ファイアボルトだ! ウォータースクリーンだっ!」ってなもんですよ。その度に鳥肌が立ちました(単にエアコンが寒かっただけか?)。
主人公であり、アバターの少年アンが宙返りすれば氷が割れ、くるりとターンすれば風が吹く。
棍棒が扇子のように広がり、巨大な凧となって、忍者のように宙を舞う。
ストーリーとしてはまだまだこれからなので、是非ともシャマラン監督には頑張って貰って、第二部、第三部と続けて欲しいですね。

なかでも注目したいのが、アン少年を追うズーコ王子。
役者は「スラムドッグミリオネア」の主役を演じた方です。あの役からオファーが殺到したのですが、なかなかに踏ん切りがつかなかったようで、今回敵役でありながら好演しております。
火の国の王子でありながら、アバターを捕らえなければ帰ってくるなと父王に命じられて国を追放されました。
見たところかなり優秀なのですが、彼よりも妹の方がベンダーとしての能力が高い様子。
父王の方はどうやら、息子を千尋の谷に突き落としたつもりのようです。しかし、ズーコの方はただただ屈辱と自身の不甲斐なさに苦悩しています。
そんなズーコを見守っているのが、王の兄。なにやら、弟に王座を奪われた様子。そういう背景もあってか、ズーコ王子の旅に付き合っているのですが、秘めた力を持っているっぽいよ……。

というわけで、伏線一杯。

気だけではなく、水を操る能力も会得したアン。
第二部が無事制作にこぎ着き、土の力を習得しますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

床下の小人たち

借りくらしのアリエッティを観てきました。
映画館に行く前から、テレビでは満員御礼の文字が?
確かに映画館では人が多かったけれど、あれは伸びるのかしら?
ゲド戦記の二の舞のにおひがしまふ……。

原作は2月に読了済みですが、いつものように細部は違います。どちらかというと、もっと劇的な展開にしても良かったかも。
今回は新監督がメガホンをとったということですが、毎回のジブリ作品から考えると、ドラマチックな展開には物足りないものがあった気がします。
人間と小人の友情がキーワード。小人からの目線の描き方や、表現は素晴らしいんですが、なにしろミクロの世界なもんで、スケールが小さい(苦笑)。登場人物も、今回は本当に少ない。エキストラ(?)がいないも同然。
ジブリが今まで人間の尊厳だとか、自然界の掟だとか、なにか大きなものを題材にしてきただけにねー。
いや、でもこれも、人間が他の生物と共存すること、というテーマが隠されているのかな?
なんにしてもポニョだって、街一つどころか、世界中が水没したみたいな錯覚があったくらいですから~。

原作のイメージからすると、忠実に感じられました。
ねずみや害虫たちと戦ったりするようなバトル展開にはならなかったし。
所詮、自分の無い物ねだりなのかも。もともと原作は、絶滅危惧種の小人たちの存続や、映画では触れられてはいないけれど「借りる」という道徳的な側面、それでも生きていかなければならないこと、などを子供たちに語りかけている作品なんだと思います。

アリエッティの家族が住んでいた家は、とてもステキでした。あれは流石ジブリ。その住まいから、人間の住んでいる家に上がり込んでいく道筋とか?
そして、アリエッティのパパがめちゃくちゃ格好いいです。

そしてやはり、劇的ビフォーアフターもびっくりの改築法に注目です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プテロダクティルス

最初、映画を見ていていきなり違和感を感じた。
字幕が変なのかと思ったけど、理由は英語ではなく、フランス語だから聞き慣れなかったんだ~。
そんなに英語に親しんでるわけではないのに、不思議。
英語はわからないけど、字幕映画を見ているから、俳優さんの英語の台詞もBGMの一部みたいに感じるようになってるのかな。

アデル/ファラオと復活の秘薬

とりあえず、エンドロールはしばらく席を立つのを我慢しましょう。

リュック・ベッソン最新作ですが、当初はこの脚本も誰かに売っちゃおうかと思っていたらしいです。
今まで以上にB級だ!
アデルは逞しい女性です。美人で結構お洒落だと思うけれど、色恋沙汰には縁がなさそう。
映画予告編では、キスシーンもあったけど、色気どころかロマンスの欠片もない!!
という潔さ。
話の展開の合間にあるギャグは、リュック・ベッソン様々。
他の映画で無理くりギャグを挟むのとは違って、ウィットに富んでいる印象。
もっとも、くだらないのはくだらない。くだらないのを楽しむ映画でしょうね。
アクションも中途半端だし、「ありえない!」の連続。
ストーリーもわけわかんないというか、わけわかめって感じ~。
でも、展開は早いし、退屈はしなかったです。

帰りは途中でお店に入って休憩したけど、クーラー効きすぎの中、冷たい飲み物を頼んで後悔する。
自宅に帰って、熱い東方美人茶を淹れて一服。
和む。
そこではっとする。
歳をとったと感じた瞬間!?

そういえば、ハーゲンダッツで新作が続々です。
コンビニ限定の苺バニラと桃バニラ。
こちらは、桃バニラがほどよくバニラとマッチしていて美味しかったです。
それからミニカップの期間限定サマーパーティでは、リッチミルクの他にブルーベリーとメロンの詰め合わせが。この二種類、通常のカップでは売っていないテイスト。これは試さずにおくべきか!
メロンはあっさりめですが、ブルーベリーの方はブルーベリーヨーグルトを食べているように滑らかで濃厚でした。
ミニカップ、丁度いい大きさのようでいて、食べ終わると物足りないですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

強襲少女隊?

アサルトガールズを見ました。
黒木メイサ主演で、菊池凛子も出ています。
自分、普段は邦画は見ないのですが、まあ、DVDだしいいかなって。

内容は昨今流行の、ネットゲーム内で、ステージボスを退治するため、普段はライバル関係にあるプレイヤーたちが、パーティを組むというもの。
こないだバラエティ番組で、黒木メイサがサバイバルゲームが趣味みたいなことをやってましたが、さすがにライフルを構える格好とか、様になってました。
でも、菊池凛子は笑うだけで他に台詞なかったけど。

ただ、
ギャグにしたかったのか? そーじゃないよな?
70分の短い映画ですが、戦闘シーンは最初と最後の10分程度。
その間は、それぞれのプレイヤーたちが、ボスモンスターを捜してうろうろと荒野を彷徨うシーンがひたすら……。
なにこれ?

うーん
なんだったんだろう?


っていうか、今テレビで放送している「センター・オブ・ジ・アース」
ジュール・ヴェルヌを読みたくなってきた。
積読本が多くてそれどころじゃないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歩く男

ザ・ウォーカー The book of Eli
ワーナーマイカル、20日は1000円の日ですから。でもネットでチケット購入すると手数料100円取られるんだよね。109はとられないのに。ポイントカードも昔は無料だったのに、購入費用かかるし。経営が厳しいのかと勘ぐっちゃいますね。でも、100円取られていると思うと意地でも期間中に見なくちゃと思うよね(苦笑)。

「SATC2」はどうしよう? 映画は字幕派、自宅でDVDは吹き替え派の変則主義者の自分は、テレビの吹き替えでSATCを見ていたので、字幕しか公開されていないのが困る。これがまた、吹き替えじゃないと違和感感じちゃうほど慣れちゃったんで。

というわけで、ザ・ウォーカーをチョイス。
が!!
こ、これは……! 「アイ・アム・レジェンド」かっ!?
というわけで、残念でした。
いきなり眠くなりそうだったし……
アイ・アム・レジェンドはテレビで観たんですけどね。あれは科学でしたね。
今回は、宗教でした。
って言うと、ネタバレしちゃう? さらにネタバレする、のは止めておきます。
3分の2は予測通りでしたが、最期の3分の1は予測を裏切られました。
「SATC2」にすればよかったかなあ。

あと、今回は満を持してワーナーのコンセッションでゴディバのミルクチョコレートショコリキサーを購入しようとしたら、「3,4分かかります」と言われてやめました。
時計を見ればぎりぎりの時間。それはないだろ。つーか、映画館でそんな時間のかかるものを売るなんて、商売が下手としか言いようがないよ!
遅れて入ってもどうせCM長いからべつにいいんですけど、間の席だと人を暗がりで押しのけないとならない。基本的にそういうのは嫌なんで、上演時間の前のまだ照明の明るい間に席に座る主義です。

なんで、今回も見送り。

100620

小腹が空いたので、帰りにミスタードーナツで抹茶ドーナツを買いました。フレンチクーラーの抹茶葛小豆が美味しい。次回、品薄らしい抹茶カフェオレ試してみたいな~。
そう言えば、スターバックスディスカバリーズから、「オレンジ チョコレート モカ」が夏期限定で発売中。チョコレートって割といろんなフルーツで合いますね。こちらはまた、スターバックスらしい味でした。

7月公開の映画は「レポゼッション・メン」「アデル」「インセプション」「エアベンダー」でしょうか。「借り暮らしのアリエッティ」もありますね。
特にエアベンダーは去年から映画館で予告が流れていました。地味な格闘ものの様子でしたが、今回の映画予告ではかなりファンタジーアドベンチャーな雰囲気に。にしても、何故シャマランが? 四大元素がテーマのようですが、その辺は「レディ・イン・ザ・ウォーター」から影響がありましたね。「ヴィレッジ」ではファンタジーな世界観と思わせて~~、な感じでしたが完全にファンタジーにシフトしてきた?
楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鋼鉄の男

ガラスの茶海を割ってしまいました……。
まだ、買ってから1ヶ月しか経っていなかったのに。
ピッチャーと蓋を紐で繋いでいたので、蓋がピッチャーの取っ手にぶつかったようです。
蓋には注ぎ口の溝が入っていて、一番脆いそこにダイレクトアタック。
取っ手の根本にもひびが入ってしまった。
さすがに使えない……。

茶海は、急須で淹れたお茶の濃度を均一にするためのもの。そして、お茶が渋くならないようにそこに淹れておくわけです。
しょうがないので代わりがないか、台所を漁ってみる。
あら? いいのがあるじゃん。
というわけで、そばつゆを入れておくピッチャーで代用。
磁器だから匂いがつく心配もなさそうだし~。

そういえば、本屋でマンガ版ウルフガイの最新刊が。ビニールかかってなかったから、ぱらぱらと立ち読み。
ガーン!!
エロイけど、こんな鬱でグロイ展開いやだー!!
前回から鬱展開でかなり退いてましたが、どん退きだ!
こんなに人間の悪意を引き出して、どうしようっていうんだ!?
もう、いやだ!! 気持ち悪い!!
リセットしなくちゃ。

19日は109シネマズ、会員限定1000円の日ですから、「アイアンマン2」を。
映画のお供は、ハーゲンダッツの「ソルティバタービスケット」を砕いた塩バタービスケットとカラメルソースで飾ったその名も「プリンビスケット」。とはいえ、ちょっちしょっぱすぎたかな。映画見ている間、心配だったけどそんなに口が渇かなかったから良かったけど。
スタークの王様俺様っぷりに苦笑い。まるっきりホームズと変わってねーじゃん。あるいは、ダウニーJr.がそういうキャラにはまっているということなんですかね?
パワードスーツのバトルは迫力がありますが、どちらかというと、大の男の首に足を巻き付け、ぐるんぐるんしていたスカーレット・ヨハンソンにメロメロでした。

ついでに、こないだ食べた「クリームチーズラズベリー」を。
なんかハーゲンダッツ、コンビニ限定で「桃バニラ」「苺バニラ」なるものも出しています。これも試さなくっちゃ。
100619


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハリーとトント

老人と猫のロードムービーです。

ハリーとトント
二人は長年連れ添ったおお爺ちゃんコンビ。
トントはトラ猫ですね。しょっちゅうしっぽをゆらゆら振っているのです。
あれは映画の撮影に落ち着かなかったのかな?(^^;)
しかし、猫に首輪付けて街を散歩するなんて……アメリカだから?

ハラハラするような展開はありません。ハリーは奥さんに先立たれ、猫と二人暮らし。ところが住んでいたアパートを追い出されることに。長男、長女、次男とそれぞれに会いに行きます。
ハリーはトントに甘甘。
トントが嫌がることはしません。飛行機は乗るのを止めて、高速バスも止めちゃうし、免許切れてるのに車を購入して旅を続けちゃうし。

そんな穏やかな映画です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プリンス・オブ・ペルシャ

プリンス・オブ・ペルシャを観てきました。
これって、……ゲームが原作だったんですね?
内容は違うみたいだけど。
アクションゲームだから、時間の砂とか出てきてもゲーム内で使えるのかな? たぶん、ストーリー上のアイテムなんだろうけど。

そういえば、もう一年近くゲームしてないなー。
FF13とか、TOVとかやりたいんだけど、PS3高いんだもん。
PCとDVDレコーダー買い換えなくちゃいけないし……。
wiiから出る「ゼノブレイド」が気になるけど、話によると「ゼノギアス」や「ゼノサーガ」とは別物らしいんで、まいっか。

本当は来月に回そうとしたんですが、来月は「SATC2」とか「アイアンマン2」があるので、消化することにしました。

プリンス・オブ・ペルシャの王子さまは、ジェイク・ジレンホーク。ニコラス・ケイジ系の垂れ目。
誰かと思ったら、「ブロークバック・マウンテン」の人だった。
ああ~、と思ったけど今29歳だから、当時24歳かよ!?
あの頃は、相手役のヒース・レジャーがガタイ良かった(顔がでかい?)から、小さく見えたんだけど、ロンゲで髭面の精悍な王子は格好良かったです。
あっちにぴょんぴょん、こっちにぴょんぴょんはね回ってましたよ。あれ、スタントマンだよな?
概ね皆さん髭面だった。そういえば、長男王子はカール・アーバンじゃない? と思ったけど、違うらしい……。
プリンセスは、「タイタンの戦い」にも出てたんだって! 日に焼けててわからなかったよ! そういえば、唯一の女性出演者って感じだな。

あっちとこっちを行ったり来たりで、正直面倒な話だった。
もっと時間の砂を使って時間を戻したりするのかと思ったけど、そんなでもなかったね。そこまでやったら話が複雑すぎて、ややこしいかあ~。
面白かったけど。音楽もエキゾチックで良かったです。

そういえば、今回はワーナーです。
ワーナーは7月まで、モバイル会員1200円で映画が見れます。
本当はゴディバショコリキサーを買おうか迷ったのですが、体脂肪が気になるので今回は見送り。600円とハーゲンダッツよりもお高いしねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)